大人の保健室 特別版

タイトル: 大人の保健室 特別版
キーワード: 女医、学園もの、4時間以上作品、ベスト・総集編
女優: つぼみ、栗林里莉、北川瞳、葵なつ、今井ひろの
メーカー: メディアステーション
レーベル: 宇宙企画

ネットの口コミ

「先日、綾子さんと妙なホテルに行きませんでした?」
「んぐうっ…」
「は、はい」
しかし、体のほうは、まさに私の好みにぴったりの肉付きをしている。
けれど私はわが身をもって、知ることができた。
「私が上役の娘だったから」
私は、どうして良いか分からなかった。
そんな先生の手の動きに感じて、私はピクビクと全身を震わせていました。
私は加奈子を腰の上に抱きかかえ、肉棒を使いました。
綾香は絶叫し、私も満足を覚えながら止め処もなくあふれ出る愛液を飲み込んだ。

「いじめて。もっといじめて!」
「え、ええ……。そう…、とても。本当は、私だって……」
そんな私にも、少しばかりほっとする場所が学内に一つあります。
口の中で少々アルコール臭を感じたが、それも欲情の一端となる。
「僕はずっとずっと美登利のことを忘れなかったんだ。それで結婚もしなかった」
そんな照雄の言葉を聞いて、私は胸を撫で下ろしました。
「あなたも友人に登録しませんか?」
それこそ、真心を込めて奉仕するように、玉からサオ、亀頭部分を懇切丁寧にじっくりと舐めまわすのですが、どうもこの娘もエロ度が弱いのです。
「わしやこう見えても寝小便癖を治す名人だ。今までも若い娘の寝小便を何人も治してやったで、お前の娘も治してやる。善は急げっていうだ。これから家サ帰ったら旱速わしン所へ寄越さっせ……きっと治してやるでよ」
「わたしの経験から、一番いい方法よ」
平日の昼間、貫井夫人から突然こんな呼び出しの電話がかかってきました。
射精した後の敏感なカリ先を舌でぺロベロなめられると、頭の芯が冷たくなるほどの快感がからだを貫き、我慢するつもりでいても肉棒は勝手に反応し、また射精してしまう。
「しかも、だらだらヨダレを垂らしているぞ。いかにも、モノ欲しそうだよ。それとも、ご主人を他の女に取られて、涙を流しているのかな。可哀想なオマ×コだなぁ……」
「ひひひ。ほら、これがあんたのケツの穴にめりこんだ指だぜ。ニオイを嗅いでみろよ」
と意味ありげな目で笑っていたのを覚えています。
本当だ。
「こんなところで会うなんて、奇遇だね」
「そ、そんないじわる言わないで……」
私は押入から掛け布団を出そうと踵を返した。
子供が大きくなると子供同士の繋がりでご近所と付き合うこともなく、唯一、昨年越してきたお隣の木原さんの奥さんとお茶飲みながらお喋りするぐらいしか楽しみもありません。
若いオスの凶器を女体の中心部に突き立てられた奥さんは、自ら巧みに腰を使い、かなりの快感らしく、
幸恵という元赤線の女が、その『本性』をさらけだすようになるまでに一年とはかからなかった。

大人の保健室 特別版

サンプル動画