指高速ピストン マン汁垂れオナニー

タイトル: 指高速ピストン マン汁垂れオナニー
キーワード: 独占配信、オナニー
女優: 仲井ゆい、川瀬ことみ、大槻ひびき、甲斐ミハル、森永ひよこ
メーカー: ゑびすさん/妄想族
レーベル: ゑびすさん/妄想族

ネットの口コミ

すでに惰交を交わした綾子さん。
次の年の春、私は、仙台の広瀕川のほとりを歩いていました。
「そこ、なんだか分かる?」
本当はじらせてやりたいところだけれど、私は、初めてセックスする相手にはそういうことができない性分なのです。
私の腕に身体を預ける定子の肉体は、思ったよりもふくよかだった。
それは渡辺さんの行動の様々な場面で感じられることでした。
こんな姿態を女の夫が見たらなんと思うだろうか。
私が一生懸命愛撫をくり返していると、先生も私の股間に顔を埋めてきて、私のクリトリスの突起に舌先を伸ばしてそこを舐めてきました。
「加奈子さんは、西洋の画家では誰が好きですか。ゴッホですか、ドガですか。自分の世界をさちに追求した描き手は誰も魅力的に違いありませんが」
「何ですか?」
いろいろな男性とセックスして、深い快感を味わうと、自分には何も欠陥のない女なんだと思うことができるのです。
恥を承知で間きました。
傍らのプラスチックボトルから透明な液体を掌にたっぷり絞り出すと、私の下腹部におもむろに塗り込み始めたのです。
麻美は恥ずかしさとくすぐったさが入り交じったような複雑な表情で身悶えています。
俺は膨れ姶めた分身を、短パン越しに右手で揉んだ。
それと同時に、美登利へ東京に遊びにこないかと手紙を出したことがある。
正直に言えば、私も薄々は、
「でも、そのお年で大変ね」
と聞かれてしまいました。
「だって……これじゃ」
わたしは、手指で恥丘を揉みながら、わざと卑狼な言葉をくちにした。
「へ.へ、ションベンで腸内を綺麗に洗浄してやる」
慰めにも似た言葉を聞き、助平心半分で「趣味の会」に出席した。
(いつまでも、ここに突っ立っているわけにはいかないわ。とにかく帰ろう…)
浴衣の裾をはだけて尻の方からパンティを抜き取り、両膝を抱え上げました。
桃太郎も思わず肉棒を吐き出して悶えましたが、すぐ仁玉袋に唇をこすりつけ、玉をひとつ、ずっぽりと頬ばって吸い始めました。
「今日はママも出掛けるんだから。夕飯ないわよ」
私は湯船のお湯が口に入ってくるのもかまわずに、乳房にしゃぶりつきました。
夫が生きているときから、夫の愛人に対する意地もあって、女としての身だしなみには充分気をつけてきたつもりではありましたが、やはり、六十二歳の肌身をさらすのは恥ずかしく抱かれるということは、私にとってとても勇気がいると申しましょうか……躊躇したのは確かです。
それを見て取ったKさんは憤怒の表情でS婦人にいった。
するとご主人は、私が予想してなかったことを言い出しました。
ある穏やかな昼下り、俺は成城の高級住宅街の一角にある豪邸に目をつけ、インターホンを押し、用件を告げた。
だから、私が訪れる時ばかりは風呂に入って入念に体を清め、私の性的な欲求だけは拒もうとはしない。

指高速ピストン マン汁垂れオナニー

サンプル動画

美熟女のフェラや手コキで射精したい 4時間 総集編

タイトル: 美熟女のフェラや手コキで射精したい 4時間 総集編
キーワード: 熟女、フェラ、手コキ、ベスト・総集編
女優: 希咲あや、川上ゆう、平松恵理香、東尾真子、相原れな、水嶋りこ、水野美香、上村みき、浅田博美、小倉もも
メーカー: ジャネス
レーベル: 艶女

