美巨乳痴女6時間

タイトル: 美巨乳痴女6時間
キーワード: 痴女、巨乳、フェラ、パイズリ、ベスト・総集編、独占配信
女優: ERIKA、JULIA、さとう遥希、仁科百華、森ななこ、黒木アリサ、上原カエラ、杉原桃花、小峰ひなた、蒼井怜
メーカー: 美
レーベル: 美

ネットの口コミ

「あはん、んもう。これからは絶対に喜美恵さんの隣に座らないで。あの人、男漁りが目的で教室に来てるのよ。そんなふしだらな人に近寄らないで」
もともと自分のものにできるような相手ではない、と諦めていたからでしょうか。
ビッと吹き出した精液は大家さんの頭にまで飛散し、手淫では決して味わえない至高の悦ぴに全身が震えました。
顔だけで咥えているほうが、なんだかマゾヒスティックでいやらしい。

「スイング自体は悪くないですよ。
そして、私のロープの前を空けると、もう既にいきり立っている私のペニスを指先で掴み、コンドームを口に咥えて器用に被せた。
「ああー先生ーき、気持いい…」
「気取るんじゃないぞ。自分をさらけ出すんだ。いつも自分の部屋でやってるように、もっと淫らなポーズを先生に見ていただくんだッ」
「やああん、だめえ、お客さん、感じちゃう!」
病院へ向かうときと、帰るときとは、私たちの.様子は逆転しました。
ただ、愛撫はさすがに念が入ってました。
「おはようございます」
麻美の悲鳴が聞こえました。
「どれどれ、どこかな?」
私の脳裏には、五十年昔の眩しかった美少女の姿のままで止まっており、今の美登利は別人だといっても過言ではなかった。
私がせがんでも、照雄はあいかわらずはぐらかすだけでした。
年の頃なら四十前後の、派手な装いの女だった。
で、放送で取り上げていた「ドライオルガスムス」というのは、究極オナニー法のことです。
と糸子が赤くなって俯き、口寵っていると、
学童の遊びのように、わたしもママさんの耳に口をあてた。
あからさますぎるこの男の狙いにゾッとした私は、腕を振り切って手の中のお札を投げつけてドアを開けて飛び出すことは可能でした。
「うふふ…ご立派ねえ」
それに、
こういう時は少々強引なくらいのほうがいい。
私は夢中で年上の芸者にしがみつき、腰を突き上げました。
言葉の代わり、黙々と紐を結ぶその背中が、何度も同じ事を言わせるなと言っている。
彼女が、つんのめってよろめいたところを抱きしめ、唇を重ねたのです。
朦朧とした意識で何とか目を覚ますと、目隠しは外されていましたが、手錠はかけられたままでした。
私は自分の軽率さを恥じ、その後は大酒を飲んで泥酔した。
木原さんの奥さんも、彼に抱かれた体が、子供と夫を捨てる決意を孕んだのだと思いました。
「気持いいでしょう」
(ああ、最高のオマxコだ!)

美巨乳痴女6時間

サンプル動画