自我崩壊トランス性交集II

タイトル: 自我崩壊トランス性交集II
キーワード: ベスト・総集編、潮吹き、お姉さん、淫乱・ハード系、独占配信
女優: 上原亜衣、川上ゆう、琥珀うた、翔田千里、悠月舞、水沢杏香、木島るみ、愛内希、知世奏、小早川怜子
メーカー: 乱丸
レーベル: 乱丸

ネットの口コミ

すったもんだの大騒ぎが始まったのは次回の教室の時でした。
吹き出す汗の匂いも、ますます生ぐさくむせかえっています。
しがない炭坑夫のセガレだった私が東京の大学に合格して上京したのは十八歳の時でした。
里子の、混乱して身も世もないようなあえぎかたがいとおしくて、いつまでも舐め啜っていたい気分でした。
私の粗末なものを受け入れながら、瞬くようにいった。
返す言葉が見つからない私。
「そう言ってもらえると嬉しいですわ。それじゃもう一度だけね」
そうして夏休みを彼と一緒に過ごすうちに、私は松山先生のことを少し忘れられるようになっていました。
匿名とはいえ、敢えてこのページに投稿させていただいたのも、年齢と恋とは関係がないということを読者の方にわかってほしいと思ったからです。
露出されたのは惚れ惚れするほど形の整った乳房だった。
ところが、やはり長男の嫁として一日も早く孫の顔を見せて欲しいと、顔を合わすたびに言われていました。
とイチモツに言い聞かせたような次第で。
「試してみても、いいかな?」
その時でした。
直後に、場内の利用がまもなく終了するアナウンスを耳にして、大急ぎで着替えた。
「あっ…」
昼間からのんびりコーヒーを飲んでいるところを見ても、普通のサラリーマンとは思えません。
わたしは落胆を覚えつつも、このまま帰るのも何だし、ということで、女に誘われるままホテルに行く。
これはあくまでも個人の感想ですが。
相変わらず目をつむったままいう。
薄暗い壁ぎわに布団が敷かれ、二十歳の娘が寝入っていた。
結婚して間もなく妊娠して、私たち夫婦に娘が産まれました。
「だ、だめだ~っ、出ちゃう~っ」
ただ年は私より明らかに若く、色気がムンムンしていました。
アッと思った瞬間には中に手を入れられて、アレをムンズと掴まれてました。
「ここは婦人病に効能ある温泉や。血の気の多いあにやんみたいな男が浸かる湯と違うでえ」
そこで、ようやく私は律子さんの意地悪に気がついた。
当時のバイト科が一日二百五十円ぐらいでしたから、また二十日ばかりバイトをしなければなりませんが、それは冬休みにすることにしました。
その日は、吉崎さんが私のマンションに泊まりに来ていたのです。
「舐めるだけで満足するんじゃないんですか」
さっき覗いた時にやはり誰か女性がお隣にいたんです。
それが結果的には良かった。
古謡かなにかの文句に、

自我崩壊トランス性交集II

サンプル動画