巨乳ハーレム 8時間

タイトル: 巨乳ハーレム 8時間
キーワード: 痴女、パイズリ、乱交、巨乳、巨乳フェチ、ベスト・総集編、独占配信
女優: さとう遥希、みなせ優夏、Erina、菅野さゆき、牧瀬みさ、知世奏、大島あいる、綾瀬みなみ、葉月めぐ、南レイ
メーカー: OPPAI
レーベル: OPPAI

ネットの口コミ

そして嫉妬に狂った智子さんを伴ってラブホテルに向かった私は、綾子さんに続いて智子さんの熟れ肌をもご馳走になってしまったのです。
「ただの先生のほうがいいわ」
「そこよ。そこを舐めてちょうだい!」
体の疼きや亭主に対する不満など、女としてのいろんなものを懸命にこらえて生きてきた女です。
私はそれでも彼女の内部を掻き混ぜながら、抽送を繰り返す。
「どうしたんだい、真佐子、今日は一段と激しいんしゃないか?」
そんな中で、私の上司の部長が手拭で頬被りをして泥鰭掬いを踊っている。
そして私のあそこは、先生に舐められてお尻の方まで愛液が流れ出すほどグッショリと濡れていました。
だから、先生、もっと親しくしてほしいの…」
私は愛液を欽ませてくれるよういった。
それに、夫とのセックスでは味わうことのできない絶頂感は、冷たくなった夫や夫の両親、親戚にりベンジしているような気分になれました。
暗褐色のケツメドとぷつくり膨らんだドテ肉がモロ見えになったんですわ。
今とは違って、当時はそんな大胆なことをやってのける女性はなかなかに少なく、友人から理由を聞かれることもしばしば。
「すまないね。早く来すぎてしまったかな」
続いて、口先を伸ばして蜜液を吸う。
JRの駅からバスに乗り継ぐのだが、温泉客には、私たちのような高齢なカップルが目立ったが、美登利の美貌は六十四歳とは思えぬほど若々しく美しかった。
「素敵なオッパイだね」
「おい、知ってるか、三丁目の田代さんの奥さん?」
いつものように「ラジオ深夜便」を聞こうとダイアル(ラジオのです)を捻っていると、某民放局の番組で「ドライオルガスムス」について話しが盛り上がっていました。
「あ、こりゃ、大旦那さん」
どこか病的な感じすらした。
あんなにお金のことで夫を怨みましたが、それでも私はまだ夫との結婚生活を捨てる気持ちには全くならないのです。
と言いつつ、
女のサガは、弱いものです。
ですが、そのお陰で、こっちはいい迷惑です。
お世辞のつもりだったのでしょう。
車内灯もついていないし黒いボディは暗闇に溶け込んで、普通なら知らずに通り過ぎてしまうだろう。
先に精算をすますと、女性は急に愛想がよくなって、
唇がペニスで塞がれていなかったら、きっと絶叫していたでしょう。
それに、S婦人ほどではないにしろ、Kさんにも品の良い色香が備わっている。
ずっと家庭優先でしたので若い頃の女友達との付き合いをおざなりにしてきたツケが、今となって、誰も友達がいないという形でまわってきています。
そうしないと株を買ってあげないと言うのだ。
そうした作業に従事する私たちも、それこそ毎日のように風呂に浸かって身につきそうになる異臭を入念に洗い清め、素肌に香水を用いることも忘れなかった。

巨乳ハーレム 8時間

サンプル動画