被虐のアナル奴隷犬 川上ゆう

タイトル: 被虐のアナル奴隷犬 川上ゆう
キーワード: デジモ、3P・4P、アナル、調教・奴隷、熟女、ハイビジョン、独占配信、単体作品
女優: 川上ゆう
メーカー: マドンナ
レーベル: Madonna

ネットの口コミ

接吻まで行った波恵さん。
「園長先生になるの?」
「あは…あん…すごくいい……。松岡君、素敵よ。あたし、もう死んでもいいくらい」 大家さんのつぶやいた言葉でますます調子づき、折檻でもするように激しく抜き差しさせました。
ただ、その夜はもう、触る前からたっぷり濡れていたわけだけれど。
「そのまま絞めて、お願い」
そう尋ねると、渡辺さんはちょっとだけ寂しげな表情で答えました。
しかし、これが仕事だ。
先生のことを思うと、いつになく私のクリトリスはピクビクと敏感に反応して、あそこが熱く濡れてきます。
私が、大田区の高級住宅街で生まれ育ったから、勝手にそんなイメージを抱いていたのでしょうか。
私は飲み千しながら満遍なく穴の入り口を探る。
夫は、真面目な人でしたから、セックスもとても消極的で、そんなに激しいことはしない人でした。
「いやーん、そっちはだめえ。恥ずかしい」
「ええ、お願い…」
「先生が君のお尻を拭いてあげるんだよ。遠慮しなくてもいいからね」
やっぱり彼女の尻の動きが一番いい。
ということは、まさか独身のまま通したのだろうかと胸騒ぎがした。
都会で素敵な男性と巡り会うことを期待していたのに、職場にいるのはオジサンばかり。
私はチューハイを飲みながら奇妙な興奮を覚えていた。
個室での全裸プレイと違って、ボックス席での尺八は、気が散るのか発射までの時間が長くなります。
「エエ、そうよそうよ、アーッ、だんだん洩れそうになって来たわ……でも旦那さんは突くだけじゃなく、お乳も吸ったりつまんだりするの……」
たぶん、田舎者と思ったろう、S町は山あいの田園地帯だ。
「こりゃすごい締め付けだね。マxコみたいなケツ穴だなぁ。ほおれ、もういっぺんケツの穴でイキなって」
「ふう~む…」
私は、それきり口をつぐんでしまいました。
尻をユサユサ揺らして彼女が悶えます。
「んんっ、ああっ」
「とりあえず、試してごらんなさいよ」

指の腹が皮膚を這うほんの瞬間の気配きえ、背筋がぞくっと粟立つよケな快感に繋がるというのでしょうか。
おぞましいとも受け取れる光景だが、いくつになっても、いや、歳を取れば取るほど人間という動物はそういうものかもしれない。
何も割ってないお酒が、食道を熱く灼きながら胃に流れていくと、たちまち体の奥がカーッと火照りだしました。
「ああダメ~、もっとしてぇ」
と誓うように言った。

被虐のアナル奴隷犬 川上ゆう

サンプル動画

鼻責め・鼻浣腸3

タイトル: 鼻責め・鼻浣腸3
キーワード: 凌辱
女優: 金子きい、稲葉ゆい、北川エリカ、吉倉いずみ、荒木ひかる、松すみれ、深田梨菜、川上ゆう
メーカー: 中嶋興業
レーベル: 中嶋興業

