ガチハード ぶっ壊れちまう寸前までFUCK4時間

タイトル: ガチハード ぶっ壊れちまう寸前までFUCK4時間
キーワード: 淫乱・ハード系、4時間以上作品、3P・4P
女優: 仁科百華、明日花キララ、瀬乃ゆいか、成瀬心美、秋山祥子、乙井なずな、伊東美姫、麻生香月、雨音レイラ、亜希菜
メーカー: h.m.p
レーベル: VB

ネットの口コミ

陶芸歴も長く、とても多趣味なご婦人です。
だから私に、銀行をやめて社長になれという話もあり、一部の使用人たちも私なら盛り立ててがんばってゆくことができると言ってくれたのですが、それでは弟の立楊がなくなってしまいます。
反撃するように男根をしゃぷられると私も情けないほどうわずった声を上げて仰け反り、二人のヨガリ声が部屋の中で何度も交錯しました。
私にとって前の彼女は、やせていて、そう色っぽいからだの女ではありませんでした。
定子は虚ろな目で挿入をねだる。
自分のどこに、そんな感覚が合ったのか、驚いてしまいました。
昨夜、秘かに泣いていたことは嘘のようだった。
結局、「受験に専念できるように」とか、「大学に合格したらまたね」とか、そんな理由で、いつの間にか私たちは逢わなくなっていました。
さらに強い加虐を加えてあげるのが、加奈子への愛だと思ったのです。
「はい」
夫は、気にするなと言ってくれましたが、それが口先だけというのはすぐにわかりました。
そこでローションの代わりに年増ホテトル嬢のケツメドをベロペロ舐めて唾液をたっぷり塗り付けて、暗褐色のすぼまりをグイグイえぐっていったのです。
何度も何度も誘われて、断り切れないところまで引っ張ったのは、彼がセックスを期待しているのだと分かっていたからです。
時間を潰すのは得意ではないので、私は玄関のチャイムを押しました。
と言いながら尻を軽く叩いた。
村まではバスが行かないので、途中から徒歩で向かったが、高校に自転車通学をした懐かしい道が、寒々とどこまでも続いていた。
「素敵なオッパイだね」
これ以上は無理だと思った私は、妙子と別れることにした。
案内されて、中に入ると確かにボックス席タイプの店ですが、三方がカーテンで遮られて他の席はほぼ見えません。
「アー、アー、アーッ…」
水商売の女らしく、ママさんがおねだりする。
つまりセックスまでさせる愛人契約を申し込まれたのです。
ビジターである私は、全裸になったものの阿鼻叫喚の会場の様子を眺めて楽しんでいた。
(もうすぐ生理だからかしら、私、異常に感じてるわ)
と訪ねてきたのが敦美さんでした。
目覚めたというよりは、起こされたというのが本当でしょうね。
新しい男との出会いには、必ず新しい悦びがあったから、私はどのベッドでも、体の底から本気になった。
私は強く唇を押し付けました。
「えっ?」
そのとき、S婦人が私の席にやってきて酒を注いでくれた。
奥さんの方は子供を旦那さんのところに置いて家を出、木原さんの方は妻子に養育費を送っているので生活が楽ではないとこぼしていました。
俺はコーヒーを入れて戻ってきたお手伝いさんに、奥さんのことを訊ねてみた。
「さっそく、裏を返しに来てくれたのね」

ガチハード ぶっ壊れちまう寸前までFUCK4時間

サンプル動画