催眠 赤 DXXVII ドキュメント編 つぼみ

タイトル: 催眠 赤 DXXVII ドキュメント編 つぼみ
キーワード: ロリ系、美少女、ドール、ドキュメンタリー、催眠・洗脳、単体作品
女優: つぼみ
メーカー: アウダースジャパン
レーベル: AUDAZ

ネットの口コミ

そして明らさまに挑戦的な視線を注いできたのは波恵さん。
「うれしいわ」
手の温もりやホワーンと流れてきた甘い香りにドキッとしました。
ものにしようとか、そんな気持ちで近づいてゆくのじゃない。
「よし!」
夫がもっと私を大事にしてくれていたら、こんなことにはならなかったかもしれません。
私は早速、先ほどのデートクラブに再び電話をした。
「初めてだったのか…」
それで、以前に遊んだこどのあるソーブランドを探してみようと思っていたところでした。
とはいえ、命の灯火すら今にも消えそうな状態。
夫の帰宅時間はどんどん遅くなっていき、時には香水の匂いを漂わせて帰宅するときもあったのです。
「あふん、ああ、すごくいい……」
「あっ、湊い、いいい…」
麻美という学生で、学習態度も実に真面目な女性でした。
なぜなら、好みの女尻が目の前で突き出されているからだ。
「リラックスしなさい。もっと楽にしなくちゃ……」
私は彼にべた惚れで、彼の巧みな愛撫と逞しいチンチンは、何にも代え難いものでした。
だが、その日届いたフェイスブックのメールを見て、わたしは驚きを覚えた。
早漏気味の小生にはうれしいのですが、途中で中折れの心配もあり、うれしさも半分と言ったところです。
ニヤニヤしながらいう。
「あら、のんびりできたでしょうに」
私はこの貫井夫妻が苦手でした。
「それじゃ、行きましょうか」
「あなた、この頃バカにサービスいいわよねぇ。いったい、どうしたのかしら?」
私を呼び付けたK子さんが私の膝の上にサッとタオルを掛けたかと思う亡、すかさずズボンのファスナーに手を伸ばしてきて、ジーッと下ろされてしまった。
雨は小降りになってはいましたが、まだ降り続いていました。
あやすような半多氏の声。
「アメちゃんはチ×ポがぶっといっていうからな」
鳴呼……何なのでしょうか…この異様な快感は……。
「ホント?」
「玄関からお帰りになる女性の後ろ姿を見た」
「お仕置してあげる」
 ♪遊女は客に惚れたと言い、

催眠 赤 DXXVII ドキュメント編 つぼみ

サンプル動画