Dcup超絶品ソープ嬢 里美ゆりあ

タイトル: Dcup超絶品ソープ嬢 里美ゆりあ
キーワード: 独占配信、デジモ、ハイビジョン、単体作品、巨乳、ローション、キャバ嬢・風俗嬢
女優: 里美ゆりあ
メーカー: ムーディーズ
レーベル: MOODYZ DIVA

ネットの口コミ

陶芸歴も長く、とても多趣味なご婦人です。
「東京でね、断わりきれなくて、山形に帰ってからにしましょう、て答えてしまったの」「それをあいつは、オーケーの返事だと思ってしまった、ということかな」
「あふんーあ、ああ……んもう、松岡君たらそんな恥ずかレい揚所までイクズラするの?そんな破廉恥なこと、どこで覚えてきたの?許さないから。あ、ああ、だめ…」
あんなにやけたキザ野郎のどこがいいのか、と私のまわりでもよく噂しているのだが、それは、どうやら半分は、私に対するあてつけのようです。
あくまでもあなたの気分を和らげるためにこの場所にいる。
「でも、こんなことではダメだよ。本番はこれからだからね」
指で掻き回すたびに女が喘ぐ。
「先生、私、三年間ずっと先生のことが好きだったんです。好きで好きでたまらなかったんですッ」
一般的に、大学教授の頭の中には、特定の生徒を指して「あの子を抱きたい」という願望をもつことなどあまりありません。
「私で元気になってくれるのなら」
お姑さんとの仲も、同居でないためそれなりに上手くいっていました。
「あ、あふ…気持ちいい。すごくいい……」
ちゃんと適齢期に結婚したもののたった二年で離婚。
彼女の肉ビラはすでに湿っていました。
「駄目ですぅ。臭いですよ」
「あああ~」
照雄のことは大好きだけれど、やはりこのままでは不安です。
「もっと詳しく教えて欲しいな。できればお会いして」
ただし、残念ですが、肛門に器具を挿入するために、年を取った団塊エロオヤジには、少しハードなプレイとなります。
それが寝耳に水の離縁話…娘の糸子は昨日暗くなってから、しょんぼりとして帰されてきたのだった。
何か、期待させるものがあり、ママさんを口説ける光明が見えてきた。
私から誘惑したわけではありませんが、お金に釣られてお尻の穴まで差し出したなんて自分の口ではとても言えません。
右子夫人はテレたように言い、男たちから離れ私のそばにやって来た。
強引に、私の疑惑を晴らそうとでもするかのように、私のパジャマの中に手を入れてくるのが常でした。
「困るわ。あたくし、そういうつもりで伺ったわけじゃ……」
「ああっ」
カードがないと自販機を使えないなんて迷惑なことを考えたのはいったいどこの誰なのか。
確か、三時間の休憩で二千円ぐらいだったと思います。
もう、私、耐えられなくなって、
時折乱れた裾から脹脛が覗いたり、襟足の項が垣間見えたときなどドキドキするほどの興奮を覚えてしまう。
張りがなくなり萎みかけた乳房を揉みあげられた時、一瞬だけ自分の体型の崩れを恥じる気持ちが湧いたのですが、すぐに巧みな舌と指の動きに抵抗をやめてしまいました。
奥さんは俺の反応を見て楽しんでいる。
惚れ込んだ赤線の女を娼家から退かせ、自分ひとりの囲い者として身請けをするくらいの金には不自由しない。

Dcup超絶品ソープ嬢 里美ゆりあ

サンプル動画

犯される女教師8時間

タイトル: 犯される女教師8時間
キーワード: ベスト・総集編、巨乳、レイプ・強姦、女教師、凌辱、輪姦、デジモ、独占配信
女優: JULIA、さとう遥希、佐山愛、周防ゆきこ、成宮カナ、天海つばさ、水谷心音、里美ゆりあ、めぐり、大橋未久
メーカー: ムーディーズ
レーベル: MOODYZ Best

