黒ストの膝でコかれちゃった とにかく膝で責められたいんです!

タイトル: 黒ストの膝でコかれちゃった とにかく膝で責められたいんです!
キーワード: 痴女、パンスト、その他フェチ、セーラー服
女優: 希咲エマ、西野まお、上原亜衣、森乃このみ、南レイ、松下カレン、金沢里美
メーカー: SEX Agent
レーベル: SEX Agent

ネットの口コミ

すったもんだの大騒ぎが始まったのは次回の教室の時でした。

そして他の日は新聞店の近くにあったパン屋から貰い受ける「パンの耳」を朝昼晩に頬張るという食生活だったのです。
「変なの。私、SMの趣味なんかないわ」
それも節約できる。
私は、渡辺さんに体を預けたまま、こくりと頷きました。
私のベニスはブチュブチュと音を立ててワギナにめり込んでいった。
彼は私の割れ目にオチンチンを擦りつけているうちにすっかり興奮して、外で射精してしまったのでした。
あれこれと試みた末、私たちは、互いの本能、互いの性癖をはっきりと認め合う機会に恵まれたようです。
「じゃ、じゃあ……」
結婚して六年も経っているのに、妊振しないというのは、どう考えてもおかしいと言うのです。
痛いほどの激しい抜き差しでしたが、指より太い肉ザオを抽送されている彼女はもっと痛かったはずで、ケツメドを攻められると彼女の痛みをも実感できるのです。
「よくご一緒になりますね。よかったら今度から一緒に走りませんか。その方がお互い張り合いが出るでしょう?」
一気に挿し入れていきました。
その直後、人の気配を感じたので、男子トイレの個室に飛び込んだ。
 過ぎたろに
照雄はどうして仕事のことをひた隠しにするのか?照雄は愛想のいい男で人当たりもいいのに、ひとりとして友達がいないらしいのも不思議でした。
直美はそこでホステスをしていました。
年のせいか寝床でNHKの「ラジオ深夜便」を聞くことが多くなりました。
「アッ……アーッ、大……大旦那さん……ア一」
とくに肌が白いわけではない。
「自分だけ感じてちゃ狡いわよ」
夫人がシーシーと歯のすき間から息を吸い腰を小刻みに震わせつつ、
夫の方が帰りが早かったのです。
私を呼び付けたK子さんが私の膝の上にサッとタオルを掛けたかと思う亡、すかさずズボンのファスナーに手を伸ばしてきて、ジーッと下ろされてしまった。
私は悶え、身をよじらせて年増芸者の熟練した舌技に震えました。
ちょっとだけグラビアアイドル気分になって吠える女豹のポーズ、肩を怒らせ腰を窪ませてみると、
「おれは乳が大きな女がいいな。おもいっきり揉んで、吸いたいんだ」
朦朧とした意識で何とか目を覚ますと、目隠しは外されていましたが、手錠はかけられたままでした。
それに、S婦人ほどではないにしろ、Kさんにも品の良い色香が備わっている。
外廊下には各家庭の風呂場の窓しかなく、中の様子が全く解らなかった私は自宅に戻り、今度はベランダに出てお隣をそっと覗いてみました。
俺は殴りかかってやりたい衝動をおさえつけ、こいつを見返してやろうと固く決意した。
階段の下で靴を脱ぐようになっている。

黒ストの膝でコかれちゃった とにかく膝で責められたいんです!

サンプル動画

上原亜衣のプレミアム性感メンズエステ ファーストクラス

タイトル: 上原亜衣のプレミアム性感メンズエステ ファーストクラス
キーワード: 単体作品、エステ、オナニー、手コキ、ハイビジョン
女優: 上原亜衣
メーカー: TMA
レーベル: 快春堂

