女弁護士 上原亜衣の淫語裁判 性犯罪の検証をしていくうちに明らかになる童貞、デカチンに発情!女法律家たちによる性器の淫語尋問バトル!!

タイトル: 女弁護士 上原亜衣の淫語裁判 性犯罪の検証をしていくうちに明らかになる童貞、デカチンに発情!女法律家たちによる性器の淫語尋問バトル!!
キーワード: ハイビジョン、企画、淫語、潮吹き、中出し
女優: 上原亜衣、星野あかり、大槻ひびき、飯田せいこ
メーカー: ディープス
レーベル: DEEP’S

ネットの口コミ

「はあ?」
それで、私の新しい人生がはじまりました。
「あはん……気持ちいい。もっといじめて…」
そんなとき私は、石田純一のように「不倫は文化だ」と答える、というわけではないが、「人生の時間はあっという間に過ぎてゆくんだから、大切にしないとね」というようなことくらいは言う。
よく見ると顔色も青白い。
「真佐子さん、あなたも今夜は帰らないですよ」
私の反応を見ているのだ。
(夢のとおりなんだろうな……)
その瞳が喜びに溢れているのがわかりました。
「も、もう、終わりかな……」
夫の精子に受精能力がないと診断されたのです。
「あふん、ああ、すごくいい……」
男の一人暮らしと聞いていたわりには家の中は片づいていてびっくり。
言うまでもなく、すべて私のせいです。
葉月が顔を垂れて、小さく声を発した。
当時の連絡手段は、何事も手紙だったのである。
妙なことから喧嘩になって
「ちょっと、これどうしてくれるんですか? 泥がハネたじゃないですか!」
「奥まで咥えてしっかり舐めないと、いつまで経っても行かないぞ」
娘の糸子は今年十八。
女が二人いて、客はいない。
セックスまでされたわけでもないのに、あの成金男は六万も握らせてきたのです。
「う~むっ……相変わらず上手いもんだ」
「へえ、気前がいいね。でも、江利子さんは人妻じゃないの?」
ファザコンもここまでくれば変態です。
その翌日から天候がさらに悪くなり、雨もますます強く、風も出てきたのです。
昼からの約束に間に合うようにと大慌てで家事を片づけている所に、三日に一度は必ずやってくる。
私はオマ×コの穴からよけるようにして、侵入を防いだのでした。
「ひあああ……んん……っ」
その中でもSという婦人が男連中の憧れだった。
子供が巣立ってしまった後の専業主婦ほどつまらない生き吻はないと思っています。
「くせえウンコだな~、何喰ってんだ」
施錠するようすはない。

女弁護士 上原亜衣の淫語裁判 性犯罪の検証をしていくうちに明らかになる童貞、デカチンに発情!女法律家たちによる性器の淫語尋問バトル!!

サンプル動画