義母と義姉 (家庭内の誘惑)

タイトル: 義母と義姉 (家庭内の誘惑)
キーワード: デジモ、義母、3P・4P
女優: 風間ゆみ、瞳れん
メーカー: ワープエンタテインメント
レーベル: encore

ネットの口コミ

ところが思わぬ伏兵に出くわしたのは、次回の教室が開かれた金曜日のことでした。
しかしそのあいだ、圭子に再々婚の話がいくつも舞いこんでくるかもしれません。
「え? どうしちゃったの? そうよね、みんなが親御さんの所に帰ったというのに松岡君だけ居残りですものね。寂しいわよね」
前の彼女の知り合いだったのです。
私は思う。
照れ笑いする渡辺さんが、とても愛おしくなりました。
そして、私の耳に口を寄せると、囁いた。
あまりの気持ち良さに、私はビクピクと内股を震わせて、
「そんな他人行儀な言葉遺いはもう止めてください」
「食べなきゃダメですよ」
これだけの人数の男性が、私を女としてみて、セックスしてくるのが、自分自身を保つ支えになっていたのです。
強烈な刺激に思わず声が出ました。
傍らのプラスチックボトルから透明な液体を掌にたっぷり絞り出すと、私の下腹部におもむろに塗り込み始めたのです。
それから間もなく、麻美は大学を退学してしまいました。
上目で頭を下げ、背を向けた。
「うん…」
すると照維は体の向きを変え、私の股間に顔を寄せると同時に、私の顔を膝で跨ぎ、勃起したチンチンの先で唇をつつきました。
ヤバイと思ったわたしは身を隠そうとするが、辺りには電信柱もない。
射精に伴う快感度が弱くなってしまい、逆に中身の濃いエロ気分が欲しくなるのです。
「アノーそれは、旦那さんにいじくられると」
「お爺ちゃんでも、女を抱きたいのネ。でも、できなかったけど……」
つまりセックスまでさせる愛人契約を申し込まれたのです。
井田氏は婦人洋品を扱う貿易商社を経営している。
と同時にスカートを捲り上げ、素早い手つきでショーツを引きずり下ろしてしまったのです。
私は今度は意識的に彼女の手を握りしめました。
昼からはバスも来るそうで、そのバスで彼女たちも帰るとのことでした。
どうやら、私はたぐい希な「キンチャク」だったらしい。
かなりボリュームのある肉塊でした。
彼は、濡れそぼった肉の合わせめに、硬く反り返ったペニスをあてがったまま焦らしてきました。
その夜は宴会となり、もちろんS婦人もD爺さんも、そしてKさんも参加した。
けれど、その後ご主人は私を避け続け、そのうち奥さんが退院してきてしまいました。
「今どきそんな話しは誰も信じないわ」
サチコの肉体は熱かった。

義母と義姉 (家庭内の誘惑)

サンプル動画