ネットの口コミ

綾子さんから問い詰められても私は知らばっくれました。
ペニスのまわりで濡れそぼりが弾ける音が、ひっきりなしに上がります。
悲鳴じみた声を放って大家さんが仰け反りました。
太腿を触られるとすぐ濡れてくるという女がいました。
「いや、我慢できない」
ずんぐりむっくりした渡辺さんに似て、ペニスもやや短め。
女は私に身を預けて柔らかくなった。
気まずそうに彼は言って、私に背中を向けてしまいました。
「さあ、気取ってばかりいないで、メス豚らしく大声でキイキイと鳴いてみろッ」
ここまで来てしまうと今度は素人女を試してみたくなる。
三年が過ぎた頃には、優しかったお姑さんも、私が妊娠しないことに嫌みを言うようになってきたのです。
雌雄両性を持つミミズになった気分でした。
固く閉じた裂け目をくつろげるようにゆっくりと液体を塗り込んでくる彼の指に、私はあっという間に骨抜きになってしまいました。
呼んでも応答がないので、私は仕方なくトイレの方に近寄っていったのです。
「それで、硬くなってしまったんですねえ」
当時は、現在ほど不審者の心配はなかったが、冬など日没が早いので、家へ帰りつくまえに真っ暗になる。
たぶん恥ずかしかったのでしょうが、彼は二度と私と顔を合せようとしませんでした。
そこまでして人間関係を広げたいとは思わないし、安易な友人登録は危険だという話も耳にしていたからだ。
つまり一言で言ってエロ度が低いのです。
「ンだ、ンだ……ああっ……だんだん出そうになってきだよ……ああ、ああ…」
男の獣性だろうかチ×ポコが勃ってきた。
「今、茉莉香ちゃんは学校で誰もいないでしょ?だったら今すぐうちにいらして。お話があるのよ。ええ、とても人事なのね。ご主人がお留守の時の方がいいと思って」
「あっ、あっ、そ、それぇ一」
西島の実況中継は、私の性感をいよいよ煽りたてました。
すかさず浴衣の裾を探りました。
と笑っていました。
「でも、時間と労力がもったいないじゃない。どうせなんだから、お小遣いでも貰うようにしたら? まさに趣味と実益をかねた主婦ビジネスになるわよ。どう?」
(とにかくオマ×コを貫かなければ)
「どう? いつもよりずっと感じてるんだろう? 今度はどうして欲しい?」
もしも別の場所で出会ったらどうなるだろうか。
今度は私の方が一瞬面食らってしまったのですが、好奇心には勝てませんでした。
「ああン、決まってるじゃない」
「さっそく、裏を返しに来てくれたのね」

上原亜衣のプレミアム性感メンズエステ ファーストクラス

サンプル動画

好きだから中出ししてっ!~僕の彼女は上原亜衣~

タイトル: 好きだから中出ししてっ!~僕の彼女は上原亜衣~
キーワード: 中出し、主観、美少女、潮吹き、カップル、単体作品、独占配信、ハイビジョン
女優: 上原亜衣
メーカー: 本中
レーベル: 本中

