kawaii*美少女100人8時間SPECIAL

タイトル: kawaii*美少女100人8時間SPECIAL
キーワード: ベスト・総集編、騎乗位、美少女、独占配信
女優: 横山美雪、大橋未久、佐藤ひろ美、森美咲、五十嵐こころ、冬月ななみ、茅ヶ崎ありす、澤井由奈、夢美ここ、高岡紗英
メーカー: kawaii
レーベル: kawaii

ネットの口コミ

そして、しどろもどろでいる私は優柔不断どころか「エロジジィ」という不名誉なレッテルを貼られて、陶芸教室に参加することすらできなくなってしまったのです。
「そうしたいわ」
しかしそれが運の尽きでした。
ホテルでセックスするというのは、あまり好きじゃありません。
「はい、だから」
「私が上役の娘だったから」
酷いのが来たらすぐにチェンジだ。
と言うと、次第に先生の腰の動きが速くなっていきます。
加奈子がリアルなオナニーを披露してくれたのは、四度目のデートのときでした。
金は払うが何もセックスが目的ではない。
私は何かに救いを求めるかのように、その頃から夜になると、街をふらつくようになっていったのです。
ただし悶えながらも仕事はちゃんとこなして、わがケツメドに入れた指をウネウネと揺らしてくるのです。
男の一人暮らしと聞いていたわりには家の中は片づいていてびっくり。
紙をまとめた私は、羞恥に体を霞わせている麻美の肛門にそれをあてがいました。
葉月が僅かに尻を左右に振った。
そして夜を迎えた。
出かける時間は早番だと午前七時にはシフトについていなければならず、遅番の時は十一時からの勤務です。
慣れないことをしないで普通が一番私に似合っているということだろう。
そこで、エロ度の濃い娘をゲットしたくて、そろそろ新規開拓の店でもとインクーネットで探していると、自分好みのサロンが一軒見つかりました。
勢い込んでグウーッと押し込み、
「へえ、そうなんだ」
「私ね、佐伯さんの悩みをなんとかしてあげたやんだよ。こんなご時勢だからね、色々と大変でしょ。娘さんもお金のかかる名門学園に通わせてることだしねえ」
苦もなく嵌まると、。
感じのいい男性だったので、私は彼の誘いに乗ることにしました。
ですが、温泉に入った直後とあって、オマ×コ特有の卑殺な臭気は残っていませんでした。
腰はくびれていましたが、腹も出ていました。
「石井さんはどんなダイプが好み?顔?体格?それともテクニック?この人なんか、どう?身長は百七十弱。中肉中背。見た目は普通だけど、あっちが凄いの。普通の時はそうでもないけど、勃起するとびっくりするくらいの大きさになるのよ……」
後ろから抱き寄せ、うなじのあたりに唇を付けたのです。
彼の手が優しく内股を撫で上げ、下半身にかけて指を這わせてきました。
そこに集まっていたのはほとんど同年輩か、年上ばかり。
外廊下には各家庭の風呂場の窓しかなく、中の様子が全く解らなかった私は自宅に戻り、今度はベランダに出てお隣をそっと覗いてみました。
奥さんの叱責の声。
なにしろハネムーン最中の新妻との房事の折りにさえ、幸恵の潤湿なオマ×コが頭をかすめるくらいだったから、弓子には申し訳ないと思いつつを幸恵の肉体が恋しくてならなかったのである。

kawaii*美少女100人8時間SPECIAL

サンプル動画

ladies レズビアン 全30作品 Part2 8時間

タイトル: ladies レズビアン 全30作品 Part2 8時間
キーワード: レズ、ベスト・総集編、クンニ、おもちゃ、4時間以上作品
女優: 琥珀うた、新尾きり子、ayami、木村真子、愛葉みう、初芽里奈、福元美砂恵、松本まりな、羽賀そら美、Maika
メーカー: ジャネス
レーベル: ladies

