キャリア系OL M男社員スパルタ調教 4 大槻ひびき

タイトル: キャリア系OL M男社員スパルタ調教 4 大槻ひびき
キーワード: 手コキ、調教・奴隷、顔面騎乗、OL、単体作品
女優: 大槻ひびき
メーカー: ジャネス
レーベル: クイーンダム

ネットの口コミ

そして明らさまに挑戦的な視線を注いできたのは波恵さん。
なにしろ真夏のことだから蒲団などあってもなくても同じなのですが、やはり私は、そこにつれてゆかないことには浴衣のなかに手を入れることはできないような気がしていました。
それを見ているだけで射精してしまいそうでしたが、懸命にこらえてムッチリした白い尻を抱えました。
太腿を触られるとすぐ濡れてくるという女がいました。
定子は小さな声で答える。
両方が程よいバランスで痛められます。
それを妻が私のスーツの中から見つけ出して、そこに置いたのだろうか。
先生は、一人でバスケットボールのシュートの練習をしていました。
「いや、いや、そんなこといわないで…先生に差し上げるって決めたのですから、お願い、先生、オマ×コ、オマxコ、してください」
「体力さえ付けばすぐに退院できるって先生もいってますよ」
セックスは、当然のように遠のいていきました。
七十年も生きてきてどうしてそこに気づかなかったのかと、いたずらに重ねてきた歳月を悔やむほどでした。
「わ、私、だめなんです。男の人を受け入れられない体になってしまって……。
そう叫ぶと、麻美はおもむろに唇を重ねてきたのです。
葉月が甘える声と同時に、豊尻を大きくクネクネと左右に振るのだ。
弾力のない乳房だが、そんなことは仕方のないことだった。
ヤリたい盛りの私にとって、週に一度程度のセックスではいかにも物足りませんでした。
「気持ちええこと、せえへん?」
仕方が無いので、二日後に素人妻を指名して、たっぷり泣かしてエロ気分を満たしました。
指を持ち添えた陰茎で狽いすまし、
二十歳くらいか、オシボリをもってきた。
それをいいことに、私はお金を貰いながら貫井夫妻の性奴隷にされ続けています。
ま、全員が素知らぬ顔で談笑しているから、それはそれ楽しければ全て良しなのだろう。
「ねえ、あなた。今夜の帰りの予定は?また遅くなるのかしら?」
口を半開きにして彼女が栗色の髪を揺すります。
「あああっ」
やっぱり、あれは律子さんだったのだ。
「女とイッパツやりてえな。おれ、昨夜豆腐屋のおばちゃんにやらせてもらった夢みちゃってよお。目を覚ましたら、パンツの中に漏らしちゃってた」
美術館の観賞会のときに声をかけて下さって……それからおつきあいが始まりました。
せせらぎが遠くに聞こえる。
入院している奥さんのお見舞いに行って、この話をしようかとも思ったのですが、その前にもう少しご主人を探ってみたいと思ったのでした。
「ダメよ」
寝物語によく北陸の海の話を私に語って聞かせ、郷里のことは懐かしいが、もはや帰省したくとも頼れる家がないと、多くは明かそうとはしなかったけれども、不幸な身の上については私に打ち明けた。

キャリア系OL M男社員スパルタ調教 4 大槻ひびき

サンプル動画