ネットの口コミ

これは四十年に及ぶ教職の作業とも相通ずるところがあって、まさに私の真骨頂。
「なに言ってやがる」
股間がちょうど私から見える位置で、暗褐色の肛門や半開きになったワレメが丸見えになりました。
「お風呂に入りましょう」かすれた声で甘えたようにそう言う里子は、まだ怖がっているようでした。
私は緩急を加えながら抜き差しをし、定子のぬるみと圧力を感じ取る。
「ね、それって…」
やがて女が中腰で痙攣した。
先生は笑いながら、
それほど、凄艶なオナニーを加奈子は見せてくれたのです。
豊満だが垂れることもなく、色は乳白色で乳首も小さ過ぎず、大き過ぎず、咥えて転がすにはちょうどいい形をしている。
私は何かに救いを求めるかのように、その頃から夜になると、街をふらつくようになっていったのです。
うまく説明できませんが凌辱する快感と凌辱される快感を両方同時に味わえるのです。
私をマットの上に寝かせ、私の上に彼が被さってきた時には、彼の肉茎の先はすでに私の裂け目に触れていました。
それにしても、優しくて素敵ななどと言われると、まんざらでもありません。
彼女の口廻りも唾液で濡れていた。
若草に並んで座り、
「素敵な部屋ね。それにきちんと片づいているわ。もしかして誰かお掃除に通ってきてくれる女性でもいるの?」
もしかすると、簡単にセックスが出釆るのかもしれない。
「奥まで咥えてしっかり舐めないと、いつまで経っても行かないぞ」
「おお、来よったかい」
「幾つのとき?」
「今、茉莉香ちゃんは学校で誰もいないでしょ?だったら今すぐうちにいらして。お話があるのよ。ええ、とても人事なのね。ご主人がお留守の時の方がいいと思って」
当日集まったのは十五人ほど。
西島は、そんな私の口唇を奪いました。
「あ、ああ……すごいわよ。叩くだけで逝かせてくださったら、最後にはやらせてあげる。
その日、霧のような小雨の降る中、西の笹井戸と呼ばれている古い露天風呂に浸かっていたときのことでした。
中にいたのは見知らぬ若い男と律子さん。
私は思わず愛子を呆然と見詰めていました。
彼は吉崎さんといって、五十七歳。
「爺さん、勃ちもしねえのにお盛んだな」
こんな私の体に触れたくてしょうがないとでもいうように、荒々しく乳首を啄ばみ、秘処の敏感な部分に押し付けた熱い舌先で、何度も何度も私をなぞるのでした。
「ダメよ」
ほんとうに裏を返すどころか、毎晩だって新宿二丁目を訪れてサチコに溺れてしまいそうな予感が湧いてくる。

好きだから中出ししてっ!~僕の彼女は上原亜衣~

サンプル動画

AV女優の姉VS弟 上原亜衣

タイトル: AV女優の姉VS弟 上原亜衣
キーワード: ハイビジョン、近親相姦、姉・妹、ドキュメンタリー
女優: 上原亜衣、羽月希
メーカー: SODクリエイト
レーベル: SODクリエイト

ネットの口コミ

「はあ?」
しかし「これでもう思い残すことはない」と圭子に言われたとき、圭子の私の想いもさっぱりと消えてしまったのだろう、と勝手に解釈して落ち込んでしまっていたのです。
スカートから手を抜いて大家さんにひっしとしがみつきました。
あんがいたくさんいるということです。
定子は興奮がピークに差し掛かると、首を絞めろとねだってくる。
もしかして、私はこの時から渡辺さんを好きになりかけていたのかもしれません。
妻は一体どういう態度をとるのだろうか。
図書館の帰りに立ち寄った公園で、秋本君と初めてのキスも経験しました。
彼女の頭には、淫らな欲望がいっばいなのは承知の上です。
私も身体の中からカの沸き起こってくるのが分かり、そうなるともっと彼女をもっと堪能したいと考える。
ところが、やはり長男の嫁として一日も早く孫の顔を見せて欲しいと、顔を合わすたびに言われていました。
「おいおい、俺のケツメドをさんざんいじっといてそれはないだろ」
液体に滑って、気付いた時には彼の指は付け根まで深々と私の中に潜り込んでしまっていたのです。
学生の家を直接訪れるというのはいかがなものかと思いましたが、もうこれ以上麻美を放ってはおけませんでした。
「ひゃあ、いゃあ、舐めないでえー」
こんな言いわけをする。
照雄のことは大好きだけれど、やはりこのままでは不安です。
とはいえ、危険に晒されるようなセックスはご免である。
仕方が無いので、最後は娘の頭を両手で押さえて、しっかり咥えろ、と命令して生きたダッチワイフではないですが、お口のスピードを自分で調整しながら果てました。
相変わらず目をつむったままいう。
「あの子にも、お酒を飲ませちゃうから」
「ああ、夢のようだねえ。奥さんから尺八して貰えるなんてたまらんねえ」
嵌め込んだ肉棒に襞肉の壁を通しブルブルバイブの振動が奇妙な快感を伝えてくる。
目には目を……。
「ご主人とも、こんなこどを?」
いつの間にか倒れた電気スタンドの明かりが、斜めに尻の溝を照らしていました。
突然、私は甘ったるい気分でいっぱいになった。
「愛子、お待たせ」
下着を剥ぎ取られ、ざらざらとした生暖かい舌が花芯をとらえたとき、まるで軟体動物が這いずり廻っているような、ぬめりのある感触が肌にじわじわと浸透していきました。
人の気配は全くない。
「一人で飯食っても味気がないんで、少しあがっていきませんか」
奥さんは自分からゆさゆさ卑狼に腰をふって、俺の指を締めつけてくる。
いや、そう考える以外に理由はみつけられない。

