痴女保健医 麻美ゆま

タイトル: 痴女保健医 麻美ゆま
キーワード: 女医、巨乳、痴女、単体作品、DVDトースター、独占配信、ギリモザ、コスプレ、ハイビジョン
女優: 麻美ゆま
メーカー: エスワン ナンバーワンスタイル
レーベル: S1 NO.1 STYLE

ネットの口コミ

そして明らさまに挑戦的な視線を注いできたのは波恵さん。
当時私は、東京にある大学の四年生で、目白に住んでいました。
ホームシックに押し潰されそうになっていた時だけに大家さんのほのぼのとした優しさが痛いほど胸に染みてきたのです。
そして里子もまた、そういう女だったのです。
二人は誰に気付かれることもなく、白昼からホテルで絡み合った。
さあ、手を離して、あなたのすべてを僕に見せて…」
細く書いた眉、いつもより濃い目の化粧、そして鮮やかなルージュを刷いている。
途中で体位を変えて、ベッドの上で四つん這いになった私は、お尻を抱え込むようにして背後から挿入してきた先生と交わりを統けていました。
「オマxコって、大声で、元気よくいってごらんなさい、加奈子さん」
そういって看護婦はまずい飯を無理やり食わそうとするが、美食家で鳴らしていた私は病院の食事など喉も通らない。
夫は長男でした。
「まあ、年季が入ったご立派な持ち物ですこと」
私は翌日もそのローションのおかげで素晴らしい快感を得ることができたのでした。
その時、私のなかでは道徳心と性欲が懸命に戦っていました。
廊下に誰もいない事を確かめ、「使用中」という札をドアに付けて鍵を閉めた。
二年あまりの本当に短い夫婦生活だったが彼女は本当に私の元を去って行った。
中学時代は胸が目立つのが恥ずかしかったのですが、高校生になると逆にそれが自信になりました。
女将はわたしの手を取って、着物の襟元から胸乳に誘う。
しかし、個室と違って適度に気が散るせいか発射までの時間がコントロールできるので、なかなかその気にならず、いくらでも舐め続けさせることができます。
「どうして出されて来たんじゃ」
ママさんは、引っ越しの事情を知りたいらしい。
「そりゃいい。だったらこつちはションベン浣腸でもしてやるか」
「ゲッ!参ったなぁ」
彼の熟練した技量によって、私の性感は天井知らずに舞い上がってゆきまtた。
イヤイヤと頭を振る姿が、むしゃぶりつきたいほど刺激的で、すかさず舌を突き出し、小陰唇の合わせ目から先端を覗かせているクリトリスをゴリゴリと舐め上げました。
なんだか気持ちも自棄になって、持て余した性欲をどうする術もなく、暗くなってからまた、あの関東煮屋の暖廉をくぐったのです。
「あら、だったら、あなたもどう? よかったらいい人紹介してあげるわよ。私の浮気も大分年季が入ってきてね。友達の輪みたいなのが出来てるの。ほら、いい物見せてあげるわ……」
ところが何故か彼女はなかなか受け取ろうとしないので、腕を掴んで引き寄せたのです。
夫が生きているときから、夫の愛人に対する意地もあって、女としての身だしなみには充分気をつけてきたつもりではありましたが、やはり、六十二歳の肌身をさらすのは恥ずかしく抱かれるということは、私にとってとても勇気がいると申しましょうか……躊躇したのは確かです。
どよめきが起こる。
ただお隣にタッパーを持っていくだけだというのに、私は化粧台の鏡の前で白髪が目立たないか髪を整え、軽く白粉をはたき、妙に上ずった気分で出ていったのです。
奥さんの叱責の声。
ちょうどよい湯かげんにして、二人は全裸で浴槽に浸かった。

痴女保健医 麻美ゆま

サンプル動画