恥辱のレイプ4時間

タイトル: 恥辱のレイプ4時間
キーワード: 3P・4P、レイプ・強姦、凌辱、独占配信
女優: みひろ、麻美ゆま、松島かえで、初音みのり、遥めぐみ、小川あさ美、桃瀬えみる、吉沢明歩、蒼井そら
メーカー: エスワン ナンバーワンスタイル
レーベル: S1 NO.1 STYLE

ネットの口コミ

黙々と釉薬を塗りながら、そんな二人のやりとりにじっと聞き耳を立てているのは綾子さんです。
十八のときに出征する大学生とわずか二週間だけの新婚生活を送り、終戦の一年前に夫の戦死を報されたそうです。
しかし品のいい美人である大家さんが股間にそんな匂いを隠していたのかと思うと刺激的で、今度は「見たい」という思いが猛烈に湧いてきました。
ねばねばの、それでいてあまりきつい匂いのしないおつゆでした。
映画は今流行の「3D映像」というやつだった。
恥ずかしながら、私はすっかり渡辺さんとのセックスに夢中になっていきました。
そう言いながらも女は拒まない。
そんな私の反応に驚いて、先生は、
「さあ、シャワーを使ってきなさい。今日のところは、加奈子さんも恥ずかしいでしょうから、別々に体を流すほうがいいでしょう。加奈子さん、時間をいくらかけてもいいから、全身、どこもかしこも、すっかり清めてきなさい」
看護帰は驚いた。
そして、三十歳になったときです。
ってね。
そんなことを何回か繰り返しながらとうとう六十を越してしまいました。
猛烈な悪臭が漂ってきました。
その時期はマンションローンで生活が苦しかった。
だから私たちは、通学のさいも人目を避けるよう気をつかったものである。
私は二つ返事で応じました。
何となくもったいない気もしたが。
とくに、こちらにサドの心理が働くともういけません。
器量も人並み以上に気立ても佳く、伝兵衛の独り息子の伝吉に見染められ今年の春、嫁いで行った許りだった。
合わせ目を一気に開いても生娘はじっとしていた。
薄いキャミソールの上をツーッと卑狼に指先を滑らせながら胸元のレースの縁取りの感触を少し楽しみ、私が飛び出さないのをいいことに、その手を下着の中まで差し入れてきました。
「あら、いやだ。計画的だったのね」
「いいわ、いいわよ、私ももう少し、もう少しでイケそうなの!」
彼女たちに言わせれば、女同士だと気を遣わなくていいから思いっきりハメを外せる、ということのようです。
私の目の前には、子供を産んだという芸者の重たげな乳房が湯をはじいて揺れていました。
『当人はだめだったけど、彼にそっくりな人をゲットしたわ。今度の日曜日、栄町の丸賀パーキング脇のコーヒーショップで。彼はロートレックの写真を持って待ってるから。名前は藤枝さんです』
彼女の口からそんな言葉が出るなんて、まったく予期しない話だったからです。
彼はそう言いながら、後ろから挿入してきました。
とか何とかいって甲斐甲斐しくもてなしてくれたがこのごろは邪魔もの扱い。
まだ帰ってきたばかりなのか、うちの主人のようなだらしない格好と違い、スラックスとスポーツシャツという姿で、私が差し出したタッパーをドギマギした様子で受け取ってくれました。
俺は奥さんにさっきやられたように、指先を曲げて直腸の内壁を擦った。
しかし心の中では豹変してしまった幸恵という存在にはすっかり愛想を尽かし、何度となく別れたいと思ったかわからない。

恥辱のレイプ4時間

サンプル動画