3D騎乗位 Hi-Vision collection Vol.2

タイトル: 3D騎乗位 Hi-Vision collection Vol.2
キーワード: ハイビジョン、4時間以上作品、騎乗位
女優: 絵色千佳、宇佐美なな、つばさ、野中あんり、上条めぐ、真崎七海、河純ひなみ、友田彩也香、椎名ゆず、泉麻那
メーカー: グレイズ
レーベル: GLAY’z

ネットの口コミ

彼女はまだ五十歳ちょっとで、ご主人の経営している設計事務所の役員をされています。
「そんなことしたら……」
またしてもそれでした。
まあ、定年退職して隠居している身ですからね。
その心地よさを持続させるため、もっと強烈な刺激を求め、ついつい手のひらの力が強くなる。
渡辺さんのすべてで、私は何度も何度もイカされました。
呆然とする私を尻目に、妻は長い髪の毛を靡かせてエレベーターの中に消えていった。
部屋が明るかったので前をはだけられると、私は思わず両手を交差させて胸を隠しました。
自らの高まりを耳にして、さらに、声が高くなります。
その、濃い桜色に染まった部分に私はしゃぶりつき、舐める。
これだけの人数の男性が、私を女としてみて、セックスしてくるのが、自分自身を保つ支えになっていたのです。
喘ぎそうになるのを堪え、照れ隠しで懸命に制止しましたが、ホンネでは「もっとやってくれ」という気分でした。
キッチンのテーブルにはワインと相性のいいオードブルがきちんと並んでいて、またまたびっくり。
彼女の肉ビラはすでに湿っていました。
「球拾いをありがとうございました」
あとで分かったことだが、若い女性たちは農業高校の生徒たちで、寄宿しながら農業の体験学習をしていたという。
「じゃあ、いっそのこと、ここへ引っ越してくるかい? 寮に住んでいたんじゃ、何かと不便だろう?」
「おい、知ってるか、三丁目の田代さんの奥さん?」
そこで、エロ度の濃い娘をゲットしたくて、そろそろ新規開拓の店でもとインクーネットで探していると、自分好みのサロンが一軒見つかりました。
と、かれこれ数十回も突いたであろうか?
赤、青、白、とりどりのネオンがうるんでいた。
立ち上がる力もないぐらいにいきまくってしまった私は、お尻の中で熱い液体がタプタプ満ちる気持ち悪さを感じてるうちに、こんどは急激におぞましい便意に変わっていきました。
「ふう~む…」
「うううっ、オレのもオッ立っちまって、痛くてかなわないよ」
ビシッと尻を叩きます。
温泉へ通じる道で土砂崩れがあり、遊びに来るはずだった建設会社の仲間も来るのを諦めるという電話が入りました。
言われたとおり、ソファの前にひざまずくと、藤枝氏は私の両手をソファにもたれさせる。
いうなり彼女が上半身を起こしたのです。
信じられない気持ちで一杯でしたが、甘美な快感にあがなうことができず、いくえにも覆っていく悦楽の波に逆らえないのです。
「ホント?」
ただお隣にタッパーを持っていくだけだというのに、私は化粧台の鏡の前で白髪が目立たないか髪を整え、軽く白粉をはたき、妙に上ずった気分で出ていったのです。
「許さない。こうしちゃうから」
所定の金額を娼家の主人のもとに収めるためであろうか。

3D騎乗位 Hi-Vision collection Vol.2

サンプル動画