手マン道 手淫を愛する漢達に捧げる譚歌 8時間!!

タイトル: 手マン道 手淫を愛する漢達に捧げる譚歌 8時間!!
キーワード: ベスト・総集編、4時間以上作品、指マン、デジモ、独占配信
女優: 横山美雪、希崎ジェシカ、希志あいの、希美まゆ、二宮沙樹、かすみ果穂、Rio、初音みのり、冬月かえで、黒木いちか
メーカー: アイデアポケット
レーベル: アイデアポケットBEST

ネットの口コミ

彼女の瞳には嫉妬の色がありありでした。
私が圭子をはじめて見たのは、結婚式の当日のことでした。
「俺のオチンチンをアソコの穴に入れてあげましょうか? どうします?」
誘ったのはもちろん私ですが、そのころ里子はいつも、一緒に旅行に行きたいといっていたのでした。
室内に入った途端、定子は二人掛けのソファーに座り込んだ。
私は、不思議と悲しいとば思いませんでした。
そのたびに女が堪え切れないような喜悦の声を上げた。
そうして私がオルガスムスを迎えた時、
彼女は、両手を差し出レ、肩までの豊かな髪を靡かせて、私の胸に飛び込むような勢いで近づいてきました。
看護帰は驚いた。
私は二十五歳のときに、職場で出会った男性と結婚しました。
「おいおい、俺のケツメドをさんざんいじっといてそれはないだろ」
次の瞬間、何のつかえもなくずるんと大きな物が潜り込んできて、私は久しく味わうことのできなかった激しい快感に襲われていったのです。
心配になった私は学生簿を調べて彼女の自宅に電話したのです。
その帰り際に、互いの携帯篭話番号を交換した。
「リラックスしなさい。もっと楽にしなくちゃ……」
彼のおかげで初めて深い歓びを知り、私の牲感は一気に開花しました。
(なるほど、もう今日の仕事は終わったのか…)
こちらが、年寄りだったので、店の方が気を利かして聞いてくれたようです。
娘の糸子は今年十八。
生娘らしく、顔を左右に振って髪を乱した。
それだけでなく、あともう一回六万円を貰えたらもっと助かるのに、という浅ましい考えまで頭によぎってしまったのです。
このホテルは駅の改札口横の通路を通ると直接チェックイン可能という、当時としては珍しいタイプで正面玄関からの出入りする姿を見られないところから、遊び人の穴場として利用され、『隠れたラブホテル』の別名があった。
彼は女の肉体に精通しており、驚愕の技量を持っていたのです。
「卑根な言葉で罵って」
「なんでもようしゃべるねんなぁ。芸者は口が固いもんやと思うとったがなぁ」
とりたてて用事があるわけでもなく、私の情事の様子をあれこれと探っては帰っていく。
(革靴は半年ほど延ぱすとするか)
腰を突き入れられるごとに、狂おしい気持ちが自分でも恐ろしいほど高まっていくのがわかります。
さて、我々のマドンナであるS婦人を含んだ一行は宿に着くなり乱痴気騒ぎ。
その奥さんがある日、パート仲間と遊びにいった先で軽い自動車の衝突事故を起こし、入院してしまったことが、私の平凡な生活に変化をもたらすことになったのです。
その頃、証券業界もオンライン化が進み、若いのにPCを使いこなせなかった俺は、上司にもOLにもバカにされてばかりいた。
無数の死体の浄化作業の詳細については、ここでは書き述べる気持ちはない。

手マン道 手淫を愛する漢達に捧げる譚歌 8時間!!

サンプル動画