スーパーS級アイドル4時間! 6

タイトル: スーパーS級アイドル4時間! 6
キーワード: 独占配信、ベスト・総集編、巨乳
女優: 吉沢明歩、麻美ゆま、西條るり、桜ここみ、希志あいの、七海なな、佐山愛、初音みのり、蒼井そら、月見栞
メーカー: エスワン ナンバーワンスタイル
レーベル: S1 NO.1 STYLE

ネットの口コミ

そして嫉妬に狂った智子さんを伴ってラブホテルに向かった私は、綾子さんに続いて智子さんの熟れ肌をもご馳走になってしまったのです。
そりゃあ弟だって圭子が好きなことくらいはわかっていましたが、そこまで言いきるほど自信があるとは、まさか、と驚かずにはいられませんでした。
俺に無断であんなガキを連れ込みやがって……と怒りが込み上げて拳が震えました。
「こんなすてきな太腿は、世界中探しても見つからない」と私がいえば、里子も身をよじりながら、「ああ、いっぱい舐めて」と答えました。
私はなかなかイケそうにない。
でも、夫のそれよりも太い気がします。
「それじゃ、遠慮せず、おこぼれ頂戴いたします。部長は若いのが好みですよね」
先生は私に何て答えていいのかわからないような困った顔をしていましたが、何も言わずに私の肩を抱いて髪を撫でてくれました。
と続けたかったのに違いありません。
綾香は私の一物を舐めたり、弄くったりするが十分に勃起しない。
私は化粧をし、大胆な服装で街をさまよい見知らぬ男性から声をかけられるのを待ちました。
「ケツメドをいじられて俺がこんなに気持ちいいんだから女だって気持ちいいはず。いや、待てよ。前立腺というのは男にしかない器官だ。とすれば女の場合はどうなんだ?」
もう、セックスはすっぱり諦めて、すっかり毒気の抜けたおじいさんでも茶飲み友達にしようかしら。
麻美の叫び声が閉こえました。
俺は息を弾ませて葉月に問うた。
「だって、そんなこと汚いわ」
その甲斐あってか、ある日、私はとうとう彼にデートに誘われました。
雨の日に安物の買い物バッグに泥がはねたぐらいで償いも何もないとは思いますが、最近の日本人は欧米化が進み、すぐに訴えるなどと殺伐とした主張をします。
これはあくまでも個人の感想ですが。
「わしやこう見えても寝小便癖を治す名人だ。今までも若い娘の寝小便を何人も治してやったで、お前の娘も治してやる。善は急げっていうだ。これから家サ帰ったら旱速わしン所へ寄越さっせ……きっと治してやるでよ」
「いらっしゃいませ」
そう叫びながらも、お尻の奥からズンズンと内臓を震わせながら甘美な痺れが胎内に拡がり、普通の交わりよりも強烈な電撃が背骨をビビビッと走り抜けました。
右子夫人もその一人なのか……。
敵も、サル者引っ掻く者でした。
ぐったり横たわった彼女の顔を見下ろしながら、私は持っている体力を使い果たしてしまった気分でした。
そうなると若い体です。
でも、確かにいる。
「ここに座っていいかね」
その刹那、熱いものがずぶずぶと穿たれ、私は絶叫したいのを必死になって唇を噛みしめ堪えました。
私は躊躇しながらも彼女を抱きしめ唇を重ねた。
「女房がいないとだらしない万年床で…」
とか、俺を気持よがらせて辱める。
だいぶ赤線の雰囲気にも馴染んでぎた頃、私はふと大店とおぼしきー軒の玄関脇にたたずんでいた女に目が止まった。

スーパーS級アイドル4時間! 6

サンプル動画