パーフェクトここみん 4時間 成瀬心美

タイトル: パーフェクトここみん 4時間 成瀬心美
キーワード: 4時間以上作品、単体作品、アイドル・芸能人、ロリ系
女優: 成瀬心美
メーカー: h.m.p
レーベル: VB

ネットの口コミ

四十年以上も務めた教職を定年で退官し、「これからは趣味に生きるぞ」と家族に宣言して、釣りだ、社交ダンスだ、パソコン教室だ、と手当たり次第にかじり始めたものの、しかしどれも長続きせず、辿り着いたのは市で主催している陶芸教室でした。
もうがまんできないといったふうに、腰の動きがさらに早くなり、急わしなくペニスを出し入れしました。
「あふ!」
それだけなんです。
「なにも?」
乳房を弄んでいたもう片方の手で肩をがっちりと押さえられてしまいました。
それを妻が私のスーツの中から見つけ出して、そこに置いたのだろうか。
私が声をかけると、
そんな様子が、私にはたまらなく愛らしく、また快感なのです。
「ど、どうぞ」
ガックリとうなだれ、今にも泣きそうな顔をしていました。
要するに男と女の戯れに定石はないってことなんでしょうな。
「わ、私、だめなんです。男の人を受け入れられない体になってしまって……。
すると麻美本人が出ました。
彼女は、まさかと言う顔付きで振り返る。
「お兄ちゃんたら、最近はちっとも寄り道しないんだもん」
私が服を着て出てみると、ドアの外には数人の男がいました。
部屋について、わたしはドアの前で待っていた。
しかし、何かいいところがありそうです。
「ホーッ、ここさな? ンだば、わしもやってやるか……」
娘が、内緒話を明かされて照れている。
「ぎっ……ひひんっ……あああっ……ひいいいっ……ああっ、あああっ……イ、イッちゃう……ああ……」
夫人に抱きつき、淫汁でヌルヌルの唇を重ねて吸いつく。
私と夫の仲は、いまでこそ平穏な趣きを呈しており、近所でもオシドリ夫婦の評判をちょうだいしていますが、ここまで至る私たちの人生は決して順風満帆ではありませんでした。
指先に触れた陰裂はすでにじっとり湿り、指を押し込むと熱いヌメリがヌラーとまとわりついてきました。
どこにそれほど残って
洗い流しても洗い流しても、愛液が噴き出してきて止まらないのだ。
いうなり彼女が上半身を起こしたのです。
「ちょっとだけいつもと違うことだよ」
「長い間ご苦労さまでした」
ですが、渡してしまえば何か話しかけてくるというわけでもなく、私も早々に帰るしかありませんでした。
「あふン、あふン」
しかし、自分の自堕落な生活ぶりについては、ひとことも反省のせりふは聞かれず、また改めようとする気配も見せなかった。

パーフェクトここみん 4時間 成瀬心美

サンプル動画