ネットの口コミ

教員をやっていた頃の堅物の私からは想像できないようなモデモテぶりでした。
私には、能力的にも性格的にも、父のように生きてゆく自信はまるでありませんでした。
これで気を良くした私はさらに大胆な行動に出ました。
いま付き合っているのは、四十二歳の人妻です。
「なにも?」
私はたまらなくなって、腰をよじります。
私たち夫婦は、このまま他人になってしまうのだろうか。
その慣れた手つきで先生に胸を揉まれていると、私の中でくすぶっていた思いが一気に燃え上がってくるようでした。
「困るって…それって、毎日のようにしている女性の答え方ですよ。加奈子さんが、毎日しているというなら、こんな嬉しいことはありませんね。だって、それだけ、ポクの愛情を貴女が感じ取ってくれている証拠ですからね」
金は払うが何もセックスが目的ではない。
そうなると、夫婦仲もうまくいくはずもありません。
さっそくワレメを大きく掻き広げ、赤い濡れ谷間をペロペロ舐め回しfした。
「よくご一緒になりますね。よかったら今度から一緒に走りませんか。その方がお互い張り合いが出るでしょう?」
そんなことはわかっていても、聞かずにはいられませんでした。
ボールの一個位、なくてもいいか。
まわりには草花が咲き乱れ、青い空を眺めながら歌などを唱ったものである。
当初は新妻気取りで甲斐甲斐しく働いていた私ですが、セックス三昧の毎日を送るうち、しだいに掃除や洗濯もお座なりになり、食事も店屋物で済ませてしまうなど、お気楽なものでした。
加齢臭という言葉があります。
終わると娘は、こちらが小金持ちの年金ジジイと見たのか、やたら愛想がいいのです。
浅吉は面喰らってしまった。
「うふふ、観察してたのネ」
「あ、駄目…嫌…」
そして流れ出る唾液を利用し、胴の部分を小刻みにしごく。
「いい加減にしてくれよ。外で女を抱いていたら、ウチでまでする体力は残ってないよ」
もしこんなところを他の参加者に見られたりしたら大変です。
「あにやんには、ちと目の毒やなぁ」
「日曜日にお邪魔でしょ」
とにかく、前合わせになって抱き合いました。
「ふぐうう…ぅぐう…っ」
そのときは本当にそう思った。
彼の浮気相手にもして貰えなかった私は、自分が何と馬鹿な夢を見たのかと恥かしくなり、やはり平凡な人生が自分には合っていると思えたのでした。
俺は素直に深々と頭を下げて、奥さんに失礼を詫びた。
女って、どういうふうにマスをかくのか、実際にやって見せてくれ」

ladies レズビアン 全30作品 Part2 8時間

サンプル動画

この湯けむり美女がたまらない!

タイトル: この湯けむり美女がたまらない!
キーワード: ベスト・総集編、和服・浴衣
女優: みひろ、かすみ果穂、妃乃ひかり、風間ゆみ、美上セリ、志村玲子、春咲あずみ、上原優実、紅月ルナ、涼果りん
メーカー: マキシング
レーベル: MAXING

ネットの口コミ

世話女房よろしく色っぽい声で私の肩を小突く喜美恵さん。
それで、私の新しい人生がはじまりました。
呻き声を上げて大家さんの背中が弓なりに反り返り、亀頭部が女体に突き刺さりました。
努力してきたという言い方はおかしいですね。
中が締まつて肉棒と密着する。
「でも、こんなことではダメだよ。本番はこれからだからね」
「いいんですか、そんなことをして。経費が掛かりますよ」
と叫んでいました。
私が誘うと、加奈子は静かに頷きながら、
しばらくは我慢していた。
自分から激しく腰をくねらせて喘いでみたり、自分からフェラチオをしたり…。
「おいおい、なにする気だ!」
奥さんを亡くしてすでに三年。
「先生が君のお尻を拭いてあげるんだよ。遠慮しなくてもいいからね」
その帰り際に、互いの携帯篭話番号を交換した。
それと同時に、美登利へ東京に遊びにこないかと手紙を出したことがある。
やがて彼はそんなふうに、私に親しげに声をかけてくるようになりました。
一瞬、危険だと思った。
仕方が無いので、二日後に素人妻を指名して、たっぷり泣かしてエロ気分を満たしました。
「そうよ、指で擦ってつまんだり引っ張ったり……旦那さんはそうするだよ」
「そうネ、あなたから誘ってみてよ」
今思えば、あの雨の日にベンツに乗せられた時のことは、こうやって私を二人の奴隷にする為に夫婦で仕掛けた罠だったのではと思うのです。
と言いつつ、
そうは叫んでみたものの、口と肉体は裏腹でした。
「あああ、ひどい人。指を入れていいなんて言ってないのに」
「ちょっと時間があるよって、悪戯しに寄ったんよ」
「えっ、そうなの? いくらぐらい?」
舌に舌を絡ませ強く吸うと、彼女がナヨッともたれかかってきたのです。
温泉旅行に誘われた時に結ばれたのです。
私は駆け寄る。
こんな抱かれ方をすれば、私もうちの枯れた宿六なんてどうでもいいという気持ちにすらなります。
俺は殴りかかってやりたい衝動をおさえつけ、こいつを見返してやろうと固く決意した。
幸恵もまた即座に私に応えて、熱情をこめて能動的にセックスにのめりこんでくる。

