BEST of 美FACE ~美しい顔にはザーメンが似合う!~

タイトル: BEST of 美FACE ~美しい顔にはザーメンが似合う!~
キーワード: ベスト・総集編、顔射、その他フェチ、独占配信
女優: 竹内あい、橘れもん、藤本AYAY、愛あいり、黒木アリサ、松生彩、杉原桃花、夏樹あい、新名しおり、南りん
メーカー: 美
レーベル: BEST(美)

ネットの口コミ

「あはん、んもう。これからは絶対に喜美恵さんの隣に座らないで。あの人、男漁りが目的で教室に来てるのよ。そんなふしだらな人に近寄らないで」
とりあえず圭子を女主人にして、私も銀行をやめて手伝うことになりました。
淫唇のジメつきとは比較にならない潤みが待っていたのです。
そして、女同士が私の取り合いをして競争するようになってくれば、もう「ものにしよう」なんて思う必要がない。
しかし、根が淫乱なのだから、これはと思う男が見つかると、自分からモーションをかける。
「そっちを向いていて下さい、恥ずかしいから」
女は、私の体をタオルで丁寧に拭き、素早くシャワールームを片付けた。
先生は私に何て答えていいのかわからないような困った顔をしていましたが、何も言わずに私の肩を抱いて髪を撫でてくれました。
「困るって…それって、毎日のようにしている女性の答え方ですよ。加奈子さんが、毎日しているというなら、こんな嬉しいことはありませんね。だって、それだけ、ポクの愛情を貴女が感じ取ってくれている証拠ですからね」
「だから、アンタのアソコから出る蜜を飲ませて欲しいんだ」
セックスで、こんなにも深い快感があることを思い知らされました。
嘘ではなさそうでした。
「あ~、私はもう女を魔業しなくちゃいけないのかしら……。このまま一人でどんどん老いていくのかしら…」
その日の夕方、大学の講義を終えた私は麻美の家に向かいました。
「あぁあぁ。こうですかぁ?」
六十五歳で定年退職して、しばらくは嘱託として働いていたが、兄が死亡したため、葬儀に列席するために故郷へ帰った。
でも、私が期待していたように、デートに誘ってくれる客はなかなか現れませんでした。
仕事を失い、女房とも離婚し、家を売り払ってアパートに引っ越した。
聞くのは、いつも深夜というか明け方です。
そのままぐったりと前後不覚に前に伏してしまった。
たぶん、看板の灯を消したのだろう、再びカウンター席に座った。
ところがマンションの地下の駐車揚に入り、貫井宅のスペースに停車してから、急に私を抱き寄せてきました。
酒落のつもりでウインクをしておいた。
西島は、かなりの遊び人のようでした。
美人のクソのニオイ、これは卑猥です。
白い指に包まれたとき、私は傘を手から落として、射精してしまったのです。
仕返しなんてするつもりはない。
肩と肩が触れ、腕と腕がくっつきます。
それも、この年になって……。
歳が一番若い、といっても五十代半ばだが、ということもあるのだろう、男達は彼女に対して猛烈なアプローチを仕掛けていく。
その時、あっさり閉められていくドアの隙間から玄関の三和土に見慣れない女物の靴があるのに気づいたんです。
そこは大そうな門構えで、唐草模様の門扉がしっかりと俺の行く手を閉ざしている。
ふしぎと、それは確信に近いものだった。

BEST of 美FACE ~美しい顔にはザーメンが似合う!~

サンプル動画