先輩OLに何度も強制射精され赤玉を献上したお話

タイトル: 先輩OLに何度も強制射精され赤玉を献上したお話
キーワード: ハイビジョン、デジモ、企画、OL
女優: かすみりさ、波多野結衣、佐月麻央、栗山朋香、新山かえで
メーカー: アキノリ
レーベル: AKNR

ネットの口コミ

男は人生で三度旬を迎えるなどと申します。
しかしそう言ってまた、ペニスを深々とくわえこみ、頭を揺らせながら、はげしく吸いたて舐めまわしてきました。
窓越しに聞こえてきたのは二人のくぐもった声でした。
「いやよ、やめて」といって、私をにらむ。
「ねえ、早くう」
渡辺さんが、こまかく私に指示をします。
夜中、物音がするのでふと目を覚ますと、私に背を向けて横になった妻が肩を微かに震わせて泣いていた。
「いいよね…」
どんなことがあっても、常識をわきまえた加奈子なら面倒な事態にはならないだろうと踏んでのことで、個室に飛び込むとすぐに、私は、加奈子の腰に腕を回すと、唇を激しく合わせました。
綾香は絶叫し、私も満足を覚えながら止め処もなくあふれ出る愛液を飲み込んだ。
また、大きく股を拡げて、秘唇を自分の指で開いて舐めてとせがんだりもしました。
「出る。出る!」
男性への興昧を失ったわけではないのですが、性欲は急激に減退し、性器も加速度的に哀えていきました。
顔を陰部に肉迫させた私は、ワレメに舌を這わせたのです。
葉月が喘ぎながら手を伸ばして、俺の頭をピタピタと叩く。
 そっと月夜にゃ呼んでみた
しかし、彼も初めてだったせいでインサート前に発射してしまい、厳密に言えば処女を捨てるには至りませんでした。
人ごみが嫌いなので、ついつい億劫になり、出そびれたというのも理由のひとつだ。
それこそ、真心を込めて奉仕するように、玉からサオ、亀頭部分を懇切丁寧にじっくりと舐めまわすのですが、どうもこの娘もエロ度が弱いのです。
と今度は手を下にやり、濡れそぼった秘毛を掻き分け、玉門のとば口にあるトンガリオ×ネをシコシコ揉みしだくと、
「あの裏っかたで育ったのよ」
決してお金目当ての浅ましい気持ちはありませんでしたが、容姿が十人並みで気が優しいのだけが取り柄の夫が、もし夫婦で共稼ぎをしなければならないような年収のサラリーマンだったら、正直なところ私は結婚はしなかったかもしれません。
「いや、タイミングを逃してしまった」
ひとしきり私の口唇と舌を堪能したあと、西島は私をベッドに押し倒しました。
「好きなんです。バスの中でも、ずっと、あなたのことが気になってたんですよ」
綾乃はそう言って、慌てて湯の中で肉棒を握りしめました。
「あん……。こんなんじゃ、いやよう……。いかして今、いきたい……」
売春婦でも買おうと思っていた矢先でしたので大歓迎です。
指の腹が皮膚を這うほんの瞬間の気配きえ、背筋がぞくっと粟立つよケな快感に繋がるというのでしょうか。
私は彼女の衣服を剥ぎ取り、乾いた肌に舌を這わせる。
グッグッと中を掻き毟るように動かれると、覆い被さる逞しい背中にしがみつき、私は主人にも聞かせたことのない淫らな声を張り上げてしまいました。
今度は俺が責めにまわった。
いや、仮面を剥いで本性をあらわにして豹変した幸恵には、ほとほと嫌気がさして愛想尽かしをしてしまったものの、惚れ抜いてしまっていたのはその肉体の魅力だけなのが偽りのないところだった。

先輩OLに何度も強制射精され赤玉を献上したお話

サンプル動画