お義姉さん、いっ妹よりずっといいよ 結城みさ

タイトル: お義姉さん、いっ妹よりずっといいよ 結城みさ
キーワード: 騎乗位、顔面騎乗、姉・妹、ハイビジョン
女優: 結城みさ
メーカー: タカラ映像
レーベル: タカラ映像

ネットの口コミ

すったもんだの大騒ぎが始まったのは次回の教室の時でした。
私には、能力的にも性格的にも、父のように生きてゆく自信はまるでありませんでした。
褐色の肉ビラをゆっつくり捲っていくと丸い突起が顔を覗かせました。
本人もそれに抵抗がないらしく、なおいっそう激しく啜り上げたり頭を動かしたりしてきました。
「い、いいのよ、もっと、紋めて」
「うふうう、はあ、ああっ、ああぁん」
夫婦生活に何か不満でもあったのか。
「ううっ……」
「加奈子さん、今、何を考えているのですか。なんだか、上の空のように見えるのですが。体調でも悪いのでしょうか」
「じゃあ、死にはしないが、生き返るには、元気になるにはアンタの…」
これだけの人数の男性が、私を女としてみて、セックスしてくるのが、自分自身を保つ支えになっていたのです。
しかしその一方では「このままだとヨガリ声を上げてしまう」と恐怖にかられ、侮しまぎれに年増ホテトル嬢の腰を手前に引き寄せて尻の割れ目をパックリと掻き分けました。
ふっと我に返った時には、すでに彼の腕の中でした。
通されたリビングには、キッチンから漂ってくる美味しそうな料理の匂いがたちこめていました。
仕舞いには、彼女がトイレに立ち上がった時、
こんなにスムーズにいくとは思っていなかったからである。
とか
すぐに119番に連絡をするのが人間のあるべき姿だろう。
仕方が無いので、二日後に素人妻を指名して、たっぷり泣かしてエロ気分を満たしました。
「お前、オ×コのたんびに寝小便するっと? ソリヤ本当かい?」
もとの隅っこに座った。
自宅に戻ってから掌を広げてみたのですが、そこには一万円札が六枚も折り畳まれていました。
私が夫人の巻きつけているバスタオルを剥ぎ取ると、小ぶりな乳房の下にタテ長のヘソ、その下方には黒々とした陰毛が広範囲に生え広がっていた。
私とて、あれから一度も浮気はしていません。
実は、あのツアー以来、女性客の添乗員を外されてしまったんです。
濃い口紅を塗った、肉の厚い唇が、私の亀頭をすっぽりくわえ、ゆっくり締めつけていました。
体中の産毛が立ち上がって、私の肌を吊り上げていく。
そう言って真っ赤になって笑ったのを今でも覚えています。
「これからは、お母さんの好きなように、生きてみたら?」
私は彼女の衣服を剥ぎ取り、乾いた肌に舌を這わせる。
うちの主人は相変わらず帰りが遅く、時間潰しに観ていたテレビドラマも面白くなかった私は、また玄関の外に出て、お隣のドアの前で様子を窺ってみたのです。
俺は素直に深々と頭を下げて、奥さんに失礼を詫びた。
それからというもの、赤線の娼婦に対してあたかも永井荷風などの花柳小説に登場するような女性を想像し、それが果てしのない妄想を描くまでにふくらんでいった。

お義姉さん、いっ妹よりずっといいよ 結城みさ

サンプル動画