かえで先生の誘惑授業 冬月かえで

タイトル: かえで先生の誘惑授業 冬月かえで
キーワード: 単体作品、女教師、痴女、デジモ、独占配信、ハイビジョン
女優: 冬月かえで
メーカー: アイデアポケット
レーベル: ティッシュ

ネットの口コミ

教員をやっていた頃の堅物の私からは想像できないようなモデモテぶりでした。
「今夜彼が、わたしの部屋に来るっていうの」
そしてそんな折でした。
男だって、じっくり付き合えば、私を友達として認めてくれる人間もいる。
それに気付いて力を緩める。

「はい、それではご一緒させていただきます」
「泣くなよ、こんないい日に」
さすがに、加奈子は顔を真っ赤にして横を向いてしまいました。
綾香は私の一物を舐めたり、弄くったりするが十分に勃起しない。
そう吐き捨てるように言われたのです。
「ほお、さすがはブロだな。まあまあじゃないか。けど、ワシをイカせるのは簡単じゃないぞ」
「全部入りましたよ」
「うう、あああ…」
皆それぞれ素直に打ち返していた。
こう叫んで彼女はイッたようだった。
郷里の両親にはホテルを辞めたことはまだ内緒でした。
そして、勃起したわたしをつまみ出して扱き、そのまましゃがんでしゃぶり始めた。
娘の頭をがっしりと押さえて柔らかな口粘膜の感触をじっくりと楽しませてもらいました。
「何イ、伝吉にオ×コいじくられると出るのか……フンフン……ンだばこうか?」
どう対処していいのか。
娘のカナダでのスキースクールの費用を貯金から出して振り込んできた銀行の帰り、今度はお友達に合わせて娘にブランドの新しいスキーウエアを買ってやらなくてはならない出費にため息をつきながら運転していたら、うっかり電柱にBMWをぶつけてしまいました。
大声を上げ、夫人は果てた。
涙が、ぼうっと流れてきました。
尻肉がビシッと音を立てて盃みました。
少々緩かったけれど、とても熱かった感触をはっきり覚えています。
「あん……。こんなんじゃ、いやよう……。いかして今、いきたい……」
感激的な初体験でした。
「何?……何なの? 吉崎さん?」
「うれしい」
ですが、渡してしまえば何か話しかけてくるというわけでもなく、私も早々に帰るしかありませんでした。
「気持いいでしょう」
古謡かなにかの文句に、

かえで先生の誘惑授業 冬月かえで

サンプル動画