大橋未久8時間BEST

タイトル: 大橋未久8時間BEST
キーワード: 独占配信、潮吹き、中出し、3P・4P、単体作品、ベスト・総集編
女優: 大橋未久
メーカー: ムーディーズ
レーベル: MOODYZ Best

ネットの口コミ

四十年以上も務めた教職を定年で退官し、「これからは趣味に生きるぞ」と家族に宣言して、釣りだ、社交ダンスだ、パソコン教室だ、と手当たり次第にかじり始めたものの、しかしどれも長続きせず、辿り着いたのは市で主催している陶芸教室でした。
あえぎともうめきともつかないようなくぐもった声を洩らしつつ、目のふちに涙をにじませていました。
「あは…あん…すごくいい……。松岡君、素敵よ。あたし、もう死んでもいいくらい」 大家さんのつぶやいた言葉でますます調子づき、折檻でもするように激しく抜き差しさせました。
「こんなすてきな太腿は、世界中探しても見つからない」と私がいえば、里子も身をよじりながら、「ああ、いっぱい舐めて」と答えました。
「よし!」
「ありがとう、全部渡辺ざんのおかげです」
その夜、風呂上りの妻は、それまで私が見たことも無いような下着を着けて私の前をこれ見よがしに歩いた。
「いいよね…」
私が教えた『女の作法』です。
私はそれらしい女が集まる繁華街を物色する。
しかし、もともと気丈なタイプなので、しばらくすると冷静に検査の結果を受け止めてくれて、私にそれまでのことを詫びてくれました。
初心者だとバレるのを覚悟で聞きました。
「ワインのコレクションにはちょっと自信があるんですよ。
すると麻美本人が出ました。
「自分の指で、アソコを触れよ」
と、妻の横顔を見て、そういえばここ半年余り妻の顔をよく見たことはなかった。
今どきの基準に照らすと、決して贅沢な住まいとは言えませんが、当時の私の目には、充分に豪華に見えました。
やがて女は自分の身体のあちらこちらを触っては悶えはじめました。
ただし、残念ですが、肛門に器具を挿入するために、年を取った団塊エロオヤジには、少しハードなプレイとなります。
娘の糸子は今年十八。
「知っています」
同じ4LDKの間取りなのに、夫人のお宅は絵に描いたような成金趣味の家具で溢れ、いき苦しくなるぐらい重圧感がありました。
「ノーコメントです」
「ひええええええ一、き、きついっ。ああ、いっぱいよ、あなた!」
物静かな方で、乱痴気騒ぎしてる運中とは一線を画している感じの美人でした。
馬鹿にされないようにと強がりを言った私ですが、そんなに、女性との、しかも玄人との経験などあったわけではありません。
「とりあえず、試してごらんなさいよ」
私たちは黙ったまま歩きはじめました。
あまりの刺激に頭の中が少しずつ霞みがかかったようになっていきました。
「ええ、もう私たちは他人じゃないんだから」
するとご主人は、私が予想してなかったことを言い出しました。
そして俺にささやきかける唇が厚ぽったくて吸いつきたくなってしまう。
東京に生まれ育ち、夜の新宿の盛り場でもしばしば飲み歩いてはいた私だが、当時、俗に『二丁目』と呼ばれていた新宿の赤線へは足を踏み入れたことがなかった。

大橋未久8時間BEST

サンプル動画