アズビアン

タイトル: アズビアン
キーワード: 3P・4P、クンニ、レズキス、独占配信、レズ
女優: 桐原あずさ、川上ゆう、飯倉えりか
メーカー: Milf/妄想族
レーベル: Milf/妄想族

ネットの口コミ

「いや! あなたのような浮気な方には何も許してあげない」
「そんなこと言うなよ。俺ひとりじゃあ、手がまわらないところもあるのだから」
サラリと言った大家さんでしたが、もしかしたらそれが欲情した未亡人の熱い願望だったのかもしれません。
肌も血管が透けて見えるほど薄く、なめらかでした。
その相手が俺だったというわけか?
「あああ、ああぁん、うふうん…」
分かっているよね」
「可愛いよ…」
というような挨拶をきちんと仕込んでみよう。
「恥ずかしいなぁ」
お姑さんとの仲も、同居でないためそれなりに上手くいっていました。
嘘ではなさそうでした。
だから、このまま、何もなしということに……」
そんなことはわかっていても、聞かずにはいられませんでした。
サラサラと流れるように彼女の背中まで拡がった。
 黙ってうつむいてたお下げ髪
(今度こそ素敵なエリート男性を捕まえるわ!)と張り切りました。
すると彼女は、中まで取りに来て欲しいという。
思ったとおり、娘は大喜びです。
糸子は白目を剥いて踏んぞり返ったものの、肝心の小便は未だ洩らす気配もない。
「えっ?」
と囁いてきました。
「と言うことは彼女たちと遊ぶのも、昼間ということかい」
怒りに駆られ常軌を逸していたとはいえ、この私が浮気をするなんて思ってもみませんでした。
仕方なく平手を飛ばしました。
白い指に包まれたとき、私は傘を手から落として、射精してしまったのです。
なのに、その律子さんが車内の男とキスをしていた。
彼女の前に差し出したのです。
夫が生きているときから、夫の愛人に対する意地もあって、女としての身だしなみには充分気をつけてきたつもりではありましたが、やはり、六十二歳の肌身をさらすのは恥ずかしく抱かれるということは、私にとってとても勇気がいると申しましょうか……躊躇したのは確かです。
「ええ、もう私たちは他人じゃないんだから」
木原さんの奥さんも、彼に抱かれた体が、子供と夫を捨てる決意を孕んだのだと思いました。
「痛い、奥さん」
ことに実家がすっかり零落してしまったのが致命的で、それこそ食うや食わずの状態だったのである。

アズビアン

サンプル動画