女子○○生 拉致監禁BEST 2

タイトル: 女子○○生 拉致監禁BEST 2
キーワード: 監禁、凌辱、拘束、女子校生、ロリ系、ベスト・総集編
女優: 長谷川しずく、小松ひな、青木琴音、柳原あかり、京野ななか、上原亜衣
メーカー: ローグ・プラネット(凌辱)/妄想族
レーベル: ローグ・プラネット(凌辱)/妄想族

ネットの口コミ

世話焼きの喜美恵さん、そして今度は智子さんの登場と、私のモテモテぶりは止まるところを知らない感じでした。
「親父が死んで半年以上経つ。女のひとはそのくらいの時期がいちばんつらいんだって、どこかで聞いたことがある」
しかし肩に触れてきた手の温もりや甘い香りで欲情した私は狡猾にも一計を講じました。
とうぜんですよね。
中が締まつて肉棒と密着する。
外見以外、夫に劣るとこるなど、何一つ見あたりません。
女は私の愛撫を拒んだ。
第一志望の大学に受かった嬉しさより、卒業すると、もう二度と大好きな先生に会えなくなるという悲しさが、一瞬勝りました。
お互いに、相手の顔が見えないのが、大胆な言動につながるのでしょう。
私は街に出て、飲ませてくれる女を探すことにした。
病院へ向かうときと、帰るときとは、私たちの.様子は逆転しました。
という興味でした。
実際には、答え通り、私はかなりのセックス好きではありました。
思い詰めるタイプだけに、冷たくすると何をするかわからないと思ったからです。
そのため、受け入れる側の人手が不足するのだ。
生物にとって、最大の目的である生殖活動を、当時は不純で不良な人間がやることで、精神的な恋愛こそがもっとも尊いごとであるかのような時代の風潮は、若い私たちの性欲をねじ曲げていた。
(真剣に結婚まで考えた男が泥棒だったなんて)
わたしは落胆を覚えつつも、このまま帰るのも何だし、ということで、女に誘われるままホテルに行く。
それこそ、真心を込めて奉仕するように、玉からサオ、亀頭部分を懇切丁寧にじっくりと舐めまわすのですが、どうもこの娘もエロ度が弱いのです。
快がって腰を振るたびに、自慢の大魔羅がジュッギュツと締め付けられ、こ遺の好色隠居もいささか持て甘し気味だ。
この大人し過ぎる娘が、せちがらい世の中を、渡っていけそうに見えなかった。
貫井夫人は、色々と騒動ばかり起こしでいる元東南アジア国の大統領夫人を思わせるような容姿で、人生の先輩だと言われてもファッションセンス一つとっても見習いたいところなど全くありません。
その勢いで肉棒が抜けてしまった。
しかし、よく考えると、あの口の達者な人のことだもの、また上手く誤魔化されてしまうかもしれない。
「柔らかい、あなたのここ。しかも、もうグショグショだ」
私もじっと仰向けになっていられず、上半身を起こし、尻に枕を当てがい、背後から桃太郎の乳房をまさぐり、片方の手を股間に伸ばしました。
藤枝氏の指先にはまるで強力な接着剤が付いているようで、私のお尻は勝手に釣られていく。
滑らかな肌でしたが、スベスベした感じもありました。
そして、膣とは違う穴が、むず痒いようなくすぐったいような、それでいてぞくっとくるほどの快感がときおり背中を走り抜けるのです。
私は年甲斐もなく胸がドキドキし、そして誘われるままに宿に戻った。
お隣は電気がついてましたから、迷わずインターホンを押すと「はい」という太い声の後、木原さんが玄関のドアを開けました。
安い今が絶好の買い場です」
アメリカの軍政下にあった日本は、連合国軍の主力として参戦した米軍の後方の中継基地として補給、輸送その他もろもろの面で重要な役割を担わされ、にわかに軍需景気が湧き上がった。

女子○○生 拉致監禁BEST 2

サンプル動画