もし‘つぼみ’が僕の妹だったら… HD

タイトル: もし‘つぼみ’が僕の妹だったら… HD
キーワード: ハイビジョン、制服、ロリ系、姉・妹、オナニー、単体作品
女優: つぼみ
メーカー: I.B.WORKS
レーベル: I.B.WORKS

ネットの口コミ

世話焼きの喜美恵さん、そして今度は智子さんの登場と、私のモテモテぶりは止まるところを知らない感じでした。
いくら「私だって女よ」と言われても、遠いひとだと思っていた相手にいきなりそんなことをされると、頭の中はもうはげしい倒錯感が渦巻きます。
すると大家さんはまたまた意外な行動に出ました。
裸になった里子は「恥ずかしいわ」と言ったが、必要以上に隠そうとはしませんでした。
私は心の中でガッツポーズを取りながら定子を連れ、玄関をくぐり、部屋を選んでエレベーターに乗る。
「痛っ!」
女は自分で自分の局所を洗うと、私の前に跪き私の硬直したベニスを躊躇せずに口に含んだ。
と、私は何度も呟き、信じられない思いでした。
このままでは、加奈子のためにならないと思いました。
私は愛液を欽ませてくれるよういった。
私は、その快感の虜になっていきました。
射精寸前まで来てましたがら対処法を聞きたかったのです。
「試してみても、いいかな?」
「やめろ。やめるんだ!」
ムズムズと男根全体に心地良い痺れがくる。
「美登利も大学受験すればいいのに」
男たちは刑事でした。
自分から誘いをかけてくるだけあって、女は四十前後の顔立ちにもかかわらず、派手な出で立ちでわたしを待っていた。
値段はやや高めですが、他の客からの遮蔽率が高くて安心して遊べそうな雰囲気だとプログに書かれてあります。
「ああ、騙されたと思ってそうしてみい」
ママさんは、それほど嫌じゃなかったという。
ですが次男である夫は、舅が立ち上げた別会社を任せられていたので、自由にのびのびとやれていました。
夫人のつけた香水と入り交じり興奮させられた。
彼は女の肉体に精通しており、驚愕の技量を持っていたのです。
珍客の来訪にすっかり気を良くして、部屋に招き入れました。
二度目の射精が終わるのと、綾乃が絶頂したのがほどんど同時でした。
突き出したままの掌に千円札三枚を握らせると、新一はそのままぷいっと出て行ってしまった。
「はい、これお金……」
彼の手が優しく内股を撫で上げ、下半身にかけて指を這わせてきました。
とか何とかいって甲斐甲斐しくもてなしてくれたがこのごろは邪魔もの扱い。
何も割ってないお酒が、食道を熱く灼きながら胃に流れていくと、たちまち体の奥がカーッと火照りだしました。
そして俺にささやきかける唇が厚ぽったくて吸いつきたくなってしまう。
と訊いてきたので納得した。

もし‘つぼみ’が僕の妹だったら… HD

サンプル動画