ネットの口コミ

そして明らさまに挑戦的な視線を注いできたのは波恵さん。
ホームに立って、弟がちょっと離れたときに圭子は、
「そこよ。そこを舐めてちょうだい!」
「本心なんだ」
こんなチャンスは長い人生でも、そうそうないに違いない。
出かける三人を見送る私。
目の下が薄く色づいて腫れている。
「僕のを咥えてくれる?」
大学で教えているといえば、世間様からは大変尊敬されたり、信用されたりしますが、その分だけ、うっかりした行動が厳しい目に晒されるということにもなるのです。
「何ですか?」
そして不思議なことに、その時から憑き物が落ちたようにピタリと夜の街をふらつくこともしなくなり、セックスに対する執着もなくなったのです。
乾いた悲鳴を放って年増ホテトル嬢が仰け反りました。
終わった後、しばらくは指を動かすこともできなかったほどです。
思い詰めるタイプだけに、冷たくすると何をするかわからないと思ったからです。
俺は込み上げてくる欲情を抑えながらも、葉月の下半身に視線を這わせた。
黒い喪服を着た彼女のプロポーションは少女時代とそんなに変わりがなく、美しさを保っていた。
寝具卸会社を辞めてから、私はパン屋やそば屋や喫茶店など、常に接客のアルバイトをしてきました。
「すいませんねえ、こんな商売をしているから、お客様のお付き合いができないとダメなのに」
布団の中でうつらうつらしながら昔の歌謡曲などを聞いて、若かりし頃の懐旧にふけっています。
相変わらず目をつむったままいう。
どうあれ、長居はできまい。
その意味は自分の下腹部がすぐに教えてくれました。
そして、
「へえ、気前がいいね。でも、江利子さんは人妻じゃないの?」
「柔らかい、あなたのここ。しかも、もうグショグショだ」
「いやぁ、そんなに見んといてぇ」
まさに、腰も抜けるほど私は驚かされることになった。
(まあ、童貞喪失代と思えば、安いものか)
私は今までになく期待と不安とが渦巻く気持ちを抱きながら、彼の瞳に視線を絡ませました。
S婦人は確実に私を誘惑していた。
お酒の味がする口で唇を塞がれ、舌を吸われながら逞しい腕で着ているものを剥がされていきました。
とスケベな声を繰り返す。
それはそれで無理からぬところでもあったが、その不愛想ぶりには私も腹が立った。

犯される女教師8時間

サンプル動画

怒涛のザーメンシャワー!大量ぶっかけ1500発16時間

タイトル: 怒涛のザーメンシャワー!大量ぶっかけ1500発16時間
キーワード: 独占配信、4時間以上作品、ベスト・総集編、顔射、ぶっかけ
女優: あいだゆあ、大橋未久、如月カレン、妃悠愛、里美ゆりあ、成瀬心美、麻生香月、亜梨、浅乃ハルミ、桃野なごみ
メーカー: ROOKIE
レーベル: ROOKIE

ネットの口コミ

「誰が本命なのか」
圭子はいったん動きを止めてそれを口の中に受けとめ、それからごくんごくんと二度喉を鳴らして飲み込んでしまいました。
「あふん、ああ……すごい。すごく気持ちいい。松岡君、上手よ。とても初めてとは思えないわ。あはあん……ああん」
「本心なんだ」
「服が窮屈で苦しいです。着慣れないセーターを着てきたから」
三人が颯爽と歩く姿は格好良くて、恩わず振り返ります。
そして、私のロープの前を空けると、もう既にいきり立っている私のペニスを指先で掴み、コンドームを口に咥えて器用に被せた。
そして、先生に抱かれて幸せだったと思います。
かくいう私も、実を申しますと、そのやむにやまれぬ事態に半年ほど前からとうとう陥ってしまったのです。
豊満だが垂れることもなく、色は乳白色で乳首も小さ過ぎず、大き過ぎず、咥えて転がすにはちょうどいい形をしている。
いろいろな男性とセックスして、深い快感を味わうと、自分には何も欠陥のない女なんだと思うことができるのです。
ただ、愛撫はさすがに念が入ってました。
激しい痛みがもうすぐ。
「もうこんなに濡れてるじゃないか。君は普段、あんなに真面目な学生なのに、臭い尻の匂いを嗅がれて感じてるわけだ」
俺は尻を叩いて催促した。
当時の連絡手段は、何事も手紙だったのである。
職場はホテル内のティールームでした。
つまり、見習い探偵として雇われることになった。
それでも二回目の放送では、タレントがドライオルガスムスに至るまでの実況放送をしていたようで、あえぎ声が流れてきました。
「フフン、伝吉の奴、随分と色んな芸当をやるもんだな…そうか、こうか?」
だが、緊張しているのか身じろぎしない。
何よりこの夫人が嫌なのは、会うたびに私の体に触れてくるからです。
私はそれどころではなかった。
「な、何ですって?目には目を……?やり返せっていうの?」
騎手が馬のケツを叩いているような気分でした。
千代はそう言いながら私の乱れた浴衣の裾をまくり、桃太郎の唾液でベトベトになった肉棒を握りしめました。
そのまま直に子宮を掴まれて揺さぶられているようだ。
彼女が喘ぎ声を上げ、オッパイを私の口に押し付けるようにしてきたのです。

