風間ゆみが新橋で逆ナンして即尺SEXしている間についでに同級生マネージャーもヤっちゃった

タイトル: 風間ゆみが新橋で逆ナンして即尺SEXしている間についでに同級生マネージャーもヤっちゃった
キーワード: 巨乳、企画、パイズリ、逆ナン、単体作品
女優: 風間ゆみ
メーカー: ナチュラルハイ
レーベル: NATURAL HIGH

ネットの口コミ

彼女はまだ五十歳ちょっとで、ご主人の経営している設計事務所の役員をされています。
「わたしねえ、いつか小さな幼稚園をやってみたいと思ってるの」
大家さんの肩がビクッと震えたのもその時でした。
それは、いまの彼女と別れたときです。
しかし、根が淫乱なのだから、これはと思う男が見つかると、自分からモーションをかける。
「あふうん、あああ、あああ、んんっ」
しかし、私が妻の体に手を伸ばすと、妻は私を拒んだ。
結局、「受験に専念できるように」とか、「大学に合格したらまたね」とか、そんな理由で、いつの間にか私たちは逢わなくなっていました。
粘膜の艶に初々しさが溢れています。
しかし、家に戻ればもはや、あの看護婦の、いや、女の汁を飲むことはできない。
自分を全否定されているような気がして、何をしていても子供が産めないということが気になって、生きていることさえ辛くなっていたのです。
「うお!」
「あの…、ちょっと…、待ってください…」
しばらくしても帰ってきません。
フワ~と女体の匂いが鼻先を刺激した。
両腿を緊脹させて彼女は泣き声を発した。
「うん、そうかもな」
これ以上は無理だと思った私は、妙子と別れることにした。
大人のオモチャでも使って悪戯して泣かして遊びたいところですが、個室ではないので大人しぐ抱いたり吸ったりしながら、隣のボックスをそれとなく覗いて楽しんできました。娘は、こちらの半立ちのフニャマラを一生懸命に舐め上げてくれます。
「だば、嵌めてやるだ。もっと股さおっ広げや……だどもわしのの珍宝は、青二才の伝吉とは違って大っけえで、その心算でいろや」
まだまだ精力が残っでおり、ここらでブスッと女穴を突つきたくなった。
まさかお金のことで悩んでいるなんて人に知られたくありませんから、私は澄まして白を切ったつもりでしたが、夫よりも大分年上の貫井夫人は馴れ馴れしく私の手をギュッと握ってきてこう言ったのです。
すると千葉氏が、
「あふうぅ一つ、気持ちいいの、すごくいいの、アソコが快くて堪らないのっ」
初めはためらいがちに応じた彼女でしたが、じきに私の舌をその口中に受け入れ、舌と舌を絡めて、きつく吸い合ったのです。
吹田の千里丘陵に広がる万博は、それは壮大で活気にあふれた現場でした。
時間はまだ大丈夫よね。
「もう、お風呂がいい頃よ」
彼の声が熱を帯びて、手付きも乱暴になっていましたが、私は何だか無理矢理されているような行為に胸が沸き立つような気持ちさえしていました。
中には真っ赤なドレスを着て
「昨日はどなたかお客さんでしたの?」
そんなある日、課長からこんなことを言われた。
(まあ、こんなもんだろう……いいほうかもしれない)

風間ゆみが新橋で逆ナンして即尺SEXしている間についでに同級生マネージャーもヤっちゃった

サンプル動画