見られるほどに感じてしまう女たち15人

タイトル: 見られるほどに感じてしまう女たち15人
キーワード: 騎乗位、潮吹き、人妻、企画、3P・4P
女優: 新井エリー、管野しずか、水元ゆうな、結城みさ
メーカー: 桃太郎映像出版
レーベル: ALL IN☆ ONE

ネットの口コミ


根元をぎゅっと握りしめたまま、手からはみ出した部分を一気にまるごとくわえこんできました。
ただし、その中に大家さんは含まれていませんでした。
どうでもいいようだけど、女にとっては、どうでもよくないのですね。
さほど太くも大きくもない肉棒に貫かれながらも、定子は悶え、喘ぐ。
「僕はいいんだ。真佐子がイクところを見ているのが歓びだからね」
その時私は、腰を使いベニスが子宮に届くように女の体を突き上げた。
やがて先生は私の両脚を開いて覆い被さってきました。
「見せてごらん、先生が散らした花を……」
「あ、やん」
私は、取りつかれたように毎晩毎晩相手を変えてセックスしていました。
「あ、あふ…気持ちいい。すごくいい……」
「え、ええ……。そう…、とても。本当は、私だって……」
猛烈な悪臭が漂ってきました。
葉月は静止したまま言葉を漏らした。
「もう、とっくに結婚してお孫さんでもいると思ってたわ」
私は単調な仕事にもすぐに飽きてしまい、一年間我慢したあと、その会社を辞めました。
ヤバイと思ったわたしは身を隠そうとするが、辺りには電信柱もない。
自称二十六歳だという元気で明るい娘でした。
「こりゃ邪魔々々……」
「でも、二人目のひとは、わたしが眠ってから來たの」
肩を抱かれながら握られた手に何かを押し付けられ、見るとそれは何枚か重ねて折り畳んだ、かなりの枚数の一方円札でした。
「お、おねがい。は、嵌めてえ~」
すると、西島は私の耳にとんでもないことを囁いてきたのです。
「あんた、痛くないのか? 平気なのか?」
熟柿のような匂いを口からさせて、その白い太ももを擦り寄せて、自分から子供がいるだの、亭主とは死に別れただのと身の上を語りました。
すぐに分かった。
ただ、その一心でした。
温泉旅行に誘われた時に結ばれたのです。
「確かに、私はSさんのように若くもないしきれいじゃない。でも、私じゃ」
木原さんの奥さんも、彼に抱かれた体が、子供と夫を捨てる決意を孕んだのだと思いました。
俺はうれしくなって派手に腰を振り、熟女の蜜壷に熱い沸騰液を、不覚にも撃ち放ってしまった。
私の顔を見たサチコは、素直に喜んでみせてくれた。

見られるほどに感じてしまう女たち15人

サンプル動画