この湯けむり美女がたまらない!

サンプル動画

美女をイカせまくる激ピストン70発8時間

タイトル: 美女をイカせまくる激ピストン70発8時間
キーワード: 独占配信、4時間以上作品、デジモ、ベスト・総集編、単体作品
女優: かすみ果穂、管野しずか、希崎ジェシカ、希志あいの、夏川るい、千堂ゆりあ、原更紗、杉崎夏希、つぼみ、美上セリ
メーカー: アイデアポケット
レーベル: アイデアポケットBEST

ネットの口コミ

捏ねることで無機質の土に生命を吹き込み、やがて己が分身ともいうべき作品に結実させる。
と、父が生きていたころよりは親しげな口調になることもありました。
しかも大家さんは舌を動かして亀頭部をペロペロ舐め始めたのです。
それだけという気持ちが、相手にも伝わるのでしょうかね。
「は、はい、でも…」
渡辺さんは満面の笑顔で答えてくれました。
これからあの部屋の中でどんな破廉恥な痴態が繰り広げられるのか、私は知らないことになっている。
私はその時が初めてだとは思えないほど先生の突き入れに反応して、身悶えるばかりでした。
恋仲の学生同士もいますから、彼らとホテルのロビーでばったり会うという可能性もあります。
綾香は私の一物を舐めたり、弄くったりするが十分に勃起しない。
結婚して六年も経っているのに、妊振しないというのは、どう考えてもおかしいと言うのです。
まさに男児一生の不覚。
自然と揺れ始める腰に、またまたびっくり。
麻美はそう言いながら泣き始めてしまいました。
葉月が顔を垂れて、小さく声を発した。
と自己嫌悪に陥ったりしたものだ。
「じゃあ、いっそのこと、ここへ引っ越してくるかい? 寮に住んでいたんじゃ、何かと不便だろう?」
わたしは恐る恐る、部屋の中に入る。
簡単に言えば、肛門からある種の器具を挿入して前立腺を刺激することで、射精することなし(ここからドライ、つまり乾いたという意味)に、果てることなく何時間でも快感に耽ることが出来るという驚異のオナニー法のことです。
と糸子が赤くなって俯き、口寵っていると、
無造作に訊かれて、わたしも黙って頷く。
さすがにその日は夫の顔をまともに見られない気持ちになっていましたが、夫も私をひきとめるチャンスはあったはずなのです。
「えっ、もうなのおー」
ひとしきり私の口唇と舌を堪能したあと、西島は私をベッドに押し倒しました。
こちらはもうタジクジ。
いくつかの仕事を経て、ようやく自分に合った働き場所を見つけて、強いやり甲斐を感じていた私は、寝る間も惜しんで夢中で働いたことを覚えております。
体中の表面が尖りに尖って、微かな悦びの目も逃すまいと張りつめている。
「来てくれたのね。もしかして来ないと思ったわ」
私は今までになく期待と不安とが渦巻く気持ちを抱きながら、彼の瞳に視線を絡ませました。
いつも和服に身を包んでいるが肉付きのいいのが何となく分かる。
「あ…あああ」
「今どきそんな話しは誰も信じないわ」
しかし、そのころ人気のあった風俗雑誌などを読んでいるうちに、赤線に関する記事で印象的なものに出会ったのである。