「酔っちゃたのかしら、私」
主人は真面目な人ですが、高校卒で雇ってくれた会社にずっと恩義を感じ、世間の標準よりずっと低いお給料で実直に働き続けてきました。
「もうだめ」
すでに部屋のまんなかに夜具が敷かれているのには興醒めの感がなきにしもあらずだったが、娼家の女の部屋とあっては致し方ないところではあろう。

怒涛のザーメンシャワー!大量ぶっかけ1500発16時間

サンプル動画

痴女インストラクター 里美ゆりあ

タイトル: 痴女インストラクター 里美ゆりあ
キーワード: インストラクター、ハイビジョン、独占配信、デジモ、淫語、単体作品、痴女、DVDトースター
女優: 里美ゆりあ
メーカー: ムーディーズ
レーベル: MOODYZ DIVA

ネットの口コミ

「ほら、内海さん、この部分がまだ塗り終わってないわ」 釉薬を塗っている私にぴったり寄り添って世話を焼いているのは五十五歳の喜美恵さん。
その気配は、人妻というより、なんだか女学生のようでした。
指がにゅるりとめり込んでハッとしました。
里子がやりたくなったときに私の家にやってくるのです。
私はだらしなく声を出してしまう。
私はしばらく、渡辺さんの胸に顔を埋めて泣きました。
小さな三角の布に紐がついただけの、男の劣情を誘うためだけの、そして男に脱がされるためだけの小さな布切れだった。
今年、十五歳になった娘が高校に通い始め、超短いスカートを穿いて男性の視線をイタズラに挑発している姿を見ていると、学校の先生もつくづく大変な仕事だな、と同情する思いさえ感じるのです。
「先生、わたし、誘われるままについてきてしまい、軽率だって思われて:…でも、どうか、わたしのこと嫌いにならないでください」
「大丈夫ですよ。そうだ、何か食べたいものはないですか?」
そして不思議なことに、その時から憑き物が落ちたようにピタリと夜の街をふらつくこともしなくなり、セックスに対する執着もなくなったのです。
さっそくワレメを大きく掻き広げ、赤い濡れ谷間をペロペロ舐め回しfした。
我知らず飛び出した甘え声に、自分でもびっくり。
コソロの上の鍋がふきこぼれそうになっていました。
俺はグイグイと股を葉月の尻に押し付けた。
それも色んなパターンの夢精をして、彼女に合わす顔すらないように思えるのだった。
それまで私が付き合ってきた貧乏な男たちは、誰も車なんか持っでいませんでした。
「おう、あの大人しそうな奥さんだろう?」
終わると娘は、こちらが小金持ちの年金ジジイと見たのか、やたら愛想がいいのです。
藤右衛門はもう六十で、家を息子夫婦に譲り、離れで隠居暮らしをしている。
ママさんにそそのかされ、おもむろに腰をあげた。
「何よ、そんなにうちの亭主の方がいいの?」
「ホントかしら…」
けれども、それ以来、夫の行動に変化が見られました。
宿の添乗員控え室に押し掛けられて、一晩に四人の女性を相手にしたなんてこともありました。
話しを聞くと、彼女たちはF温泉郷の芸者衆でした。
力任せに指を引き抜き、後ろに飛び退き半多氏。
「ほんと、ほんと」
四つん遣いで喘ぐ私の口に、今度は吉崎さんのものが無理矢理ねじこまれました。
飲みに誘うのはもちろんのこと、占いと称しては手を握る、マッサージといっては肩を操む。
「一人で飯食っても味気がないんで、少しあがっていきませんか」
「あうっ~そうなの。亡くなった主人に仕込まれて、今まで痰いて疼いてしょうがなかったの」
しかし、そのころ人気のあった風俗雑誌などを読んでいるうちに、赤線に関する記事で印象的なものに出会ったのである。

