フィニッシュ寸前の超気持ち良いSEX 307連発

タイトル: フィニッシュ寸前の超気持ち良いSEX 307連発
キーワード: 独占配信、4時間以上作品、ベスト・総集編、顔射、アナル、中出し
女優: 吉沢明歩、竹内あい、初美りおん、あいだゆあ、小沢麻緒、さなえ、橘ひなた、美咲結衣、あやせめる、沢アリサ
メーカー: ROOKIE
レーベル: ROOKIE

ネットの口コミ

教室を終えて駐車場に向かう私を呼び止めたのは、なんと智子さん。
「いいえ、一生馴れることなんかないと思うわ」
あの時の私がまさにそうでした。
しかし、その真っ白な太腿は、むっちりと肉付いていて、なんとまあ女くさいことか。
それでも膨らみ加減は十分把握できる。
「そっちを向いていて下さい、恥ずかしいから」
妻は私を拒んでいる。
それに弘美の話では、私が先生と初体験をしたあの頃、先生は他にも何人かの女子生徒に手を出していたということでした。
肉棒を受け入れた瞬間の彼女の悦びは、本人も記憶していないくらい無我夢中に思えました。
食べないから体力はどんどん落ちていく。
夫も、かなり抵抗があったようですが、お姑さんからの命令のため、仕方なかったようです。
目を見張りました。
奥さんを亡くしてすでに三年。
私は教育者として、いや、人間としτ最低の行為をしてしまったのです。
ジュッボジュッボと彼女の口内からヨダレが溢れ、棒アイスを舐めるような行為をした。
私は朝寝坊タイプで午前十時までベッドにいるが、彼女は二ワトリのように早起きで早朝の四時には床を出て朝食の準備を始める。
私自身はホテルが社員寮として借り上げているアパートに住んでいました。
俺は女に確かめる。
思ったとおり、娘は大喜びです。
「本当ですか、マァ嬉しい……実をいうとおらも後ろからされるのが好きなの」
果たして、夜這い役をやらかしていいものか。
人からは、美人だとか、若く見えるだとか、おだてられることもたまにはありますが、それでももう実際は三十代も後半で中年に差し掛かっている私です。
舐め回された肌からは生臭い匂いがする。
シックスナインは、私と夫の寝室では余り取り入れられない愛戯でした。
予想が確信に変わって彼女の背後に回りこみ、ゆっくりと振り向かせて唇を重ねました。
「そのまま、じっとして」
私にだって私の世界はあるのよ。
後ろから抱き寄せ、うなじのあたりに唇を付けたのです。
脳天まで貫いていった強烈なアクメの連続……。
S婦人は確かに美しい人だった。
外廊下には各家庭の風呂場の窓しかなく、中の様子が全く解らなかった私は自宅に戻り、今度はベランダに出てお隣をそっと覗いてみました。
お手伝いさんは、ニヤニヤしてなかなか教えてくれない。
私が昂りを深めるにつれて、サチコの奔放さも増していく。

フィニッシュ寸前の超気持ち良いSEX 307連発

サンプル動画