近親相姦 僕のお母さん 4時間

タイトル: 近親相姦 僕のお母さん 4時間
キーワード: 熟女、近親相姦、お母さん
女優: 結城みさ、蒼乃幸恵、木村真子、艶堂しほり、平山こずえ、波多野結衣、白鳥寿美礼、松本まりな、山本美和子、福元美砂恵
メーカー: なでしこ
レーベル: Nadeshiko

ネットの口コミ

陶芸歴も長く、とても多趣味なご婦人です。
言うなり圭子はからだを下にずらせてゆき、私のからだを仰向けにして、ペニスに顔を寄せてきました。
そう答えた大家さんがとっさに私から体を離しました。
しかし、その真っ白な太腿は、むっちりと肉付いていて、なんとまあ女くさいことか。
「こ、こうか…」
「うう、うううん、ああん、あああ、ああっ、ああっ、あああーっ」
それは、「キャッツアイ ミカ」とだけ書かれた昨日の女の名刺だった。
部屋が明るかったので前をはだけられると、私は思わず両手を交差させて胸を隠しました。
水野加奈子(仮名)というのが私の相手の女性です。
こういうことに応じてくれるのはやはり商売女だ。
そして、不妊治療をして子供が望めるのであれば、そのようにすればいいと…。
ま、別に意地を張らなくてもこの歳になればなかなか勃たないものなんですけどね。
キッチンのテーブルにはワインと相性のいいオードブルがきちんと並んでいて、またまたびっくり。
その日、ゼミの講義を終えて帰る準備をしていると、一人の女子学生が私のもとに駆け寄ってきました。
葉月は、息を弾ませて鉢を反らした。
こう言って、お下げ髪へ唇を寄せ、チュッとキスをした。
その日のちょうど昼頃、私と照雄がまだベッドでぐっすり寝入っている時に、玄関のチャイムがけたたましく鳴り響きました。
「もっと詳しく教えて欲しいな。できればお会いして」
それでも二回目の放送では、タレントがドライオルガスムスに至るまでの実況放送をしていたようで、あえぎ声が流れてきました。
「何イ、伝吉にオ×コいじくられると出るのか……フンフン……ンだばこうか?」
「お酒は飲めるの?」
シートを倒され、セーターとキャミソールを重ねてめくりあげられ、あらわにされた乳房を揉まれながら乳首を吸われると、彼のムンと鼻孔をつく整髪剤に吐き気を催しました。
細身のからだに小ぶりな乳房。
私は、淫乱女に変身せざるを得ませんでした。
物静かな方で、乱痴気騒ぎしてる運中とは一線を画している感じの美人でした。
桃太郎に誘われるままに、私はお爺さんに勘定を払って、雨の強くなった外に二人で出ました。
そのまま直に子宮を掴まれて揺さぶられているようだ。
背中から抱いてあげると、チ×ポがぽってりしたお尻に当たっています。
吉崎さんが、私のお尻の穴に、ぬるぬるとしたオイルのようなものを塗り付けて、もみほぐしているのです。
「じゃあ、布団を」
居間に続く和室には布団が敷かれたままで、昨夜はこの上でと私はつい飲み慣れないブランデーに口をつけながら見てしまったのです。
噂には聞いていたが、とうとうその恐怖が現実になってしまった。
私の愛戯のひとつひとつに、それらに倍するほどの勢いで応じてくる。

近親相姦 僕のお母さん 4時間

サンプル動画