ネットの口コミ

ただ、経営にはほとんどタッチしていないらしく、暇つぶしで陶芸教室に通っているとのこと。
「ああ、もっとつよく抱いて」
ビッと吹き出した精液は大家さんの頭にまで飛散し、手淫では決して味わえない至高の悦ぴに全身が震えました。
そういう夫婦もあるのですね。
「えっ、いいんですか?」
私は渡辺さんにされるがままです。
そして女は、挑むように言った。
それは先生がベッドの上で相手の女性と裸で抱き合ってセックスをしている、すごくリアルでエロチックな夢でした。
あるいは、
そして私はホテルに連れ込み、思う存分、飲み千すのだった。
ことあるごとにお姑さんは私を罵倒しました。
と面食らって聞いても年増ホテトル嬢はニヤニヤ笑っているだけ。
固く閉じた裂け目をくつろげるようにゆっくりと液体を塗り込んでくる彼の指に、私はあっという間に骨抜きになってしまいました。
麻美という学生で、学習態度も実に真面目な女性でした。
ネットリとしてフニャフニャした柔らかな感触が気持ちいい。
それと同時に、美登利へ東京に遊びにこないかと手紙を出したことがある。
関西から横浜に移って荒稼ぎしていたところ、うっかり指紋を残したことから捜査の手が伸びて、とうとう尻尾を掴まれたのです。
いつまで経っても尾行は巧くならないが、それでもいいと思う今日この頃だ。
そこで、エロ度の濃い娘をゲットしたくて、そろそろ新規開拓の店でもとインクーネットで探していると、自分好みのサロンが一軒見つかりました。
「治リたいけど」
「遊びに来たの?」
貫井夫人は、色々と騒動ばかり起こしでいる元東南アジア国の大統領夫人を思わせるような容姿で、人生の先輩だと言われてもファッションセンス一つとっても見習いたいところなど全くありません。
そして驚いたことに目を閉じている千葉氏に近づくと、べったら漬に似たように力を失った肉棒を愛しそうに拭う。
正直、私は自分が”無”になれるセックスが大好きでした。
物静かな方で、乱痴気騒ぎしてる運中とは一線を画している感じの美人でした。
飲み屋が数軒と、潰れかかったパチンコ屋があるくらいでした。
三日目には洗濯物をたたみながらついパンティの中に手を入れてしまって、このままでは身が持たないと憂鬱になり始めたその夜更け、律子さんから携帯にメールが入った。
私は手早く体を流し、彼女の横に滑り込んだのです。
前戯も長く、濡れないのではないか……と不安がる私を充分感じさせてくれる営みです。
私は微かな憐憫を覚え、そして多少の酔いも手伝いこういってしまった。
何も割ってないお酒が、食道を熱く灼きながら胃に流れていくと、たちまち体の奥がカーッと火照りだしました。
今度は俺が責めにまわった。
幸恵の目が妖しい輝きを帯びだし、口元が淫らに歪んできた。

鼻責め・鼻浣腸3

サンプル動画

美熟痴女の温泉ツアー

タイトル: 美熟痴女の温泉ツアー
キーワード: 痴女、乱交、熟女、3P・4P、フェラ、独占配信、ハイビジョン
女優: 風間ゆみ、北条麻妃、結城みさ、川上ゆう、村上涼子
メーカー: 美
レーベル: DELUXE