ネットの口コミ

「先日、綾子さんと妙なホテルに行きませんでした?」
胸に熱いものがこみ上げてきて、そのかたちのよい唇を塞いでゆきました。
口を半開きにして眉間に縦ジワを寄せ、切なそうな顔を見せました。
太腿が感じる女は、スケベです。
我を忘れて女房の首を絞めてしまったら、言い逃れが出来ない。
私がゴルフを始めなかったら…。
その奥でペニスが濡れたワギナを貫いているのが見えた。
私がぎこちない手つきで先生のオチンチンを握っていると、
早く触ってほしかったのでしょう。
とはいうものの、私は寝返りを打つのも憶劫なほど弱りきっていた。
いろいろな男性とセックスして、深い快感を味わうと、自分には何も欠陥のない女なんだと思うことができるのです。
「もういい。分かった分かった。あんたが一生懸命ご奉仕してくれるのは有り難いが、その気持ちだけで十分だ」
実際には、答え通り、私はかなりのセックス好きではありました。
「な、なにするの……」
そんな仕草が、余計に俺の欲情を刺激した。
なんと半世紀を経て初恋同士が初婚のまま結婚することになったのだった。
住所が変わったことは適当にごまかしていましたが、いつ同棲がパレないともかぎりません。
おそらくアラを食べているのだろう。
しかし、個室と違って適度に気が散るせいか発射までの時間がコントロールできるので、なかなかその気にならず、いくらでも舐め続けさせることができます。
相変わらず目をつむったままいう。
ちょっと嬉しげな顔だ。
あれは冬のコートを出そうかと迷うような晩秋の寒い雨の日でした。
千葉氏が夫人の尻の丘を両手で割り広げアナルを覗き込む。
(だけど、元はと言えば、みんなウチの人が悪いのよ。そうよ、私のせいじゃない!)
小陰唇を捲ると鮮紅色の粘膜が口を開け、ヌラヌラと濡れ光った粘膜面には、ヨガリ汁がヌラッと糸を引いていました。
静脈の青い筋が卑猥に走っていたのを覚えています。
そんな律子さんのアドバイスも、掛け値なしの親切心からだと信じて疑わなかった私。
感激的な初体験でした。
でも、そんな私を吉崎さんは女牲として愛でて下さり、女としての自信のようなものを、目覚めさせて下さったと思うのです。
そのときは本当にそう思った。
ずっと家庭優先でしたので若い頃の女友達との付き合いをおざなりにしてきたツケが、今となって、誰も友達がいないという形でまわってきています。
元はスチュワーデスをしていて機内で知合ったらしい。
私の愛戯のひとつひとつに、それらに倍するほどの勢いで応じてくる。

美熟女のフェラや手コキで射精したい 4時間 総集編

サンプル動画

サディスティックM男調教【女医&女社長編】

タイトル: サディスティックM男調教【女医&女社長編】
キーワード: 独占配信、アナル、調教・奴隷、職業色々、女医
女優: 大隈恵令奈、七瀬ゆい、三咲恭子、内田美奈子、高島恭子、大槻ひびき、深田梨菜、桐原あずさ、前田陽菜、羽月希
メーカー: CHANGE
レーベル: CHANGE

