働く巨乳熟女たち

タイトル: 働く巨乳熟女たち
キーワード: 女医、巨乳、職業色々、熟女
女優: 風間ゆみ、葉月奈穂、黒木麻衣
メーカー: Mellow Moon
レーベル: Yellow Moon

ネットの口コミ

綾子さんから問い詰められても私は知らばっくれました。
私は、父に嫉妬しました。
鮭は北海道にいた頃でもたまにしか食えない贅沢品だったし、肉ジャガと味噌汁はまさにオフクロの味だったからです。
彼女の名は、下田里子。
よけいなことを考えている間に、定子はソファーから立ち上がり、ベッドに寝転がる。
そして、そのとおりに試してみる私。
「そういうこと、そういうこと」
一瞬、何のことを言っているのか分からなかったのですが、すぐにフェラチオをして欲しいのだと気づきました。
もっと加奈子に意地悪がしたいのです。
綾香は驚きながらも頷いてくれた。
そして不思議なことに、その時から憑き物が落ちたようにピタリと夜の街をふらつくこともしなくなり、セックスに対する執着もなくなったのです。
引きつった声で年増ホテトル嬢が答えました。
私は翌日もそのローションのおかげで素晴らしい快感を得ることができたのでした。
私は麻美を引き離しました。
仕舞いには、彼女がトイレに立ち上がった時、
これが初恋なんだと強く思った。
当初は新妻気取りで甲斐甲斐しく働いていた私ですが、セックス三昧の毎日を送るうち、しだいに掃除や洗濯もお座なりになり、食事も店屋物で済ませてしまうなど、お気楽なものでした。
四十歳前後の女にここまで高飛車に出られると、流石に腹も立ちましたが、いわれるままに小生は靴下を脱いで女に手渡しました。
それこそ、真心を込めて奉仕するように、玉からサオ、亀頭部分を懇切丁寧にじっくりと舐めまわすのですが、どうもこの娘もエロ度が弱いのです。
「んだば言うとおりにするんじゃ」
七十過ぎでも、夜這いをうけいれたのか。
ですが次男である夫は、舅が立ち上げた別会社を任せられていたので、自由にのびのびとやれていました。
「あっ、あっ、そ、それえ~っ。いい~っもっと動いてえ~」
西島の実況中継は、私の性感をいよいよ煽りたてました。
「そ、そんな……」
桃太郎が帰った後、私は泥のように深い眠りに落ちました。
思い切り腰を高く上げて逃げようとしたその時だった。
返答に困っていると、なんと彼女は、
四つん遣いで喘ぐ私の口に、今度は吉崎さんのものが無理矢理ねじこまれました。
しかし、女が自らの羞恥心を振り払って身を呈してくれているのだ、応えないわけにはいかない。
と嘘をついてしまったのです。
「あうっ~そうなの。亡くなった主人に仕込まれて、今まで痰いて疼いてしょうがなかったの」
それまでに私が抱いたことのあるどの女と較べてみても、サチコの肉体は火のように熱い。

働く巨乳熟女たち

サンプル動画