痴女インストラクター 里美ゆりあ

サンプル動画

BEST of 美FACE ~美しい顔にはザーメンが似合う!~

タイトル: BEST of 美FACE ~美しい顔にはザーメンが似合う!~
キーワード: ベスト・総集編、顔射、その他フェチ、独占配信
女優: 竹内あい、橘れもん、藤本AYAY、愛あいり、黒木アリサ、松生彩、杉原桃花、夏樹あい、新名しおり、南りん
メーカー: 美
レーベル: BEST(美)

ネットの口コミ

「あはん、んもう。これからは絶対に喜美恵さんの隣に座らないで。あの人、男漁りが目的で教室に来てるのよ。そんなふしだらな人に近寄らないで」
とりあえず圭子を女主人にして、私も銀行をやめて手伝うことになりました。
淫唇のジメつきとは比較にならない潤みが待っていたのです。
そして、女同士が私の取り合いをして競争するようになってくれば、もう「ものにしよう」なんて思う必要がない。
しかし、根が淫乱なのだから、これはと思う男が見つかると、自分からモーションをかける。
「そっちを向いていて下さい、恥ずかしいから」
女は、私の体をタオルで丁寧に拭き、素早くシャワールームを片付けた。
先生は私に何て答えていいのかわからないような困った顔をしていましたが、何も言わずに私の肩を抱いて髪を撫でてくれました。
「困るって…それって、毎日のようにしている女性の答え方ですよ。加奈子さんが、毎日しているというなら、こんな嬉しいことはありませんね。だって、それだけ、ポクの愛情を貴女が感じ取ってくれている証拠ですからね」
「だから、アンタのアソコから出る蜜を飲ませて欲しいんだ」
セックスで、こんなにも深い快感があることを思い知らされました。
嘘ではなさそうでした。
「あ~、私はもう女を魔業しなくちゃいけないのかしら……。このまま一人でどんどん老いていくのかしら…」
その日の夕方、大学の講義を終えた私は麻美の家に向かいました。
「あぁあぁ。こうですかぁ?」
六十五歳で定年退職して、しばらくは嘱託として働いていたが、兄が死亡したため、葬儀に列席するために故郷へ帰った。
でも、私が期待していたように、デートに誘ってくれる客はなかなか現れませんでした。
仕事を失い、女房とも離婚し、家を売り払ってアパートに引っ越した。
聞くのは、いつも深夜というか明け方です。
そのままぐったりと前後不覚に前に伏してしまった。
たぶん、看板の灯を消したのだろう、再びカウンター席に座った。
ところがマンションの地下の駐車揚に入り、貫井宅のスペースに停車してから、急に私を抱き寄せてきました。
酒落のつもりでウインクをしておいた。
西島は、かなりの遊び人のようでした。
美人のクソのニオイ、これは卑猥です。
白い指に包まれたとき、私は傘を手から落として、射精してしまったのです。
仕返しなんてするつもりはない。
肩と肩が触れ、腕と腕がくっつきます。
それも、この年になって……。
歳が一番若い、といっても五十代半ばだが、ということもあるのだろう、男達は彼女に対して猛烈なアプローチを仕掛けていく。
その時、あっさり閉められていくドアの隙間から玄関の三和土に見慣れない女物の靴があるのに気づいたんです。
そこは大そうな門構えで、唐草模様の門扉がしっかりと俺の行く手を閉ざしている。
ふしぎと、それは確信に近いものだった。

BEST of 美FACE ~美しい顔にはザーメンが似合う!~

サンプル動画