女子校生とヤリたい! 制服美少女80人16時間

タイトル: 女子校生とヤリたい! 制服美少女80人16時間
キーワード: 独占配信、ベスト・総集編、4時間以上作品、美少女、学生服、女子校生
女優: 愛斗ゆうき、愛原さえ、蒼井そら、蒼井ちなつ、佐藤ショコラ、平井綾、早乙女ルイ、七海なな、鮎川なお、大橋未久
メーカー: ROOKIE
レーベル: ROOKIE

ネットの口コミ

五十八歳の未亡人ですが、ほっそりして品のいい顔立ちのせいかまだ四十代半ばにしか見えない美人です。
圭子と一緒になりたい男は、星の数ほどいるはずです。
驚いて顔を歪めた大家さんが横にやってきて私の肩に手を添えました。
里子がやりたくなったときに私の家にやってくるのです。
私の仕事はセールスだ。
私が到達してまもなく、渡辺さんも私の中で精を放ったのです。
女は丁寧に挨拶をするとスーツを脱いでスリップ姿になつた。
そう思うと、すごく淫らな気持ちが込み上げてきて、さらに興奮してドキドキする思いに息苦しくなってきて、先生のオチンチンを咥えていられなくなってきました。
つい最近、処女膜に縁を切った女性の考えることといえば、ほかに何があるでしょうか。
私はまず、ソープランドに出かけた。
あの頃のことを思い出すと恥ずかしくてたまらなくなりますが、ああいう時期もあったからこそ、今の幸せがあると思っています。
半年ほど前、農業団体の催しで新潟に出向いた時のことです。
生理が終わると同時に、男性の物を受けつけなくなってしまったのです。
心配になった私は学生簿を調べて彼女の自宅に電話したのです。
俺は、口を離して右手の甲で拭った。
 黙ってうつむいてたお下げ髪
私はひとりっ子でしたが、両親は店の仕事が忙しかったのであまり子供にかまう暇はなく、私はこれ幸いとレジのお金をくすねては、気ままに買い食いなどしていました。
ブラジャーはつけていなくて、手のひらが乳房に触れる。
娘の頭をがっしりと押さえて柔らかな口粘膜の感触をじっくりと楽しませてもらいました。
我が家に近づくにつれ、彼は、どう糸子に話すべか?
「ヒサミちゃんは?」
その意味は自分の下腹部がすぐに教えてくれました。
掌でカリの部分を包み込み、五本の指先を立てるようにして胴の部分を掻く。
あの当時、夫は異常なくらい私に優しく接してくれました。
ですが、オカマなどと言われてしまっては、こっちにだってプライドがあります。
充血して大きくなったお豆を指でこすりつつ、私も夢中になって腰を突き上げました。
「あっ、ああああっ!」
「あふーん」
ところが、正常位から腹這いにさせられ、私が言われるままのポーズをとろうとした瞬間、手錠のようなもので両手を拘束されてしまったのです。
私は彼女の衣服を剥ぎ取り、乾いた肌に舌を這わせる。
一瞬驚いた顔をした彼は、すぐに誰も来てないと言ってきたので、私もつい
ロココ調の調度品で統一された室内は、品があって一分の隙もない。
私は、しかるべき理由もないものと思われるようになっていった。

女子校生とヤリたい! 制服美少女80人16時間

サンプル動画

ペニバン美人教師のアナル教育刺導

タイトル: ペニバン美人教師のアナル教育刺導
キーワード: アナル、女教師、痴女、おもちゃ
女優: 波多野結衣、大城かえで、中居ちはる、藤北彩香
メーカー: ジャネス
レーベル: MAZO BOYS CLUB