美女をイカせまくる激ピストン70発8時間

サンプル動画

痴女保健医 麻美ゆま

タイトル: 痴女保健医 麻美ゆま
キーワード: 女医、巨乳、痴女、単体作品、DVDトースター、独占配信、ギリモザ、コスプレ、ハイビジョン
女優: 麻美ゆま
メーカー: エスワン ナンバーワンスタイル
レーベル: S1 NO.1 STYLE

ネットの口コミ

そして明らさまに挑戦的な視線を注いできたのは波恵さん。
当時私は、東京にある大学の四年生で、目白に住んでいました。
ホームシックに押し潰されそうになっていた時だけに大家さんのほのぼのとした優しさが痛いほど胸に染みてきたのです。
そして里子もまた、そういう女だったのです。
二人は誰に気付かれることもなく、白昼からホテルで絡み合った。
さあ、手を離して、あなたのすべてを僕に見せて…」
細く書いた眉、いつもより濃い目の化粧、そして鮮やかなルージュを刷いている。
途中で体位を変えて、ベッドの上で四つん這いになった私は、お尻を抱え込むようにして背後から挿入してきた先生と交わりを統けていました。
「オマxコって、大声で、元気よくいってごらんなさい、加奈子さん」
そういって看護婦はまずい飯を無理やり食わそうとするが、美食家で鳴らしていた私は病院の食事など喉も通らない。
夫は長男でした。
「まあ、年季が入ったご立派な持ち物ですこと」
私は翌日もそのローションのおかげで素晴らしい快感を得ることができたのでした。
その時、私のなかでは道徳心と性欲が懸命に戦っていました。
廊下に誰もいない事を確かめ、「使用中」という札をドアに付けて鍵を閉めた。
二年あまりの本当に短い夫婦生活だったが彼女は本当に私の元を去って行った。
中学時代は胸が目立つのが恥ずかしかったのですが、高校生になると逆にそれが自信になりました。
女将はわたしの手を取って、着物の襟元から胸乳に誘う。
しかし、個室と違って適度に気が散るせいか発射までの時間がコントロールできるので、なかなかその気にならず、いくらでも舐め続けさせることができます。
「どうして出されて来たんじゃ」
ママさんは、引っ越しの事情を知りたいらしい。
「そりゃいい。だったらこつちはションベン浣腸でもしてやるか」
「ゲッ!参ったなぁ」
彼の熟練した技量によって、私の性感は天井知らずに舞い上がってゆきまtた。
イヤイヤと頭を振る姿が、むしゃぶりつきたいほど刺激的で、すかさず舌を突き出し、小陰唇の合わせ目から先端を覗かせているクリトリスをゴリゴリと舐め上げました。
なんだか気持ちも自棄になって、持て余した性欲をどうする術もなく、暗くなってからまた、あの関東煮屋の暖廉をくぐったのです。
「あら、だったら、あなたもどう? よかったらいい人紹介してあげるわよ。私の浮気も大分年季が入ってきてね。友達の輪みたいなのが出来てるの。ほら、いい物見せてあげるわ……」
ところが何故か彼女はなかなか受け取ろうとしないので、腕を掴んで引き寄せたのです。
夫が生きているときから、夫の愛人に対する意地もあって、女としての身だしなみには充分気をつけてきたつもりではありましたが、やはり、六十二歳の肌身をさらすのは恥ずかしく抱かれるということは、私にとってとても勇気がいると申しましょうか……躊躇したのは確かです。
どよめきが起こる。
ただお隣にタッパーを持っていくだけだというのに、私は化粧台の鏡の前で白髪が目立たないか髪を整え、軽く白粉をはたき、妙に上ずった気分で出ていったのです。
奥さんの叱責の声。
ちょうどよい湯かげんにして、二人は全裸で浴槽に浸かった。

痴女保健医 麻美ゆま

サンプル動画