ネットの口コミ

五十八歳の未亡人ですが、ほっそりして品のいい顔立ちのせいかまだ四十代半ばにしか見えない美人です。
「おまえも、ずいぶん偉くなったものだなあ」
それだけに夜行列車で上野駅に降り立った時は慣れない都会での暮らしに不安を抱きながらも、立派に大学を卒業して必ず一流の会社に入ってみせると決意を新たにしたものでした。
こんなじじいのペニスでも、里子にとっては、夢にまで見た「ちゃんとしたちんちん」だったらしい。
私はそんな乳房を揉みながら、顔を押し付け、乳首を含む。
舌が蕾を軽くなぞります。
「そうよ、キャッツアイのユキよ」
私はそれまで、秋本君の家には何度か遊びに行ったことがありましたが、その日は特別な気持ちを感じていました。
出会いの瞬間、私はこれが運命かと思いました。
最初は微かだった潤いも私が舌を伸ばして探り続けるとねっとりとした蜜がとろりとあふれ出てきた。
お姑さんとの仲も、同居でないためそれなりに上手くいっていました。
しかしグッと堪えました。
それでも、彼は私の肩を抱いたまま、かまわずに指を進めてきます。
そうは言うものの、ブパッ、ブバヅという放屁の音とともに、便器を叩きつけるような液状便が出ているのです。
白濁した愛蜜がまとわりついている。
「二年間あまり、いろいろとお世話になりま心たが、私には東京の水は合わないようなので、田舎へ帰って余生をおくろうと思ってますが許してくれますか」
私はその日のために精一杯のお酒落をしていましたが、照雄は
「なんでも、風呂場でさ、身体中に魚のアラを塗り付けてオナニーしているらしいんだよ」
つまり一言で言ってエロ度が低いのです。
娘の婚家先の伝兵衛と村で一、二を争う身代持ち、藤右衛門大旦那。
ビールをついでくれたのはママさんで、娘のほうは何もしない。
射精の自制が効くのか、貫井氏はなかなかイカない勃起した男根で私の肛門を犯し続けてぐるので、自分でも回数が判らなくなるぐらい何度もアクメに達してしまいました。
「あはは……京子夫人はボクのお手つきだよ。彼女は酒もあっちの方もつよいぜ~。しかしキミと穴兄弟になるのもねえ」
私は夕方になると黒いコートにサングラスといういでたちで、夫が勤める警備会社に出かけてゆきました。
ですが、温泉に入った直後とあって、オマ×コ特有の卑殺な臭気は残っていませんでした。
「花でも引いとるんとちゃう?」
泥鰌の頭が割り込もうとしているみたいだ。
先に精算をすますと、女性は急に愛想がよくなって、
腰を突き入れられるごとに、狂おしい気持ちが自分でも恐ろしいほど高まっていくのがわかります。
とはいえ、仕事一筋で生きてきたこれまで暇ができればパチンコに行くか酒を飲むくらいのものだったからいざ何かをはじめようとしてもさっぱり思い浮かぱない。
「あ…あああ」
「……」
幸恵も最後に、なけなしに近くなった私の金のうちから『手切れ金』まで要求して、後ろ足で私に砂をかけるようにして、いずこともなく立ち去ってしまった。

美熟痴女の温泉ツアー

サンプル動画

熟メス後背位44人

タイトル: 熟メス後背位44人
キーワード: 中出し、輪姦、ふたなり、デジモ、熟女、黒人男優
女優: 友田真希、澤村レイコ、於見悦子、福本澄子、広畑加代子、横田美樹、浅倉彩音、宮田まり、関口恵都子、小池絵美子
メーカー: グローバルメディアエンタテインメント
レーベル: SUPER MIX

ネットの口コミ

鼻にかかった声がちょっと色っぽい方ですが、彼女とはほとんど言葉を交わしたこともなく、予想外のことでした。
と、私の顔の横に置いた手を立てて上半身をのけ反らせ、わななくようにからだを震わせたかと思うと、次の瞬間がくっと力が抜けて私におおいかぶさってきました。
よじれながらまとわりついてくるヒダ肉の感触が卑狼で夢中で掻き回しました。
私は苦笑いして、「うん、そうだよ」と答えました。
「なにも?」
すでに閑経してる私にとって、膣中で出されてもなんの問題もありません。
その日、私は一日中、胸を掻き毟るような嫉妬の嵐を耐えなければならなかった。
「本当にいいのか?」
しかし、私たちには、いまのところ、終わりが見えません。
総じて商売女の蜜は粘度が低く、昧も薄い。
石女。
暗褐色のケツメドから精液がジュルッとあふれだし、それからしばらくは抱き合ったまま余韻を味わった二人でした。
だのに、夫は淡泊でしかも早漏だと知ったのも結婚してからのこと。
思い詰めるタイプだけに、冷たくすると何をするかわからないと思ったからです。
しかし、葉月と別れて一週間も経つと、淫心が沸き始めてしまった。
若草に並んで座り、
などと褒めることを忘れず、私をすっかりいい気分にしてくれました。
「お金を恵んでくれ」
「どうした、もっとしっかり咥えんか」
「ウウッウウッ、糸子、わしも…」
「へえ、それで?」
というよりはっきり言って、見るからに下品な成金趣味のこの中年夫婦を嫌ってました。
その肉を舌先で弾く。
猛烈に熱り立った股間が、強引に私の口に入ってきました。
「あはん。そこ……あ、ああ、あたし、どうにかなりそう」
「あああっ」
確かめたくて仕方がない。
彼女は、衣服で体をかくし、浴室に消えて行きました。
「何?……何なの? 吉崎さん?」
私が気付かなかっただけかもしれないが、肌の色もその艶やかさも十二分に整っている。
もう殆ど夫婦生活もなくなっていた私は、自分の体が久し振りに人の手で弄られる感触に反応してしまい、理性よりも相手の指の動きしか感じられなくなってしまったのです。
当時、二十五歳だった俺は証券会社に勤めていた。
その赤線が公娼制度の廃止とともに姿を消したのは昭和三十三年四月一日以降だから、六年ほど前の昭和二十七年といえば紅灯の賑わいには盛んなものがあった。