ネットの口コミ

綾子さんから問い詰められても私は知らばっくれました。
私も、突き上げ返しました。
「そこ、なんだか分かる?」
少なくとも、彼女のことを知っている女性とはセックスしないようにしています。
一発目が終わっても、二発目がある。
「分かった、ココだ、ココだね、よし、そのまま、イクんだ、真佐子、そのまま、一気に!」
電話の相手が不安そうな少し高い調子の声を出した。
同じクテスの秋本君から、
少なくとも、私サイドの事情で、彼女を見捨てるような真似はできないと思いました。
「何ですか?」
そう吐き捨てるように言われたのです。
今は手淫のさいも必ずケツメドをいじるようにしています。
「わ、私、だめなんです。男の人を受け入れられない体になってしまって……。
私は舌先で汚れた部分をべロベロと舐め始めました。
レッスンクラスは、当初全員のプレイを観察した主任コーチが振り分けた。
五十年もの間、処女で本当にいたのだろうか。
充分に濡れていたはずなのに、彼のチンチンがでかいせいか、インサートの瞬間、私は軽い痛みを覚えました。
そんな久しぶりのセックスを満喫した小生に、直美は、
いつまでも、咥え続けさせるのもかわいそうなので、発射モードに切り替えて、フィニッシュとしました。
「これじゃ出ねえ?すっとどうすりゃ洩れるんだ?」
「S町に住んでいたんです」
あまりの痛みにジンジンと秘肉が痺れきるまで叩かれた後、夫人は同性の私のアソコを舐めてきました。
両手でいじくり回すと壷口が大きく開き、濡れて赤昧を帯びた「うにの身」がペロリとせり出してきた。
またまた図星を突いてきたのです。
彼女が股を大きく開いて尻を持ち上げ、尻叩きをねだります。
彼女は私と同じ歳。
突きつけてみた最後の切り札。
「えっ?」

「ホント、イヤらしい。さかりの付いた犬みたい」
何度かお茶飲みに来た時から見ていたブランデーをご主人が私の為にグラスに注いでくれました。
俺はこの奥さんのために、いくらでも損失補填してやろうと心に誓ったものだ。
その妻の弓子はそこそこの美人で、学歴や教養度もまずまず申し分ない。

ペニバン美人教師のアナル教育刺導

サンプル動画

人気AV女優×人気SOD企画 女優祭7時間40分

タイトル: 人気AV女優×人気SOD企画 女優祭7時間40分
キーワード: ベスト・総集編、企画、4時間以上作品
女優: 北条麻妃、松嶋れいな、恵けい、春咲あずみ、大沢美加、妃悠愛、ももかりん、AYA、波多野結衣、JULIA
メーカー: SODクリエイト
レーベル: VALUE

ネットの口コミ

実は教室には秀麗のご婦人や未亡人といった参加者が大勢いて、黒一点の私のモテモテぶりたるや自分でも信じられないほどなのでございます。
私にすれば、おまえさえいなければ俺と圭子は一緒になれたんだ、そんな気持ちが日に日にくすぶり募ってきますが、それだけは口に出して言うわけにはゆきません。
いわゆるシックスナインでした。
「いやよ、やめて」といって、私をにらむ。
定子の夫も仕事中だし、子供も学校。
「ああ、ステキだね、真佐子、気持ちいいよ、ああ、僕も、このまま…ああああ」
その奥でペニスが濡れたワギナを貫いているのが見えた。
それは先生がベッドの上で相手の女性と裸で抱き合ってセックスをしている、すごくリアルでエロチックな夢でした。
「いや、先生ったら」
しかし、どことなく小便くさい。
私は、私の方に問題があったら、これから先、お姑さんからどんなにひどいことを言われるかと思って、不安で生きた心地がしませんでした。
肉ザオを抜き差しさせると反撃するように彼女もわがケッメドに指を抜き差しさせる。
液体に滑って、気付いた時には彼の指は付け根まで深々と私の中に潜り込んでしまっていたのです。
顔を陰部に肉迫させた私は、ワレメに舌を這わせたのです。
主任コーチが大声を上げ、受講生全員に球出しをした。
ということは、まさか独身のまま通したのだろうかと胸騒ぎがした。
などと褒めることを忘れず、私をすっかりいい気分にしてくれました。
そんな友人の嫁さんと別れた理由は、私が友人へのコンプレックスを払拭出来たからではない。
この年になれぱ、若い頃と違ってただ出せばいいというものでもありません。
すると桃を双つ並べたような尻肉の間から、しとどに濡れた陰門がこれ見よがしに露わになり、眺めていた藤右衛門はゴクンと固唾を飲んだ。
通りの向こうに、黄色い看板が見えている。
今思えば、あの雨の日にベンツに乗せられた時のことは、こうやって私を二人の奴隷にする為に夫婦で仕掛けた罠だったのではと思うのです。
「ああ、今夜飲みに行かないかってね」
などと、夫はもっともらしく弁解しました。
尻肉の谷間には薄褐色の肛門が覗き、その下には淡い陰毛を掃いた褐色のドテ肉がポッテリ膨らんでせり出していました。
幸いと言っていいのでしょうか。
あ~、想像しただけで……。
「はい、これお金……」
という言葉をかけてくれたときは、どんなに心嬉しく思ったことか。
そう考えた私は趣味を持つことにした。
居間に続く和室には布団が敷かれたままで、昨夜はこの上でと私はつい飲み慣れないブランデーに口をつけながら見てしまったのです。
建物は古びてはいるが玄関に車寄せがあって、成金の持家とは違った雰囲気を醸している。
すっかり正規の就職を諦めた私は、なんとか降って湧いたような軍需景気の一端にでもあやかろうと、つてを求めて走り回り始めていた。

