ディープレズビアン 8時間SP 2

タイトル: ディープレズビアン 8時間SP 2
キーワード: 美少女、レズ、巨乳、4時間以上作品、熟女
女優: 北条麻妃、結城みさ、川上ゆう、中森玲子、上村あずさ、あずみ恋、篠原美咲、小沢優名、愛音麻友、小宮山せりな
メーカー: クリスタル映像
レーベル: CRYSTAL EX

ネットの口コミ

インテリジェンスあふれる豊満な肉体の持ち主で、触れ合っている腕からは体の温もりがほんのり伝わってきました。
まあ他愛ない話ですが、つまり彼女は、けっして父を愛していたわけではない、と言いたかったのかもしれません。
「こらこら、何をするのかと恩ったらこの子ったら。んもう、いけませんよ」
あとで聞いたところによると、亭主のちんちんはなかなかちゃんとした固さにならなくて、それがなんだか空しく、そのうち咥えるのがいやになってきたのだとか。
「でも?」
「ああ、ステキだね、真佐子、気持ちいいよ、ああ、僕も、このまま…ああああ」
「君は感じ易いんだね」
「どうしても先生に逢いたいんです」
両脚がわなわなと震えているのが、たまらなく、私の加虐的な気分を刺激します。
私はそれらしい女が集まる繁華街を物色する。
子なし三年は、嫁とは言えない。
強烈な刺激に思わず声が出ました。
最後は決まって大喧嘩。
「あっ……」
ついでに、彼女の歯肉も奥までなぞった。
だから私たちは、通学のさいも人目を避けるよう気をつかったものである。
私は純白のエプロンを着け、研修で教えられたとおりに、注文を聞いたり食べ物や飲み物を運んだりしました。
ところが、それを変態性を満たすための道具にしていたとなると、スッキリするほど理解出来るではないか。
つまり一言で言ってエロ度が低いのです。
調子に乗ってさらに突き捲ると、
よっぽど強烈な精神作用があったようだ。
おぞましい手で乳首をつままれると、そこが感じやすい私は貫井氏の腕の中で体をピクンと震わせてしまいました。
と続けた。
「子供たちはもう寝たか?、なあ、今夜いいだろう、江利子」
添乗員用の狭い部屋で一人黙々と飲んでいると、
枕元の小さな電気スタンドの明かりに、形のいいお尻が映えて、赤い筋の走ったような谷間と菊の蕾、そして剛毛に縁取られた陰唇が濡れ光っているのが見えたのです。
ぐっと肉壁を押し出して指の動きを封じ込めながら、虫を溶かそうとするように、ぬるぬるの粘液をじゅくじゅくと湧き出し続けるのだ。
「だけど、パンパンはアソコがガバガバだっていうぜ」
「どう? いつもよりずっと感じてるんだろう? 今度はどうして欲しい?」
週に二回、決められた時間に通い続けた私はしばらくするとその句会に異様な雰囲気があるのに気付いた。
けれど、その後ご主人は私を避け続け、そのうち奥さんが退院してきてしまいました。
ある穏やかな昼下り、俺は成城の高級住宅街の一角にある豪邸に目をつけ、インターホンを押し、用件を告げた。
それはそれで無理からぬところでもあったが、その不愛想ぶりには私も腹が立った。

ディープレズビアン 8時間SP 2

サンプル動画