100発の精子飲む 上原亜衣

タイトル: 100発の精子飲む 上原亜衣
キーワード: 単体作品、ごっくん、競泳・スクール水着、デジモ、独占配信、ハイビジョン
女優: 上原亜衣
メーカー: アイデアポケット
レーベル: ティッシュ

ネットの口コミ

その表情から嫉妬がありありと見て取れたのです。
「そうね。あなたにこんなふうに言ってあげたいって、いつも思ってたの。ふふ、わたしがひとつ年上だからかしら」
反撃するように男根をしゃぷられると私も情けないほどうわずった声を上げて仰け反り、二人のヨガリ声が部屋の中で何度も交錯しました。
顔だけで咥えているほうが、なんだかマゾヒスティックでいやらしい。
私は彼女の髪を撫ぜる。
セックスでの体の感度も上がっていくようで、イク回数も毎回のように増えていきました。
そこには、私の妻が立っていたのだ。
あまりの気持ち良さに、私はビクピクと内股を震わせて、
見物席であるベッドから下り、私は加奈子に近づきました。
綾香の蜜で元気になった私は最後に彼女を堪能し店を出た。
夫の精子に受精能力がないと診断されたのです。
ところがです。
その度に、
溢れてきた愛液が舌に溜まってくるのがわかりました。
やりすぎたな。
「ホテルみたいな暮らしなのね」
(つまりは青年実業家ということ?すごいじゃない!)
ここでその女に五百円でも恵んでやろうかと思ったが、私はグッとこらえた。
簡単に言えば、肛門からある種の器具を挿入して前立腺を刺激することで、射精することなし(ここからドライ、つまり乾いたという意味)に、果てることなく何時間でも快感に耽ることが出来るという驚異のオナニー法のことです。
彼は糸子を迎えると目を細め、
まったく楽しそうに話すので、卑狼な感じがない。
こんなシチュエーションで感じてしまってるなんて屈辱でしかありません。
「そう、それは一番安全だ」
余りに、怪しいことばかりでした。
「ね? 僕だって、とっくにこうなってたんですよ。おあいこでしょ?」
恥丘のこんもりした肉には縮れ毛が貼りつき、お豆を中指で探し当てるのに、それほど時間はかかりませんでした。
「石井さんはどんなダイプが好み?顔?体格?それともテクニック?この人なんか、どう?身長は百七十弱。中肉中背。見た目は普通だけど、あっちが凄いの。普通の時はそうでもないけど、勃起するとびっくりするくらいの大きさになるのよ……」
五分ぐらいのところに連れ込みがあります。
唇がペニスで塞がれていなかったら、きっと絶叫していたでしょう。
せせらぎが遠くに聞こえる。
子供が大きくなると子供同士の繋がりでご近所と付き合うこともなく、唯一、昨年越してきたお隣の木原さんの奥さんとお茶飲みながらお喋りするぐらいしか楽しみもありません。
「ああダメ~、もっとしてぇ」
その夜の私は、とうてい一回っきりの射精では収まりきれなかった。

100発の精子飲む 上原亜衣

サンプル動画