高画質で飛び散る放尿・潮吹き8時間BEST

タイトル: 高画質で飛び散る放尿・潮吹き8時間BEST
キーワード: 潮吹き、放尿、ベスト・総集編、デジモ、独占配信、ハイビジョン
女優: 椎名ゆな、如月カレン、成瀬心美、小川あさ美、美咲みゆ、冬月かえで、桜木凛、小西那奈、ほしのみゆ、愛原さえ
メーカー: プレミアム
レーベル: PREMIUM BEST

ネットの口コミ

「んもう、内海さんたら。あなたってあたしが手を貸してあげないと何もできない人なんだからぁ」
「そんなこと言うなよ。俺ひとりじゃあ、手がまわらないところもあるのだから」
「指を動かしてみてご覧なさい」
そういう夫婦もあるのですね。
力を増す。
まずは、指で、ね」
「あら、そうかしら、いつもと同じよ」
その晩、私は先生とのセックスを想像しながら、何度もオルガスムスに達したのでした。
そんな前戯を愉しみつつ、日暮れを待ってからホテルに入ります。
実はそれにはわけがあった。
夫は、気にするなと言ってくれましたが、それが口先だけというのはすぐにわかりました。
とイチモツに言い聞かせたような次第で。
せっかくいい雰囲気になってきたところなのに…。
「出ていって!私、恥ずかしい…」
俺は彼女と激しく情交をした後だったので、「仕方がないな」と軽い気持ちで了解した。
当時の連絡手段は、何事も手紙だったのである。
セックス三昧の毎日を送っていたおかげで、私は初めのころにくらべればフエラのテクニックもずっと巧みになり、どこをどうすれば彼が歓ぷか、よく心得ていました。
女の着ていたシャツは襟元が大きく開いていて、乳の谷間がはっきり見える。
番組は二週間にわたって放送されたのですが、何しろ明け方の番組ですから、最後までしっかり聞くことが出来ませんでした。
「なあに、こういう寝小便なら、わしや大歓迎じや…布団が汚れようが畳が濡れようがなんぼでもするが好い……後生大切に可愛がってやるで。伝吉のことなど諦め、ずっとここで暮らせや」
さしづめ、弁財天の宵宮を演出したいのだろう、一も二もなく、わたしはオーケーして散財することにした。
「うう……ああんっ……あああん……」
何とも驚いた返事に、
私と夫が、ともに四十代に差し掛かった頃の話です。
「いかがです?十分に楽しんでいただけてます?」
「お、おい」
恐々車のお尻に迫った時、偶然対向車がやってきてその車内を照らし出していった。
「女とイッパツやりてえな。おれ、昨夜豆腐屋のおばちゃんにやらせてもらった夢みちゃってよお。目を覚ましたら、パンツの中に漏らしちゃってた」
その刹那、熱いものがずぶずぶと穿たれ、私は絶叫したいのを必死になって唇を噛みしめ堪えました。
私は自分の軽率さを恥じ、その後は大酒を飲んで泥酔した。
彼の浮気相手にもして貰えなかった私は、自分が何と馬鹿な夢を見たのかと恥かしくなり、やはり平凡な人生が自分には合っていると思えたのでした。
そう言って四つん這いになって、俺に肛門をさらけだす始末。
その夜の私は、とうてい一回っきりの射精では収まりきれなかった。

高画質で飛び散る放尿・潮吹き8時間BEST

サンプル動画