白目痙攣!!よだれノド奥フェラチオ4時間

タイトル: 白目痙攣!!よだれノド奥フェラチオ4時間
キーワード: 淫乱・ハード系、フェラ、ベスト・総集編、デジモ、4時間以上作品、独占配信
女優: つぼみ、ましろ杏、鮎川なお、春咲あずみ、クリス小澤、東野愛鈴、川上ゆう、ERIKA、水野美香、星優乃
メーカー: 乱丸
レーベル: 乱丸

ネットの口コミ

男は人生で三度旬を迎えるなどと申します。
そのとき圭子は、私よりひとつ上の二十八歳で、父の後妻になったのはその五年前の二十三のときでした。
「むう……」
その3ヶ月くらいあとに、里子との肉体関係ができました。
歳も歳なので少女のようなピンク色というわけにはいかないが、それでも嫌悪感を抱かせる色合いではない。
「家内は十年前に乳ガンで亡くなったんです。うちは子供もいませんから、今は男やもめってやつで。永田さんに声をかけてもらって、むしろ有り難いくらいです」
私は担当課長を抱えると、エレベーターに乗り五一七号室に向かった。
秋本君と逢わずに勉強に専念したせいでしょうか、私は第一志望の女子大に合格することができました。
加奈子は体勢を整え、顔を私の前に向けました。
そういって看護婦はまずい飯を無理やり食わそうとするが、美食家で鳴らしていた私は病院の食事など喉も通らない。
ガックリとうなだれ、今にも泣きそうな顔をしていました。
すると年増ホテトル嬢がクスッと笑って、
足腰の衰えが気になって始めた早朝ランニング。
麻美の父親は幼い頃に亡くなり、母親の手一つで育てられたと言います。
あるのは、男の情熱の塊を温かく包み込んで受け入れてくれる女道だ。
美登利の家と私の家は、曾祖父の時代に分家した親戚で、まんぎら他人というわけでもなかった。
仕事に慣れてくるにつれ、私は何人かの常連客と顔馴染みになりました。
もしかすると、簡単にセックスが出釆るのかもしれない。
「どうした、もっとしっかり咥えんか」
快がって腰を振るたびに、自慢の大魔羅がジュッギュツと締め付けられ、こ遺の好色隠居もいささか持て甘し気味だ。
ビールを薦めると、ママさんはカウンターのなかの娘からコップをもらった。
もっと強く吸ってとか、舌をもっと動かせとか、屈辱的な指示までされても私は言われた通りにおしゃぶりしました。
「あはは……京子夫人はボクのお手つきだよ。彼女は酒もあっちの方もつよいぜ~。しかしキミと穴兄弟になるのもねえ」
その際、娘たちに赤いちゃんちゃんこなどを贈られてお祝いしてもらい、万感胸に迫るものがありました。
彼女の背中が弓なりにしなり、顎が浮き上がって、その口から呻き声が漏れました。
綾乃はそう言うやいなや、いきなり傘の柄を私に持たせ、自分から腰の上をまたいで向き合う格好になったのです。
腰のあたりに柔らかいような固い肉がぶつかる感触。
「いや、あのう、そのう……」
吉崎さんが、私のお尻の穴に、ぬるぬるとしたオイルのようなものを塗り付けて、もみほぐしているのです。
「今日はお見かけしなかったけれど、どちらへ?」
ですが、渡してしまえば何か話しかけてくるというわけでもなく、私も早々に帰るしかありませんでした。
「ああダメ~、もっとしてぇ」
部屋の人口はいずれもドアではなく木の引き戸になっている。

白目痙攣!!よだれノド奥フェラチオ4時間

サンプル動画