お下品変態指数MAX たっぷり指挿入のオナスぺ 4時間

タイトル: お下品変態指数MAX たっぷり指挿入のオナスぺ 4時間
キーワード: オナニー、その他フェチ、指マン、4時間以上作品
女優: 北川瞳、JULIA、風間ゆみ、篠めぐみ、七緒果帆、麻木莉恵、木咲美琴、来栖ひなた、山口サトコ、早乙女ルイ
メーカー: ワンズファクトリー
レーベル: WANZ

ネットの口コミ

「誰が本命なのか」
「そんなことしたら……」
悲鳴じみた声を放って大家さんが仰け反りました。
すぐにいってしまい、それから立て続けに五回も六回もそのわななきを繰り返しました。
「だ、だい、じょう、ぶ…、もっと、し、め、て…」
奥を突かれると痛くて、私は夫とのセックスがどうしても好きになれませんでした。
私はミカの言葉を受け容れるしかなかった。
私は先生と彼女の初夜のことを考えると、切なくて胸がかきむしられる思いでした。
「ああ、たまらない。加奈子さん、ここにキスをしてもいいですか」
私は街に出て、飲ませてくれる女を探すことにした。
病院へ向かうときと、帰るときとは、私たちの.様子は逆転しました。
「いじめて。もっといじめて!」
何度も何度も誘われて、断り切れないところまで引っ張ったのは、彼がセックスを期待しているのだと分かっていたからです。
私はその時、初めて彼女がファザコンであるということがわかりました。
表情は、すまなそうに謝っているようだ。
当時は、現在ほど不審者の心配はなかったが、冬など日没が早いので、家へ帰りつくまえに真っ暗になる。
私は二つ返事で応じました。
その上、四十路半ばくらいの美人女将が、付きっ切りで面倒を見てくれる。
大人のオモチャ屋に行くと、ドライオルガスムス関連の器具「アネロス」が何種類も展示されて、売られています。
紫色した塊物の先で、ヌラヌラになっている空割れを擦り擦りジワジワジワジワッと一寸刻みに陰門の中へ押し込んで行く。
リビングの明かりを灯して、ママさんが小さな声で
「こりゃ感度のいいケツ穴だね。奥さん、マx汁がこんなに太腿に垂れてきちゃって」「ああ…やっぱり嫌。指を抜いて……そ、そこは嫌……普通に抱いて……」
「あら、いやだ。計画的だったのね」
そればかりか、
苦痛に耐えかねたのか、這って逃げ出すような素振りも見せますが、容赦はしませんでした。
湯の中で、綾乃の陰毛が海草のように揺れておりましだ。
「あっ……」
「ああ、楽しみにしてるからよお」
私が再びアクメを迎えた瞬間、吉崎ざんから放出された液体が喉に注ぎ込まれました。
時折乱れた裾から脹脛が覗いたり、襟足の項が垣間見えたときなどドキドキするほどの興奮を覚えてしまう。
ですから、アルコールでクラっときた時、木原さんの腕で抱えこまれた私は、そのまま布団に連れていかれても、自分の考えがついてきませんでした。
そして俺にささやきかける唇が厚ぽったくて吸いつきたくなってしまう。
はるか昔の話である。

お下品変態指数MAX たっぷり指挿入のオナスぺ 4時間

サンプル動画