痴女の殿堂 【最高最強の淫乱プレイ】

タイトル: 痴女の殿堂 【最高最強の淫乱プレイ】
キーワード: 淫乱・ハード系、痴女、独占配信、ベスト・総集編
女優: 如月カレン、乃亜、朝河蘭、つぼみ、里美ゆりあ、姫咲しゅり、三上翔子、南波杏、風見京子、南智子
メーカー: オールアダルトジャパン
レーベル: AV30

ネットの口コミ

そして明らさまに挑戦的な視線を注いできたのは波恵さん。
「きみはこの家にきてから、いつもちょっとかなしそうだった。いまもきっとそうなのに、僕は、励ましてやることもできないでいる」
しかしそれが運の尽きでした。
しなきゃいけない残業をほったらかしにして女に会いに行ってばかりて、出世できるわけがない。
内部の熱と覆い尽くす蜜の量は十分に整っていた。
お湯の外で渡辺さんに見せられた指先。
ようやく宴会も酣となった頃、私はこっそりと廊下に出ると、懐から携帯電話を取り出して、いつものデートクラブに電話をした。
彼は私の割れ目にオチンチンを擦りつけているうちにすっかり興奮して、外で射精してしまったのでした。
うっかりした行動というのは、主に女性問題を指します。
しかし、長年の無理がたたってか、六十半ばで病魔に襲われた。
絶頂感を味わうたびに、そう思っていたのです。
という気分でした。
それでも、彼は私の肩を抱いたまま、かまわずに指を進めてきます。
彼女の顔を見ると、ふさぎ込んでいるようです。
だが、俺は体重を掛けて、彼女の動きを止めた。
通学路は、往きはなだらかな山坂を下るので楽だったが、帰りは疲れるので、よく川辺りの草原などに寝ころんで休憩をとったものだ。
「じゃあ、あなたも考えてくれているのね?」
部屋について、わたしはドアの前で待っていた。
大人のオモチャ屋に行くと、ドライオルガスムス関連の器具「アネロス」が何種類も展示されて、売られています。
こうして両人は暫くの間、死んだようにぐったりしていたが、藤右衛門はぐんにゃりした陰茎を引き離すと、
一見、華著に思えたが、女として、成熟していようか。
「大分、ご主人の会社も大変みたいだねえ。いやなに、私は仕事柄、色んな会社の業績を知ってるもんでね」
「同時にかい」
「判っているとも!何もかも忘れさせてやるよ」
直腸をえぐった指には黄バミがねっとり貼りついてました。
目覚めたのは八時過ぎのことでした。
異様に飛び出した獅子鼻は指一本すっぽり埋まってしまいそうに穴が開いている。
「それ、本気にしてもいいんね」
「刺激的なほうが、もっと感じるはずだよ、佳代子さんは……」
そこに集まっていたのはほとんど同年輩か、年上ばかり。
私は、子供たちが小さい時の汚れが残る狭い家で一日を潰すほどの家事もなく、遊び回れるほど余分なお金もなく、主人が帰宅するまで死ぬほど退屈に暮らしているのでした。
「あふン、あふン」
たしかに当時、友だちや先輩、後輩の中には足繁く赤線にかよっていた連中もおり、そこで、いわゆる『筆下ろし』をした童貞も少なくはなかった。

痴女の殿堂 【最高最強の淫乱プレイ】

サンプル動画