汗くっさ~い男が大好き 噂の美人コーチ 吉沢明歩

タイトル: 汗くっさ~い男が大好き 噂の美人コーチ 吉沢明歩
キーワード: DVDトースター、単体作品、フェラ、淫乱・ハード系、痴女、職業色々、ギリモザ、独占配信、ハイビジョン
女優: 吉沢明歩
メーカー: エスワン ナンバーワンスタイル
レーベル: S1 NO.1 STYLE

ネットの口コミ

男は人生で三度旬を迎えるなどと申します。
そして歯を見せないで唇の端をちょっと広げるようにして微笑むその顔は、ほのかな慈しみのようなものをたたえながらさつに格調高く端正でした。
「そこよ。そこを舐めてちょうだい!」
まあ、人一倍スケベな老人なんですね、私は。
ちょっと無駄な時間を過ごしたなと思いつつ、まさか映画だけでサヨウナラもないだろうと、期待を抱いて幕が下りるのを待った。
蕾を擦りながらも、乳首への愛撫も忘れず。
一瞬私は咽喉から声が漏れそうになった。
そうするうちに、私は痛さの中に少しずつ快感が込み上げてくるのを感じていました。
前世にどのような悪業を積んだのかはわかりませんが、大学教授などいう職業は、本当に因果な商売です。
「酒とタバコと肉」
夫も、かなり抵抗があったようですが、お姑さんからの命令のため、仕方なかったようです。
直腸の括約筋は膣なんかとは比べものにならないほど強靱で締め付けがきつく、腰を前後させると肉ザオが直腸内でスライドせずにすぼまりごとグワーッと浮き上がってくるのです。
そんなことを何回か繰り返しながらとうとう六十を越してしまいました。
私はその時、初めて彼女がファザコンであるということがわかりました。
しばらく足が動けなかった。
彼女は少女のようにはしゃいでいた。
ことを間き出しました。
確かにずいぶんとコンプレックスを払拭出来てはいるが、だからといって完全に払拭出来たとはいえない。
値段はやや高めですが、他の客からの遮蔽率が高くて安心して遊べそうな雰囲気だとプログに書かれてあります。
「それじゃ未だ出ん、それじゃ未だ出ん……」
こっちのほうが照れてしまう。
ですがどうしても、レズプレイに拒絶感があって、私はなかなかイケませんでした。
部屋に戻ると、夫人は千葉氏の肉棒をしごきつつカリ先にしゃぷりついていた。
「今夜は、とことん付き合うよ。今夜は、江利子さんを帰さない……」
すぐにでも射精しそうになりますが、簡単に終わらせてしまうのが癪で、懸命にこらえてピストンさせました。
熟柿のような匂いを口からさせて、その白い太ももを擦り寄せて、自分から子供がいるだの、亭主とは死に別れただのと身の上を語りました。
お互いの夫が同業種と分かってから、何かと親しく行き来をしている。
タチンボというのは街娼のことで、深夜のデパート付近に、よく立っているとのことでした。
(何なの…いったい…?)
気の迷いと言われればそうかもしれない。
私は、彼の浮気の口封じの為に抱かれたのだと気づきました。
その知的な顔立ちといい、もの憂い雰囲気といい、瞳の翳り具合といい、妙に男の欲望をそそってくるのだ。
私とて、もはやたまらない。

汗くっさ~い男が大好き 噂の美人コーチ 吉沢明歩

サンプル動画