AV女優の姉VS弟 上原亜衣

サンプル動画

ノーパン×潮吹き 上原亜衣 お貸しします。

タイトル: ノーパン×潮吹き 上原亜衣 お貸しします。
キーワード: ハイビジョン、単体作品、拘束、潮吹き、美少女
女優: 上原亜衣
メーカー: クリスタル映像
レーベル: e-kiss

ネットの口コミ

「あ、そ、そうですね。ありがとうございます」
「あなたが、承知しないのに?」
という意昧だと解釈して気を良くした私はコクンとうなずいて大家さんの肩を抱き寄せ、ゆつくりと唇を重ねていったのです。
誘ったのはもちろん私ですが、そのころ里子はいつも、一緒に旅行に行きたいといっていたのでした。
胸は大きく盛り上がり、今にもブラジャーから零れ落ちそうだ。
私はしばらく、渡辺さんの胸に顔を埋めて泣きました。
私が感嘆すると、
クリトリスを刺激されながら、そう言って先生に耳元で囁かれると、私のあそこはキュンと感じて、全身に痺れるように快美な電気が走り抜けるのでした。
こうなると、私の心の中のサディズムはますます増長し、
私は街に出て、飲ませてくれる女を探すことにした。
また、三十歳を目の前にして、妊娠するなら今しかないという焦りも出てきて、私は自分を責めてばかりいたのです。
「おいおい、俺のケツメドをさんざんいじっといてそれはないだろ」
「え、ええ……。そう…、とても。本当は、私だって……」
「はーい」
片手で、ジッパーの金具にも指を掛けた。
オカッパの毛髪をなびかせながら、風のように私を追い抜いては、
私は休みの日ごとに照雄のアパートを訪ねるようになりました。
女は叫ぶが、俺は口を塞ぎ、足を開かせて股間を弄ぼる。
この年になれぱ、若い頃と違ってただ出せばいいというものでもありません。
それもその筈……彼が若い娘の寝小便を治す名人といったのは口から出任せの大嘘で、無知な親娘を騙し、一夜の慰み物にしようというのが本当の狙いだったのだ。
「ちょっとだけ、牧野さんに真似ごとをしてもらいなさい」
それをよりによって下品な貫井夫人に見抜かれて馴れ馴れしく自分を頼ってと言われたので、私の中で益々彼女に拒絶反応が強まってしまいました。
掌でカリの部分を包み込み、五本の指先を立てるようにして胴の部分を掻く。
「ええ、ええ、私と助平なことをして、こんなにすぐ勃起するあなたが、浮気なんかするわけないわ。他の女を抱いているわけはないわ。信じるわ、だから入れてっ」
もう手の形なんか判別できないほど、あちこちが真っ赤に腫れ上がりるほど叩きますが、そのたびに彼女が口を半開きにしてよがるのです。
乳房の谷間に汗の玉を滑らせながら、ゆっくりと腰を浮かせ、亀頭はそれでも膣の中におさめたままで、ゆっくりと背中を向けました。
それは悪意を読みとってもよさそうなものだった。
「おれは乳が大きな女がいいな。おもいっきり揉んで、吸いたいんだ」
そして、膣とは違う穴が、むず痒いようなくすぐったいような、それでいてぞくっとくるほどの快感がときおり背中を走り抜けるのです。
泣き出すようにか細い声だった。
こんな抱かれ方をすれば、私もうちの枯れた宿六なんてどうでもいいという気持ちにすらなります。
来たな! と俺は思った。
口癖のようにそう言う幸恵という女に、私はいっそうの愛しさを深めてやまなかった。

ノーパン×潮吹き 上原亜衣 お貸しします。

サンプル動画