ネットの口コミ

もうお分りでしょう。
「待って」
と、捲れたカーテンの端から室内を覗いて息を飲みました。
「いつもこんなふうなの?」
定子の方も、よほど苦しいのかあからさまな拒絶を示そうとしない。
温かく柔らかな手触り。
瓜実方の輪郭に鼻筋が通り、大きな目に形の良い鼻と口。
これが私の初めてのオナニーでした。
私は自分に都合のいいことはすべて女の作法ということにしています。
ホステスたちはそういうが、金を弾むといえば乗ってくる。
いろいろな男性とセックスして、深い快感を味わうと、自分には何も欠陥のない女なんだと思うことができるのです。
とイチモツに言い聞かせたような次第で。
液体に滑って、気付いた時には彼の指は付け根まで深々と私の中に潜り込んでしまっていたのです。
「お、おい。麻美くーん」
やっぱり彼女の尻の動きが一番いい。
だが少年だった私は、まだ恋愛感情などはもたず、遊びの相手になることもなかった。
新しい職楊は老舗の一流のシティーホテルで、旅行者だけでなくビジネスマンの商談などにも使われました。
「わたしは生きています。
うぶなエロジジイをなじみ客にしたいという態度が見え見えです。
取次の女中にいわれ、内庭を通りそっちへ行った。
二人で、愛らしい姿を見ていると、娘が照れて下を向いてしまう。
でも『お金がない』という悩みを抱えるようになった私は、その後、今までの自分ならとても考えられないような羽目に陥っていってしまったのです。
「さあオマ×コを見せて」
「さあ、オレのもしゃぶってくれよ。舐めっこしよう!」
苦痛に耐えかねたのか、這って逃げ出すような素振りも見せますが、容赦はしませんでした。
逗留して十日ほど経った頃でしょうか。
溜まっていく愛液をすくい上げては私の割れ目に塗り込めていく半多氏。
「ああーっ、あい一っ」
私は吉崎さんの指にまとわりついた、自分の淫らな匂いを嗅がされて、思わず恥ずかしくなり顔をそむけました。
「えっ? いえ」
メンスの時にしか意識しなかった自分の秘処が、身をよじるほどの快感に包まれ、自分の方からもっと貪るようにシーツの上で下半身を嫌らしく動かせてしまったのです。
お手伝いさんも優雅で美しく、言葉遣いに教養の高さがうかがえる。
私はサチコの求めるものの倍額を手渡してやり、

サディスティックM男調教【女医&女社長編】

サンプル動画

女体悶絶実験病棟 5

タイトル: 女体悶絶実験病棟 5
キーワード: 看護婦・ナース、拘束、凌辱、クンニ
女優: 青空小夏、大槻ひびき、小野ユリア
メーカー: MAD
レーベル: 林

ネットの口コミ

男は人生で三度旬を迎えるなどと申します。
そこでようやく口かも引き剥がし、もとの抱き合う体位に戻ってキスをしかけてゆきました。
「見ろ」と言ってみたり「見るな」と言ってみたり、女性というのはなんと不可解な生きものだろうと首を捻りました。
仕事人間のペニスというのは、生ぬるいんだそうです。
したいなら、したいとはっきりいえばいいのに、まるで小説かなにかのヒロイン気分に浸っているのだろうか。
「いいですね、その調子。でも、少しだけ直すとしたら…」
私は担当課長を五一七号室に放り込むと、ホテルの一回のエレベーター乗り揚の近くで女を待つ。
教会の外で待っていると、松山先生と純白のウエディングドレスに身を包んだお嫁さんが出て来ました。
肛門にも視線を注ぎましだ。
「そんなこといわないでください」
そして声をかけられると、簡単にホテルへついていきました。
「あふん、ああ、すごくいい……」
それと一緒に、なんだかむず痒いような感じも拡がってきて、
彼女は呆然としています。
彼女の口廻りも唾液で濡れていた。
「お兄ちゃんたら、最近はちっとも寄り道しないんだもん」
だいいち、そのころの私は無職で、彼の稼ぎで食べさせてもらっていました。
確かに「やめてください」と言えばいいだけの話ですが、私は部署でもあまり成績がいいほうではなく、下手にことを荒立てるとリストラされてしまう可能性さえあるのです。
つまり一言で言ってエロ度が低いのです。
「どうした、未だ出ねえか?」
「じゃんじゃん飲んでよ。僕が、みんな払うから。何か食べる?」
私にお札を握らせた貫井氏は、肩にかけた腕にグッと力を入れて自分の体に引き寄せると、もう片方の腕で胸の膨らみを弄ってきました。
「ホントに憎らしいのだから..
いくら酔っていたとはいえ、良心の呵責に苛まれないはずもありませんでした。
「あーら、お二人さん、やっぱりイケナイことしてたのね。もう、お仕置きよ!」
乳房の谷間に汗の玉を滑らせながら、ゆっくりと腰を浮かせ、亀頭はそれでも膣の中におさめたままで、ゆっくりと背中を向けました。
シャワーを浴びている間中湧き出して止まらなかった愛液もすっかり干上がって、パンティには冷たい強張りが残っているだけ。
「ここに座っていいかね」
二十年以上、セックスなど御無沙汰していたこともあって、私は男と女の営みがこれほど悦びを与えてくれるものとは、生まれて初めて知ったのです。
「よかったら、二人でどこかに行きません? ここは何だか息苦しくて。あれを見てると」
私はそんなに飲めるタチではないのです。
皆さんお分りだろう。
「お帰んなさい」

