痴女インストラクター 里美ゆりあ

タイトル: 痴女インストラクター 里美ゆりあ
キーワード: インストラクター、ハイビジョン、独占配信、デジモ、淫語、単体作品、痴女、DVDトースター
女優: 里美ゆりあ
メーカー: ムーディーズ
レーベル: MOODYZ DIVA

ネットの口コミ

「ほら、内海さん、この部分がまだ塗り終わってないわ」 釉薬を塗っている私にぴったり寄り添って世話を焼いているのは五十五歳の喜美恵さん。
その気配は、人妻というより、なんだか女学生のようでした。
指がにゅるりとめり込んでハッとしました。
里子がやりたくなったときに私の家にやってくるのです。
私はだらしなく声を出してしまう。
私はしばらく、渡辺さんの胸に顔を埋めて泣きました。
小さな三角の布に紐がついただけの、男の劣情を誘うためだけの、そして男に脱がされるためだけの小さな布切れだった。
今年、十五歳になった娘が高校に通い始め、超短いスカートを穿いて男性の視線をイタズラに挑発している姿を見ていると、学校の先生もつくづく大変な仕事だな、と同情する思いさえ感じるのです。
「先生、わたし、誘われるままについてきてしまい、軽率だって思われて:…でも、どうか、わたしのこと嫌いにならないでください」
「大丈夫ですよ。そうだ、何か食べたいものはないですか?」
そして不思議なことに、その時から憑き物が落ちたようにピタリと夜の街をふらつくこともしなくなり、セックスに対する執着もなくなったのです。
さっそくワレメを大きく掻き広げ、赤い濡れ谷間をペロペロ舐め回しfした。
我知らず飛び出した甘え声に、自分でもびっくり。
コソロの上の鍋がふきこぼれそうになっていました。
俺はグイグイと股を葉月の尻に押し付けた。
それも色んなパターンの夢精をして、彼女に合わす顔すらないように思えるのだった。
それまで私が付き合ってきた貧乏な男たちは、誰も車なんか持っでいませんでした。
「おう、あの大人しそうな奥さんだろう?」
終わると娘は、こちらが小金持ちの年金ジジイと見たのか、やたら愛想がいいのです。
藤右衛門はもう六十で、家を息子夫婦に譲り、離れで隠居暮らしをしている。
ママさんにそそのかされ、おもむろに腰をあげた。
「何よ、そんなにうちの亭主の方がいいの?」
「ホントかしら…」
けれども、それ以来、夫の行動に変化が見られました。
宿の添乗員控え室に押し掛けられて、一晩に四人の女性を相手にしたなんてこともありました。
話しを聞くと、彼女たちはF温泉郷の芸者衆でした。
力任せに指を引き抜き、後ろに飛び退き半多氏。
「ほんと、ほんと」
四つん遣いで喘ぐ私の口に、今度は吉崎さんのものが無理矢理ねじこまれました。
飲みに誘うのはもちろんのこと、占いと称しては手を握る、マッサージといっては肩を操む。
「一人で飯食っても味気がないんで、少しあがっていきませんか」
「あうっ~そうなの。亡くなった主人に仕込まれて、今まで痰いて疼いてしょうがなかったの」
しかし、そのころ人気のあった風俗雑誌などを読んでいるうちに、赤線に関する記事で印象的なものに出会ったのである。

痴女インストラクター 里美ゆりあ

サンプル動画