犯された女教師 ~逃れられない凌辱 麻美ゆま

タイトル: 犯された女教師 ~逃れられない凌辱 麻美ゆま
キーワード: 凌辱、女教師、レイプ・強姦、3P・4P、ギリモザ、DVDトースター、ハイビジョン、独占配信、単体作品
女優: 麻美ゆま
メーカー: エスワン ナンバーワンスタイル
レーベル: S1 NO.1 STYLE

ネットの口コミ

実は教室には秀麗のご婦人や未亡人といった参加者が大勢いて、黒一点の私のモテモテぶりたるや自分でも信じられないほどなのでございます。
わが酒造会社の商品を売りこみにゆくわけですから、それはわるくないアイデアだったのかもしれません。
「いいの。何も言わないで。あたしの言うとおりになさい」
仕事なんか、しょうがなくやっていただけです。
私は定子のパンティを脱がしにかかる。
「うふうう、はあ、ああっ、ああぁん」
私は担当課長を五一七号室に放り込むと、ホテルの一回のエレベーター乗り揚の近くで女を待つ。
「おう、中井か」
淫らな四文字を口にするとき、女性は幾分のためらいをみせるものですが、加奈子は肩で激しく揺すりながら、迷わずに呻きました。
「体力さえ付けばすぐに退院できるって先生もいってますよ」
そんな生活が一年ほど続いたでしょうか。
乾いた悲鳴を放って年増ホテトル嬢が仰け反りました。
特に膣内の乾燥は激しく、更年期以前には欲情していない時でもぬるぬると湿っていたのが、まるで干上がった井戸のようになってしまったのです。
彼女は呆然としています。
ブレイ中に怪我をしたり、具合が悪くなったりした時に使用する部屋だ。
だが、専門分野を活かせる商社に勤めて、仕事も面白くなっていたので、村へ戻って本家の農業を継ぐには、体力的にもムリであった。
ナイトクラブの経営など真っ赤な嘘。
そして、勃起したわたしをつまみ出して扱き、そのまましゃがんでしゃぶり始めた。
とはいえ、完全な密室ではありません。
「アノーそれは、旦那さんにいじくられると」
「うふふ、観察してたのネ」
逃げる間もなく顔に夫人の秘股が圧しつけられ、私が舌を這わせるまで豊満なお尻を揺さぶってくるのです。
千葉氏が、
(何が、毎日残業で疲れるよ。終業ベルが鳴ると同時に、いそいそ出てきたじゃないっ)
ですが、温泉に入った直後とあって、オマ×コ特有の卑殺な臭気は残っていませんでした。
お世辞のつもりだったのでしょう。
「彼女には内緒だよ」
着痩せするタイプなのでしょうか、乳房は驚ぐほどでかく、しかもパンパンに張っているのです。
「ねえ、佳代子さん、今夜はもっと感じることしてみないか?」
私は早速申し込み、通うことにした。
するとご主人は、私が予想してなかったことを言い出しました。
その知的な顔立ちといい、もの憂い雰囲気といい、瞳の翳り具合といい、妙に男の欲望をそそってくるのだ。
私は、私の結婚に関して幸恵が事を荒立てようとはしないかぎりは、その存在を妻となるべき相手にも絶対に生涯ずっと隠し通す決心を心に固めると、友人の紹介してくれた女性の中から一人を選び出して、いよいよ華燭の典を挙げることに踏み切る決心をしたのだった。

犯された女教師 ~逃れられない凌辱 麻美ゆま

サンプル動画