アキホ様 吉沢明歩

タイトル: アキホ様 吉沢明歩
キーワード: 単体作品、DVDトースター、電マ、顔射、騎乗位、クンニ
女優: 吉沢明歩
メーカー: マキシング
レーベル: MAXING

ネットの口コミ

そう言って肩を抱き寄せましたが、彼女はブイッと横を向いてしまったのです。
圭子は、なおもうつむいたまま、かすかに肩がふるえていました。
などと聞いてくるのです。
太腿を触られるとすぐ濡れてくるという女がいました。
「いい、いい、気持ちいい。すごい、やん、もっと、もっとお」
夫に触れられてもこんな風に感じたことはないのに、とても気持ちいいのです。
女は自分で自分の局所を洗うと、私の前に跪き私の硬直したベニスを躊躇せずに口に含んだ。
あまりの気持ち良さに、私はビクピクと内股を震わせて、
このままでは、加奈子のためにならないと思いました。
私は彼女の示した金額に一万円上乗せした。
私は、女ではない……。
半年ほど前、農業団体の催しで新潟に出向いた時のことです。
固く閉じた裂け目をくつろげるようにゆっくりと液体を塗り込んでくる彼の指に、私はあっという間に骨抜きになってしまいました。
言うまでもなく、すべて私のせいです。
ポニーテールの髪が解かれると同時に、ほのかな香りと汗混じりの体臭が放たれた。
目を丸くして驚いていた。
などと褒めることを忘れず、私をすっかりいい気分にしてくれました。
広い湯船でたっぷりのお湯を堪能し、夕食は山の幸、海の幸がふんだんに盛られた豪華なもの。
大人のオモチャでも使って悪戯して泣かして遊びたいところですが、個室ではないので大人しぐ抱いたり吸ったりしながら、隣のボックスをそれとなく覗いて楽しんできました。娘は、こちらの半立ちのフニャマラを一生懸命に舐め上げてくれます。
「エエ、そうよそうよ、アーッ、だんだん洩れそうになって来たわ……でも旦那さんは突くだけじゃなく、お乳も吸ったりつまんだりするの……」
酔うほどに、ママさんが露骨なことをいう。
「驚いたわ。あなたって今時珍しいぐらいに貞淑そうな顔してたんだものねえ。それがよりによって、ご主人から構って貰えないからってうちの亭主を誘惑するなんて」
肉壷から柔らかくなった肉棒があめ色の泥を被って抜け出てくる。
力脹る大ぶりの動きにそそのかされて、私の性感はアッという間に頂上を極めようとしていたのです。
もう手の形なんか判別できないほど、あちこちが真っ赤に腫れ上がりるほど叩きますが、そのたびに彼女が口を半開きにしてよがるのです。
「ええわ、ごっつうええんよ。あにさんのチ×ボたまらんっ」
「一人息子は満面にニキビをこさえて、私とはまるでかけ離れた別の世界に住み始めている。
そんなバカ話をしていると、アッという間に昼休みは終わってしまいます。
彼は、濡れそぼった肉の合わせめに、硬く反り返ったペニスをあてがったまま焦らしてきました。
飲みに誘うのはもちろんのこと、占いと称しては手を握る、マッサージといっては肩を操む。
今どきの若い娘が履くようなヒールが高く足をつっかけるだけのミュールというんでしょうか。
「変になっちゃう」
私が問い詰めても幸恵は口をつぐんだきりで答えようとはしない。

アキホ様 吉沢明歩

サンプル動画