フィニッシュ寸前の超気持ち良いSEX 307連発 第2弾

タイトル: フィニッシュ寸前の超気持ち良いSEX 307連発 第2弾
キーワード: ベスト・総集編、独占配信、中出し、顔射、アナル、4時間以上作品
女優: つぼみ、葵ぶるま、希崎ジェシカ、成瀬心美、貝塚真琴、雪乃しずく、冬月かえで、春風えみ、風子、弓川彩乃
メーカー: ROOKIE
レーベル: ROOKIE

ネットの口コミ

と問い詰められました。
圭子はいったん動きを止めてそれを口の中に受けとめ、それからごくんごくんと二度喉を鳴らして飲み込んでしまいました。
衣服越しとはいえ手に伝わってくるフワフワと柔らかい乳房の感触が心地よく、全身が溶けるような快感を覚えました。
自由な時間はいくらでもある。
「イ、イイ…、も、もっと…」
待ち合わせ場所で車に乗り込んだ途端、渡辺さんが尋ねます。
私は、どうして良いか分からなかった。
「泣くなよ、こんないい日に」
このときの感激は、加奈子の頭から一時も消えたことがないらしく、彼女は今でも、自分がベッドに誘ったことを申し訳ないと思っている、といい続けています。
「喉が渇いた」
しかし、夫婦間の問題なので、夫にも検査を受けて貰うことを条件にして、お姑さんから夫に説得してもらって、夫婦で検査を受けることにしたのです。
ホテトル嬢の見え透いたお世辞にもわが憮然度は増すばかりで、
「あの…、ちょっと…、待ってください…」
私は驚きの声をあげてしまいました。
狂った猿のように俺は彼女をバックで攻めまくった。
私は初めて彼女に愛を告白した。
それからはまさにセックス三昧の日々でした。
「す、すいません、実はわたし……」
思ったとおり、娘は大喜びです。
「それはアノー……旦那さんにぶっとい珍宝入れて貰わんと……」
ともあれ、初めて来た店だし、ママさんとも初対面なのだ。
「ひっ……そ、そんなところ……ひいぃ」
モテるはずもない身。
私の割れ目は、あとからあとから愛液を噴き上げていたのです。
「けど、真っ赤ですよ。大丈夫ですか?」
いつの間にか倒れた電気スタンドの明かりが、斜めに尻の溝を照らしていました。
沸騰した血液が全身をぐるぐる回り始めて、体中がすっかり干上がってしまった気分だ。
「ここに座っていいかね」
そのうえ、空いている手でぐずぐずに崩れている花芯を愛撫してくるのです。
確かに、純粋に俳句を楽しんでいる人もいる。
こんな抱かれ方をすれば、私もうちの枯れた宿六なんてどうでもいいという気持ちにすらなります。
「どこに挿れて欲しい」
「もう我慢できない。早く、早く、オチ×コをあそこに入れてちょうだい」

フィニッシュ寸前の超気持ち良いSEX 307連発 第2弾

サンプル動画