THE BEST OF 大橋未久

タイトル: THE BEST OF 大橋未久
キーワード: ベスト・総集編、拘束、独占配信、単体作品
女優: 大橋未久
メーカー: アタッカーズ
レーベル: Attackers BEST

ネットの口コミ

「ほら、内海さん、この部分がまだ塗り終わってないわ」 釉薬を塗っている私にぴったり寄り添って世話を焼いているのは五十五歳の喜美恵さん。
髪を結い上げた襟足の湿った肌から、甘く艶めいた汗の匂いが漂ってきました。
「指を動かしてみてご覧なさい」
縁側で一緒に庭の花なんかを眺めながら、じわじわお互いの体をまさぐり合ってゆくというのが好きなんですね。
いやらしい気持ちなど、少しも持っていない。
私は下腹部が熱くなっていくのを感じていました。
私は、呆然とするしかなかった。
そして卒業してからも連絡を取り合っていた弘美を呼ぴだし、スナックで飲みながら松山先生の話をしたのですが、その時、弘美は二年生の時に松山先生とすでに関係を持っていたことを話してくれました。
小さく答えると、加奈子は部屋の隅ですぐに脱衣にとりかかりました。
「じゃあ、死にはしないが、生き返るには、元気になるにはアンタの…」
私は、取りつかれたように毎晩毎晩相手を変えてセックスしていました。
叫んだ彼女が究極ともいうべき技で応えました。
と思わず怒鳴り声をだせば、相手も
彼女の排便が終わったのを見計らい、私はトイレットペーパーをたぐり寄せたのです。
パンティのゴムを指で掴み、薄皮を剥がすようにゆっくりと引き下ろした。
しかも男女交際が発覚すれば、桃色学生として退学処分にさせられることも珍しくはなかった。
「高橋さんのお宅ですね?」
雨の降る日でした。
いつまでも、咥え続けさせるのもかわいそうなので、発射モードに切り替えて、フィニッシュとしました。
「フンフン、ハーハ一」息を弾ませ、腰を突き上げながら、
さほどに器量がよく、従順そうで大人しい。
おぞましい手で乳首をつままれると、そこが感じやすい私は貫井氏の腕の中で体をピクンと震わせてしまいました。
そこじゃないと首を振り吐き出すものの、
そうは叫んでみたものの、口と肉体は裏腹でした。
三人も四人も寄ってたかってアレに手を伸ばしてくるんです。
ガムを噛むような音が割れ目から漏れていました。
だけど、しばらくしで、見知った顔に出会った。
彼女の口からそんな言葉が出るなんて、まったく予期しない話だったからです。
もちろん彼の挿入の感覚はかなり慣れていたはずなんですが、いつもよりずっと子宮に響く刺激が深いのです。
「じゃあ、布団を」
お酒の味がする口で唇を塞がれ、舌を吸われながら逞しい腕で着ているものを剥がされていきました。
それから三時間ばかり、俺と奥さんはベッドルームで激しく抱き合った。
延長したっていい。

THE BEST OF 大橋未久

サンプル動画