痴漢バスおとり捜査官 麻美ゆま

タイトル: 痴漢バスおとり捜査官 麻美ゆま
キーワード: DVDトースター、レイプ・強姦、巨乳、職業色々、単体作品、痴漢
女優: 麻美ゆま
メーカー: アリスJAPAN
レーベル: アリスJAPAN

ネットの口コミ

「はあ?」
弟はそんな感想を吐き捨てながら、すこしずつ立ち直ってゆきました。
同じ敷地内に住んでいた大家さんが自宅の夕食に招いてくれたのです。
だから、こちらとしてはもう、そうだといってうなずくしかありません。
そして、定子の背中に手を回し、ブラジャーのホックを外す。
見下したような態度の夫に対して、渡辺さんは、的確にワンポイントだけ指摘。
「ああん、そんなところを弄らないでよ、感じちゃうわ」
そして、ふと会話が途切れた時、秋本君のベッドに腰掛けていた私の横に、彼が座り込んできて、
「先生、わたしったら…」
「アンタの蜜が飲めれば、わしは死んでもいい」
そう吐き捨てるように言われたのです。
「おいおい、俺のケツメドをさんざんいじっといてそれはないだろ」
私は翌日もそのローションのおかげで素晴らしい快感を得ることができたのでした。
私は驚きの声をあげてしまいました。
俺は初めての快感に酔い、叩き続けた。
「本当に!」
幸い何も知らなかった私は「事件に関わりなし」として放免されましたが、照雄は起訴され、裁判で実刑判決を受けました。
慣れないことをしないで普通が一番私に似合っているということだろう。
案内されて、中に入ると確かにボックス席タイプの店ですが、三方がカーテンで遮られて他の席はほぼ見えません。
仕方なく糸子は、向こう向きになって着物を脱ぐと、腰巻きだけ残し、おずおずと寝床で横になった。
どうも、いけない。
ところがマンションの地下の駐車揚に入り、貫井宅のスペースに停車してから、急に私を抱き寄せてきました。
わけの分からない私を夫人がリードし、抱き合ったまま反転する。
飲んでいるあいだも、夫とあの女のことが脳裏をよぎって仕方ありませんでした。
マン穴のヨガリ汁でヌルヌルになっていた中指が、窮屈なすぼまりを押し退けて、直腸にズッポリとめり込んでました。
昭和四十五年。
「初めての浮気、どうだった?」
「あなたが純粋に好きだったから……」
「ほら、もうこんなに濡れてるよ、佳代子さん」
うんざりした様子でKさんはいう。
居間に続く和室には布団が敷かれたままで、昨夜はこの上でと私はつい飲み慣れないブランデーに口をつけながら見てしまったのです。
奥さんが気持よさそうに喘ぐ。
と囁くたうに言ってやると、サチコは、

痴漢バスおとり捜査官 麻美ゆま

サンプル動画