女体悶絶実験病棟 5

サンプル動画

4種混合乱交

タイトル: 4種混合乱交
キーワード: ハイビジョン、独占配信、デジモ、女装・男の娘、3P・4P、ニューハーフ、乱交、淫乱・ハード系、DVDトースター
女優: 大槻ひびき、ELENA、LISA
メーカー: ムーディーズ
レーベル: MOODYZ ACID

ネットの口コミ

「まあまあ、そう怒るなよ。僕が愛してるのはキミだけなんだよ」
使用人たちもなにかほっとしたようすで、これからは兄弟力を合わせて会社を盛り立てていってください、などと言ってきました。
すると大家さんはまたまた意外な行動に出ました。
肌も血管が透けて見えるほど薄く、なめらかでした。
私の仕事はセールスだ。
「はうっ」
女はスリップを脱いだ。
ヒックヒックと泣きながら、途切れがちに、今までの想いを一気にぶつけるように私は先生に訴えていました。
私は、加奈子の股ぐらに手を入れ、湿地帯を突き進みました。
「このままじゃ、また、病院に……」
私は化粧をし、大胆な服装で街をさまよい見知らぬ男性から声をかけられるのを待ちました。
とでも言いたげな顔でした。
自分のメンツを保つため、夫は親類縁者にも友人にもひた隠しにしておりましたが、離婚をしたのも実は私の浮気が原因でした。
時間を潰すのは得意ではないので、私は玄関のチャイムを押しました。
ラケットの面に当たるボールは、俺の頭上を通り、フェンス越えをしてしまった。
うす暗い照明では、美登利の顔が少女の頃と変わってないように見えて、挿入後は一段と硬度を高めていった。
それは江ノ島の土産物店で買った貝殻のペンダントで、決して高い品ではありませんでしたが、早くも彼にのぼせ上がっていた私は大感激でした。
そして、公園のトイレに誘い、個室に入る。
とはいえ、完全な密室ではありません。
婚家先の伝兵衛に呼ばれ、何を言われるやらと心配しいしい行ったところ、離縁の理由は、娘の糸子が夫婦の睦事の度に寝小便をする…とてもこんな嫁は置いとけないというのである。
「うん、そうよ。あなたに協力してもらおうかな」

「いいじゃないの、散々舐めさせておいて嫌もないだろう」
「オレもひとりなんだ。よかったら、いっしょに飲まないか?」
アッと思った瞬間には中に手を入れられて、アレをムンズと掴まれてました。
こんどは退屈になって、夜ともなると、飲み屋の暖簾をくぐるようになりました。
「石井さんはどんなダイプが好み?顔?体格?それともテクニック?この人なんか、どう?身長は百七十弱。中肉中背。見た目は普通だけど、あっちが凄いの。普通の時はそうでもないけど、勃起するとびっくりするくらいの大きさになるのよ……」
乳房が私の胸でつぶれて苦しそうにもがいています。
朦朧とした意識で何とか目を覚ますと、目隠しは外されていましたが、手錠はかけられたままでした。
歳が一番若い、といっても五十代半ばだが、ということもあるのだろう、男達は彼女に対して猛烈なアプローチを仕掛けていく。
「昨日はどなたかお客さんでしたの?」
を連発し、さっきまでの理性のかけらもない。
「さっそく、裏を返しに来てくれたのね」

4種混合乱交

サンプル動画