冬月かえでPREMIUM BOX2 24時間

タイトル: 冬月かえでPREMIUM BOX2 24時間
キーワード: ベスト・総集編、4時間以上作品、単体作品、潮吹き、イラマチオ、キャバ嬢・風俗嬢、デジモ、独占配信
女優: 冬月かえで
メーカー: プレミアム
レーベル: PREMIUM BEST

ネットの口コミ

彼女とはすでに接吻まで交わしていて、今度会う時はたぶんアレにまで発展するであろう相手でした。
圭子は、なおもうつむいたまま、かすかに肩がふるえていました。
もちろん私に異存はなく、ぷっくり膨らんだ左右の淫唇に指を掛けてベラーッとめくりました。
いや、会社勤めをしていたころから私は、そんなことばかりしていた。
私は少しだけ、力を加える。
私は、久しぶりの高い波に乗り上げたまま、呼吸することも忘れてしまいました。
そして、ペニスを根元すで深々と収め、巧みに腰を使い始めた。
私が声をかけると、
さらに強い加虐を加えてあげるのが、加奈子への愛だと思ったのです。
私は綾香の部分に顔を押し当て、啜る。
私は、その快感の虜になっていきました。
すると今度は年増ホテトル嬢がローションでヌルスルになったケツメドにニュルリと指を入れてきたではありませんか。
液体に滑って、気付いた時には彼の指は付け根まで深々と私の中に潜り込んでしまっていたのです。
麻美は忙しそうにキッチンに立っていたのですが、突然トイレに駆け込んでいってしまいました。
「ええ、そんなぁ、困りますぅ」
だから私たちは、離れて登下校をするようになっていた。
中学時代は胸が目立つのが恥ずかしかったのですが、高校生になると逆にそれが自信になりました。
確かに「やめてください」と言えばいいだけの話ですが、私は部署でもあまり成績がいいほうではなく、下手にことを荒立てるとリストラされてしまう可能性さえあるのです。
終わると娘は、こちらが小金持ちの年金ジジイと見たのか、やたら愛想がいいのです。
「ハイ…それで、実は…」
おどおどしながら、わずかに微笑んだ。
私の父は公務員で、中流ながらもお金の心配を親が口にすることもない家庭で育ちましたが、さすがに会社経営をしている夫の実家とは経済力の差を感じます。
私が夫人の巻きつけているバスタオルを剥ぎ取ると、小ぶりな乳房の下にタテ長のヘソ、その下方には黒々とした陰毛が広範囲に生え広がっていた。
そればかりか、
もっとも、見方を変えれぱ費沢な悩みと言えるのかも知れませんが……。
「堪忍してえな」
体中の表面が尖りに尖って、微かな悦びの目も逃すまいと張りつめている。
翌日、指定されだ公園に行くと、彼女がポツネンとブラシコに乗って待っていました。
女癖が悪い上に、自宅に戻れば口喧しく、亭主関白の典型のような夫でしたから、私は身も心も楽になったと心底思ったものです。
「もっと、お飲みになるでしょう?」
子供が巣立ってしまった後の専業主婦ほどつまらない生き吻はないと思っています。
俺と同期入社の一流大学出のエリートなどは、自己売買部門に配属され、まったく呆れるほどの給料をもらっている。
「もちろん、おととい約束したように今夜は泊まりのつもりだ。夜通し、きみを抱いて離さないよ」

冬月かえでPREMIUM BOX2 24時間

サンプル動画