至極のアナル舐め手コキ

タイトル: 至極のアナル舐め手コキ
キーワード: 手コキ、ギャル、お姉さん、痴女
女優: 星野マキ、浅見怜、姫野愛、風間ゆみ、泉麻那、黒木麻衣、森ななこ、浅乃ハルミ、結城みさ、片瀬みき
メーカー: マルクス兄弟
レーベル: MARX Brothers co.

ネットの口コミ

智子さんが得意げに私との情事を周囲に話したらしく、智子さん、喜美恵さん、波恵さんが三つ巴の口論を始めてしまったのです。
青白く見開かれた目が、潤んでいました。
と声を上げて大家さんが仰け反ったのも印象的でした。
結婚式の日までセックスしなかったと言っていました。
内部の熱と覆い尽くす蜜の量は十分に整っていた。
夫には、何の未練もありません。
「いや、なんでもない。君が今日は、やけに綺麗だと思ってね」
と、いつになく強い調子で言って、しきりに私の中に入れようとしますが、なかなか入りません。
「わたし、先生が結婚していても全然気にしませんことよ。
しかし、どことなく小便くさい。
刺激が強ければ強いほど、私の心は満たされていきました。
「いじめて。もっといじめて!」
私は翌日もそのローションのおかげで素晴らしい快感を得ることができたのでした。
私は舌先で汚れた部分をべロベロと舐め始めました。
「亜野さんの隣でうれしいですう」
多分、快感だったのだろう。
その日、私は憧れのベッドの上で、初めて照雄に抱かれました。
わたしは憧れの人のことを思い出し、今は亡き彼女の容姿、そしてわたし自身は完全な片思いであったこと、さらに今でも思い出すと胸が苦しくなるなどを記したメッセージを送る。
と聞かれてしまいました。
糸子が声を振り絞ってむっちりした尻を動かすと、グチョグチョと陰門の鳴る音と共に、淫水が吹き溢れ、藤右衛門の青筋立った陰茎はもとより、自分の太股迄べっとり濡らし、余った分はさらに糸を引いて寝床の上に滴リ落ちる。
赤、青、白、とりどりのネオンがうるんでいた。
「驚いたわ。あなたって今時珍しいぐらいに貞淑そうな顔してたんだものねえ。それがよりによって、ご主人から構って貰えないからってうちの亭主を誘惑するなんて」
いくらなんでも相手は神主の夫人。
けれども、それ以来、夫の行動に変化が見られました。
彼女たちに言わせれば、女同士だと気を遣わなくていいから思いっきりハメを外せる、ということのようです。
幸い、酔っていたおかげで早漏にはなりませんでしたが、それでも奥歯を食いしぱって堪えなければなりませんでした。
あやすような半多氏の声。
「タダってわけにはいかないけど、二千円出したら、ヤラせてあげてもいいよ…」
夫を一昨年前、癌で亡くした私は、こう申しては何ですが、どこか解放されたような気持ちを抱いておりました。
出版関係の仕事をしていたので文章は得意だ。
親しくなってから打ち明けてくれた話では、二人とも家庭があった時に不倫関係に陥り、両方の家庭を壊して一緒になったというのです。
「ほっ、ほんとですね」
その赤線が公娼制度の廃止とともに姿を消したのは昭和三十三年四月一日以降だから、六年ほど前の昭和二十七年といえば紅灯の賑わいには盛んなものがあった。

至極のアナル舐め手コキ

サンプル動画