人気AV女優×人気SOD企画 女優祭7時間40分

サンプル動画

近親相姦 夜這い傑作選 4時間 32家族

タイトル: 近親相姦 夜這い傑作選 4時間 32家族
キーワード: 独占配信、近親相姦、お母さん、手コキ、パイズリ、熟女
女優: 桐岡さつき、風見なな、波多野結衣、雨宮真貴、伊崎咲良、竹内奈子、青木美空、島谷愛、本真ゆり、大島あいる
メーカー: ex
レーベル: お母さん.com

ネットの口コミ

そしてついにその時がやってきました。
そうして動かしかたの加減を覚えたのか、ペニスが奥へ奥へと吸いこまれてゆく気配が生まれてきました。
というより甘えられたことがむしろ嬉しかったようで、されるがままでした。
「まさか。女王様に触ってもらえるなんて特別なことだからさ」
私は耳を疑った。
夫が留守の時、カーナビの履歴を見ました。
「はい」
そしていつしか眠り込み、私は松山先生の夢を見ていました。
私はいいたい放題です。
そして私はホテルに連れ込み、思う存分、飲み千すのだった。
ところが皮肉なもので、夜の街をさまよい見知らぬ男性とセックスをしているうちに、私は本当の悦びを味わってしまったのです。
ただし悶えながらも仕事はちゃんとこなして、わがケツメドに入れた指をウネウネと揺らしてくるのです。
まめまめしい男性だとは思っていましたけれど。
我慢できなくなった私は勃起したペニスを股間から引き出すと、麻美の背後から濡れた膣口にあてがったのです。
一瞬、ムッとした顔付きとなるのは葉月だ。
どんな夢かといえば、とても人には言えないような淫らで恥ずかしいものだった。
当初は新妻気取りで甲斐甲斐しく働いていた私ですが、セックス三昧の毎日を送るうち、しだいに掃除や洗濯もお座なりになり、食事も店屋物で済ませてしまうなど、お気楽なものでした。
どういうわけか小生は直美と意気投合し、あれこれ喋って、その日年甲斐もなく彼女を誘うと、直美は躊躇せずに小生について来ました。
とはいえ、完全な密室ではありません。
「伺かあったんか?そういやあ糸子が伝兵衛ン所から戻って来てるそうじやな?」
「もっと戴いてもいい?」
「あぁ、イッちゃうわぁっ、イクうっ。ほら、紘子さんもイキなさいよ。気取ってんじゃないわよっ」
はじめは人違いだと思っていた。
怒りより、悲しみの方が大きかったと思います。
「やってやる!」
そのままでは暗かったので、乱れた浴衣の裾をはしょりました。
律子さんは私と同じフロアの角部屋に住んでいる奥さん。
ただ、その一心でした。
最初の頃は、ひたすら優しく私の肉体の状態を見ながら……といったセックスでした。
そこに集まっていたのはほとんど同年輩か、年上ばかり。
「一人で飯食っても味気がないんで、少しあがっていきませんか」
「ほっ、ほんとですね」
アメリカの軍政下にあった日本は、連合国軍の主力として参戦した米軍の後方の中継基地として補給、輸送その他もろもろの面で重要な役割を担わされ、にわかに軍需景気が湧き上がった。

