巨乳ハーレム 8時間

タイトル: 巨乳ハーレム 8時間
キーワード: 痴女、パイズリ、乱交、巨乳、巨乳フェチ、ベスト・総集編、独占配信
女優: さとう遥希、みなせ優夏、Erina、菅野さゆき、牧瀬みさ、知世奏、大島あいる、綾瀬みなみ、葉月めぐ、南レイ
メーカー: OPPAI
レーベル: OPPAI

ネットの口コミ

「先日、綾子さんと妙なホテルに行きませんでした?」
私は、父に嫉妬しました。
「馬鹿ね。そんなのは随分前の話よ。最近はすっかりご無沙汰。私も彼とはしたいと思わないし惰性で食事を作ってあげてるだけ。ああ、内藤君のオチンチン、ゴッチゴチよ」 大家さんがさも嬉しそうに内藤の男根にしゃぶりつきました。
女のプライドというか、浮気の言い訳がほしかったというか、そんな女心でしょう。
歳も歳なので少女のようなピンク色というわけにはいかないが、それでも嫌悪感を抱かせる色合いではない。
「女性の体はこうでなくちゃ…。柔らかくて温かい…」
「私、キャッツアイのミカです」
「先生、私、三年間ずっと先生のことが好きだったんです。好きで好きでたまらなかったんですッ」
若いころから、むっつりスケベで、そんな方面にはことのほか用意周到なところがあるのです。
じゃあ、主婦はどうだ、スポーツクラブで鍛えている女はどうだと、手当たり次第、誘ってみる。
私は自分の居場所を失ってしまったような虚脱感に襲われていました。
ときた。
固く閉じた裂け目をくつろげるようにゆっくりと液体を塗り込んでくる彼の指に、私はあっという間に骨抜きになってしまいました。
「先生、お順いです。嫌なことを忘れさせてください。私を抱いてください」
そのたびに、アンダースコートに包まれる豊尻はブルブルと揺れて目を惹き付けた。
こんな大都会で、上手に学生生活を送れるのだろうかと不安でならなかった。
「そんな人はいないよ」
結局わたしは、女の中に三発吐き出したのであった。
終わると娘は、こちらが小金持ちの年金ジジイと見たのか、やたら愛想がいいのです。
と消え入りたき風情だったが、諦めて目を閉じ、いわれる通り足を左右に広げる。
おどおどしながら、わずかに微笑んだ。
今度貫井氏から連絡が来たらどうしようか、まだ自分の気持ちが定まりきっていなかった数日後。
「えっ、もうなのおー」
その頃、夫はある警備会社に勤めていました。
チャイムの音なんか聞こえませんでしたが、ビシバシと叩く音や敦美さんの悲鳴に掻き消されて、気が付かなかったのかも知れません。
目覚めたのは八時過ぎのことでした。
でも、いつもと違う。
「だけど、パンパンはアソコがガバガバだっていうぜ」
彼は吉崎さんといって、五十七歳。
「じゃあ、布団を」
こんな抱かれ方をすれば、私もうちの枯れた宿六なんてどうでもいいという気持ちにすらなります。
当時、二十五歳だった俺は証券会社に勤めていた。
サチコの舌はまるで魔物のごとく私の舌に巻きついたり、上顎から下顎へ左右の頬の内側を巧みに這い回って私を狂喜へといざなうのである。

巨乳ハーレム 8時間

サンプル動画