熟メス後背位44人

サンプル動画

TABOO 01 川上ゆう

タイトル: TABOO 01 川上ゆう
キーワード: 単体作品、近親相姦、義母、騎乗位
女優: 川上ゆう
メーカー: プレステージ
レーベル: アンサンブル

ネットの口コミ

いわば、男としてモテる時期が三度あるというわけで、そのタイミングは人それぞれのようですが、私の場合はまさに今が旬かも知れません。
「あなたが近くにいるから…」
その頃には私と大家さんとのセックスはすっかりマンネリ化していて、かつては毎日だったのにいつの間にか二、三日置きになり、半月以上何もないこともありました。
本気でフェラチオをしたのは十年ぶりだと言っていました。
しかし、余り長く紋めていると、定子の命を奪いかねない。
夫は若い頃から大のゴルフ好き。
「はい」
先生のモノが私の中に入って来た時、私は思わず、
淫らな四文字を口にするとき、女性は幾分のためらいをみせるものですが、加奈子は肩で激しく揺すりながら、迷わずに呻きました。
「アンタの愛液を啜ってみたい」
私は、従わざるをえませんでした。
乾いた悲鳴を放って年増ホテトル嬢が仰け反りました。
真っ直ぐに目を覗き込まれて、私は思わず本当のことを口走っていました。
「な、なにするの……」
俺は好展開に勢いを付け、短バンのジッパーを下ろし、怒張した分身をグインと出した。
いわゆる夢精である。
ティールームに現れるときの彼は、背広姿ではなく、いつもスポーツジャケットやセーターのようなラフな服装でした。
定年退職してから一人旅が趣味となった。
簡単に言えば、肛門からある種の器具を挿入して前立腺を刺激することで、射精することなし(ここからドライ、つまり乾いたという意味)に、果てることなく何時間でも快感に耽ることが出来るという驚異のオナニー法のことです。
「これで好いわ、サァもう一度嵌めて」
「戸締まりをしちゃいけないのよ、弁財天の宵宮だから、どの家も玄関を開けておくの。
あれは冬のコートを出そうかと迷うような晩秋の寒い雨の日でした。
胴には蜘蛛の巣のように筋が張り出ている。
すると、
「ひひひ。ほら、これがあんたのケツの穴にめりこんだ指だぜ。ニオイを嗅いでみろよ」
私は露天風呂でのことが忘れられず、さりとて彼女たちの旅館に顔を出せば、事情を察して笑われはしないかと恥う不安もあり、自分の部屋で雨に煙る山を眺めながら、旅館で借りたギターを、弾けもしないのにかき鳴らしては悶々と時間を過ごしたのです。
カップを一口畷った律子さんは、すっかり強張りも溶けて普通の顔色に戻っていた。
なんだかすぐに後を追うのはさもしい気がして、私は五分ほど遅れて浴室へ入っていきました。
私もその例に漏れず、新たな出会いを求めて様々な趣味の会やカルチャーセンター、シニアの親睦会に顔をだすようになったのです。
「今日はお見かけしなかったけれど、どちらへ?」
「もうご主人が帰る時間じゃないかな」
「……」
翌晩はすぐにまた…というのでは、さすがに気がひけた私だが、一晩おいた翌々日の夜には矢も楯もたまらずに新宿二丁目をめざしてタクシーを走らせていた。

TABOO 01 川上ゆう

サンプル動画