近親相姦 夜這い傑作選 4時間 32家族

サンプル動画

先輩OLに何度も強制射精され赤玉を献上したお話

タイトル: 先輩OLに何度も強制射精され赤玉を献上したお話
キーワード: ハイビジョン、デジモ、企画、OL
女優: かすみりさ、波多野結衣、佐月麻央、栗山朋香、新山かえで
メーカー: アキノリ
レーベル: AKNR

ネットの口コミ

男は人生で三度旬を迎えるなどと申します。
しかしそう言ってまた、ペニスを深々とくわえこみ、頭を揺らせながら、はげしく吸いたて舐めまわしてきました。
窓越しに聞こえてきたのは二人のくぐもった声でした。
「いやよ、やめて」といって、私をにらむ。
「ねえ、早くう」
渡辺さんが、こまかく私に指示をします。
夜中、物音がするのでふと目を覚ますと、私に背を向けて横になった妻が肩を微かに震わせて泣いていた。
「いいよね…」
どんなことがあっても、常識をわきまえた加奈子なら面倒な事態にはならないだろうと踏んでのことで、個室に飛び込むとすぐに、私は、加奈子の腰に腕を回すと、唇を激しく合わせました。
綾香は絶叫し、私も満足を覚えながら止め処もなくあふれ出る愛液を飲み込んだ。
また、大きく股を拡げて、秘唇を自分の指で開いて舐めてとせがんだりもしました。
「出る。出る!」
男性への興昧を失ったわけではないのですが、性欲は急激に減退し、性器も加速度的に哀えていきました。
顔を陰部に肉迫させた私は、ワレメに舌を這わせたのです。
葉月が喘ぎながら手を伸ばして、俺の頭をピタピタと叩く。
 そっと月夜にゃ呼んでみた
しかし、彼も初めてだったせいでインサート前に発射してしまい、厳密に言えば処女を捨てるには至りませんでした。
人ごみが嫌いなので、ついつい億劫になり、出そびれたというのも理由のひとつだ。
それこそ、真心を込めて奉仕するように、玉からサオ、亀頭部分を懇切丁寧にじっくりと舐めまわすのですが、どうもこの娘もエロ度が弱いのです。
と今度は手を下にやり、濡れそぼった秘毛を掻き分け、玉門のとば口にあるトンガリオ×ネをシコシコ揉みしだくと、
「あの裏っかたで育ったのよ」
決してお金目当ての浅ましい気持ちはありませんでしたが、容姿が十人並みで気が優しいのだけが取り柄の夫が、もし夫婦で共稼ぎをしなければならないような年収のサラリーマンだったら、正直なところ私は結婚はしなかったかもしれません。
「いや、タイミングを逃してしまった」
ひとしきり私の口唇と舌を堪能したあと、西島は私をベッドに押し倒しました。
「好きなんです。バスの中でも、ずっと、あなたのことが気になってたんですよ」
綾乃はそう言って、慌てて湯の中で肉棒を握りしめました。
「あん……。こんなんじゃ、いやよう……。いかして今、いきたい……」
売春婦でも買おうと思っていた矢先でしたので大歓迎です。
指の腹が皮膚を這うほんの瞬間の気配きえ、背筋がぞくっと粟立つよケな快感に繋がるというのでしょうか。
私は彼女の衣服を剥ぎ取り、乾いた肌に舌を這わせる。
グッグッと中を掻き毟るように動かれると、覆い被さる逞しい背中にしがみつき、私は主人にも聞かせたことのない淫らな声を張り上げてしまいました。
今度は俺が責めにまわった。
いや、仮面を剥いで本性をあらわにして豹変した幸恵には、ほとほと嫌気がさして愛想尽かしをしてしまったものの、惚れ抜いてしまっていたのはその肉体の魅力だけなのが偽りのないところだった。

先輩OLに何度も強制射精され赤玉を献上したお話

サンプル動画